天皇杯全日本サッカー選手権 第98回 準々決勝ダイジェスト

放送日 2018年10月29日(月) 3:05~ 3:25
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
03:05~

オープニング映像。

今回は「第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の準々決勝のうち、10月24日に行われた3試合をダイジェストでお届け。解説は小島伸幸さん。準々決勝を戦うのはJ1の6チームとJ2の2チームの計8チーム。初優勝を目指すのはサガン鳥栖、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台、川崎フロンターレ、モンテディオ山形だ。

キーワード
第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会
浦和レッズ
サガン鳥栖
鹿島アントラーズ
ヴァンフォーレ甲府
ジュビロ磐田
ベガルタ仙台
川崎フロンターレ
モンテディオ山形
J1
J2

第98回 天皇杯全日本サッカー選手権 準々決勝ダイジェスト (演技/演奏)
03:06~

4大会ぶりのベスト8進出を果たしたJ2のモンテディオ山形。3回戦では柏レイソル、4回戦ではFC東京とJ1のチームを立て続けに破ってきた。木山隆之監督はリーグ戦で出場機会のない若手を天皇杯で起用。青森山田高校卒・プロ1年目の中村駿太選手が「チャンスをもらえてすごく燃えた。」と、筑波大学卒・プロ1年目の北川柊斗選手が「球際や走りなど戦いどころで勝たないと試合をものにできない。そういうところで上回りたい」と意気込みを語る。天皇杯に特別な思いで挑むのが11年目のキャプテン・山田拓巳選手だ。4大会前の天皇杯の決勝、初優勝をかけてガンバ大阪と対戦。果敢に戦ったものの結果は準優勝。山田選手は、大舞台で味わった貴重な経験を若手にも知ってもらいたいと考えている。

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝で、J2のモンテディオ山形とJ1の川崎フロンターレが対戦。2-3でモンテディオ山形が勝利しベスト4進出。阪野豊史選手が「キツかったけど、みんなで団結して頑張れました」と、山田拓巳選手選手が「守備が中心になると試合前から割り切って臨んだ。大観衆の中でプレーを経験できるかどうかは大きな違いだと思うので、なんとかその舞台まで行けるよう、あと1戦をしっかり勝ちたい」と喜びを語った。

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝でジュビロ磐田とベガルタ仙台が対戦。1-1の引き分け。延長線でも両チーム無得点だっためPK 戦へ。3-4でベガルタ仙台が勝利。9大会ぶりのベスト4進出となった。シュミット・ダニエル選手が「リーグ戦で良いパフォーマンスができていなくて悔しかったので、結果に結びつく活躍ができてよかった」と語った。

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝で浦和レッズvsサガン鳥栖が対戦。2-0で浦和レッスの勝利。槙野智章選手が「2017年度のアジアチャンピオンとしてまたアジアの舞台に返り咲きたい。天皇杯もリーグもしっかりとした戦いと結果を出して、堂々とアジアの舞台に帰りたい」と語った。

モンテディオ山形と川崎フロンターレの試合を振り返り、小島伸幸が「J1王者に攻守・総力が上回った山形は素晴らしかった。守備だけでなく攻撃でも走れたのは大きい。川崎にとって前後半の立ち上がりの失点は痛かった」と語った。

ジュビロ磐田とベガルタ仙台の試合を振り返り、スーパーセーブを魅せたシュミット・ダニエル選手について小島伸幸が「長身でスケールの大きさを持った選手。場数を踏んで良い選手になってきている」と語った。

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝の試合結果。川崎フロンターレと対戦したモンテディオ山形は2-3で勝利、サガン鳥栖と対戦した浦和レッズは2-0で勝利、ジュビロ磐田と対戦したベガルタ仙台はPK戦3-4で勝利。鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府の試合は11月21日(水)に行われる。

来月行われる鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府の対戦について、小島伸幸が「鹿島は優勝経験が豊富。甲府は初のベスト4というモチベーションがある」とコメント。準決勝は12月16日(日)に、埼玉スタジアムで行われる決勝は12月24日(月・祝)に開催予定。

キーワード
モンテディオ山形
第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会
FC東京
青森山田高校
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会
ガンバ大阪
川崎フロンターレ
ジュビロ磐田
ベガルタ仙台
浦和レッズ
サガン鳥栖
阪野豊史選手
山田拓巳選手
シュミット・ダニエル選手
槙野智章選手
鹿島アントラーズ
ヴァンフォーレ甲府
J1
J2
  1. 前回の放送
  2. 10月29日 放送
  3. 次回の放送