ウィンブルドン 2012 総集編

ウィンブルドン(Wimbledon)ウィンブルドン (ロンドン) - ロンドン南西部の地域。ウィンブルドン駅・ウィンブルドン・パーク駅 - 同地の地下鉄駅。ウィンブルドン選手権 - ロンドンのウィンブルドン(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)で開催される国際テニストーナメント。ウィンブルドン現象 - 同選手権から生まれた現象。ウィンブルドンFC(現ミルトン・キーンズ・ドンズFC) - ロンドンのウィンブルドンに存在したサッカークラブ。ミルトン・キーンズに移転した。AFCウィンブルドン - ウィンブルドンFCが移転した事に反発したサポーターが上記1に新しく作ったサッカークラブ。ウィンブルドン (映画) - ウィンブルドン選手権を題材としたポール・ベタニー、キルスティン・ダンスト主演のイギリス映画。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年7月16日(月) 13:05~14:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

2012年7月開催のウィンブルドンでは、日本人初のシード選手・錦織圭が出場する。この伝統の舞台で繰り広げられた熱き戦いの記録を紹介。

キーワード
ウィンブルドン
錦織圭

2012 総集編 (バラエティ/情報)
13:06~

ウィンブルドン日本人初のシード選手・錦織圭にインタビュー。「どんどん強い気持ちを持って、上に進んでいきたい」と語った。

ウィンブルドン男子シングルス1回戦の試合の模様を振り返った。錦織圭は、カザフスタンのミカエル・ククシュキンを相手に勝利。

1回戦の初勝利から2日後、2回戦でフランスのフローラン・セラと対戦。2試合連続でストレート勝ちとなり、3回戦でシード選手同士の対決となった。

同じくウィンブルドンに出場した添田豪は、3回目の挑戦で初勝利を果たした。これにより、日本人男子2選手の初戦突破は39年ぶりの快挙となった。そのほか、女子では森田あゆみが2年ぶりのウィンブルドンでの勝利を飾った。

現在41歳のクルム伊達公子は、5月の試合で大きな怪我を負ったが闘志を消さなかった。インタビューに対して「この場所に返ってくることができてすごくうれしい」と語った。

ウィンブルドン女子シングルス1回戦の試合の模様を振り返った。ウクライナのカテリーナ・ボンダレンコを相手に、初戦敗退となった。

日本人で唯一3回戦に進んだ錦織圭は、世界ランク9位のホアン・マルティン・デルポトロと対戦。結果はストレート負けとなり、3回戦敗退となった。

キーワード
ウィンブルドン
添田豪
森田あゆみ

ロンドンオリンピック (バラエティ/情報)
13:32~

ロンドン五輪でのテニス競技の開催地は、ウィンブルドンとなっている。地元イギリス出身のアンディー マレーは、76年ぶりとなるイギリス人王者を目指している。

キーワード
ロンドン五輪

2012 総集編 (バラエティ/情報)
13:34~

グランドスラムで11回の優勝を誇るラファエル・ナダルは、人気・実力ともに世界のトップに君臨するスタープレーヤー。3回目の制覇を狙う今大会も、優勝候補に挙げられていた。勝負を最終セットに持ち込んだが、世界2位のナダルが100位の選手に敗れるという大波乱になった。

女子シングルス4回戦で、ロシアのマリア・シャラポワがドイツのサビーヌ・レジキーと対戦。結果、マリア・シャラポワが負け4回戦での敗退となった。

女子シングルスでベスト4に進出したのは、ドイツのA.ケルバー、アメリカのS.ウィリアムズ、ポーランドのA.ラドバンスカ、ベラルーシのV.アザレンカ。

女子シングルス決勝は、A.ラドバンスカとS.ウィリアムズの対戦となった。最終セットにもつれ込み、病から復活したS.ウィリアムズが勝利。優勝を決めた直後、観客席で見守っていた家族のもとへと駆け寄った。

男子シングルスBest4に進んだのは、セルビアのN.ジョコビッチ、イギリスのA.マレー、スイスのR.フェデラー、フランスのJ.W.ツォンガ。

男子シングルス準決勝は、N.ジョコビッチとR.フェデラーの対戦。フェデラーが世界ランク1位のジョコビッチを破り、3年ぶりの決勝進出を果たした。

準決勝もう一試合で、A.マレーとJ.W.ツォンガが対戦。地元イギリスのマレーが決勝進出を果たし、79年ぶりの優勝を目指すことに。

男子シングルス決勝は、A.マレーとR.フェデラーが対戦。全くの互角で迎えた第3セットは雨で中断。ゲーム再開後、10回のデュースを繰り広げるなどしフェデラーが獲得、セットカウントを2-1とした。

その後第4セットは、会場でマレーコールが起こる中でR.フェデラーが勝ち取り優勝を果たした。

キーワード
グランドスラム
ラファエル・ナダル
ウィンブルドン
A.ケルバー
S.ウィリアムズ
A.ラドバンスカ
V.アザレンカ
N.ジョコビッチ
A.マレー
R.フェデラー
J.W.ツォンガ

エンディング (その他)
14:28~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送