大相撲 十四日目 ▽栃ノ心きょう鶴竜戦 ▽1敗同士の大一番!

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会が主催する相撲興行。がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗する取組。取り組みがおおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。公益財団法人日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、日本国内外における相撲興行のなかで最も有名な競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技#日本の国技を参照)。土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる(見た目が男性であるゲイやトランスジェンダー、あるいは半陰陽に関する規定は無い)。 相撲絵(歌川国貞、1860年代) 相撲競技場全体図 大相撲の力士を応援する幟

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月26日(土) 16:00~18:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

大相撲 夏場所 十三日目(中継) (スポーツ)
16:00~

横綱・白鵬 土俵入りの様子が流れた。

横綱・鶴竜 土俵入りの様子が流れた。

きのうの取組を伝えた。

東【前頭十三】石浦(5勝9敗)。西【前頭十五】旭大星(9勝5敗)。石浦の寄り切り。

幕内の取組を伝えた。

東【前頭十一】大奄美(4勝10敗)。西【前頭十三】碧山(8勝6敗)。碧山のはたき込み。

東【前頭十五】栃煌山(8勝6敗)。西【前頭十一】千代の国(11勝3敗)。千代の国の引き落とし。

東【前頭十六】妙義龍(9勝5敗)。西【前頭十】貴景勝(9勝5敗)。貴景勝の押し倒し。

東【前頭九】大翔丸(8勝6敗)。西【前頭十二】荒鷲(6勝8敗)。荒鷲のはたき込み。

東【前頭八】嘉風(7勝7敗)。西【前頭十七】錦木(9勝5敗)。嘉風の寄り切り。

東【前頭十二】朝乃山(7勝7敗)西【前頭八】輝(9勝5敗)。輝の押し出し。

東【前頭七】竜電(2勝12敗)。西【前頭一六】安美錦(4勝10敗)。安美錦の渡し込み。

東【前頭十四】佐田の海(8勝6敗)。西【前頭七】千代丸(5勝9敗)。佐田の海の突き落とし。

幕下上位・十両の結果を伝えた。

東【前頭六】千代翔馬(5勝9敗)。西【前頭十四】豪風(5勝9敗)。千代翔馬の押し倒し。

幕内の結果を伝えた。

東【前頭十】隠岐の海(5勝9敗)。西【前頭六】宝富士(7勝7敗)。宝富士の寄り切り。

あすの幕内取組を伝えた。

東【前頭二】松鳳山(7勝7敗)。西【前頭三】大栄翔(4勝10敗)。松鳳山の渡し込み。

東【前頭三】豊山(2勝12敗)。西【前頭二】阿炎(7勝7敗)。阿炎の寄り切り。

あすの十両取組を伝えた。

東【前頭一】玉鷲(7勝7敗)。西【前頭五】勢(8勝6敗)。玉鷲の押し出し。

東【前頭五】琴奨菊(7勝6敗)。西【前頭一】魁聖(5勝8敗)。琴奨菊の寄り切り。

東【小結】御嶽海(8勝5敗)。西【前頭四】正代(8勝5敗)。正代のすくい投げ。

東【前頭四】千代大龍(6勝8敗)。西【小結】遠藤(3勝9敗2休)。千代大龍の押し出し。

東【横綱】鶴竜(13勝1敗)。西【関脇】栃ノ心(12勝2敗)。鶴竜のすくい投げ。

東【関脇】逸ノ城(8勝6敗)。西【横綱】白鵬(11勝3敗)。逸ノ城の上手投げ。

逸ノ城のインタビュー。横綱より先に先に意識して取り組んだなどと話した。

エンディング (その他)
17:57~

幕内の結果を伝えた。

あすの幕内取組を伝えた。

エンディング映像と共に明日の放送の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月26日 放送
  3. 次回の放送