ウィンブルドン 2012 女子・シングルス 準決勝

ウィンブルドン(Wimbledon)ウィンブルドン (ロンドン) - ロンドン南西部の地域。ウィンブルドン駅・ウィンブルドン・パーク駅 - 同地の地下鉄駅。ウィンブルドン選手権 - ロンドンのウィンブルドン(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)で開催される国際テニストーナメント。ウィンブルドン現象 - 同選手権から生まれた現象。ウィンブルドンFC(現ミルトン・キーンズ・ドンズFC) - ロンドンのウィンブルドンに存在したサッカークラブ。ミルトン・キーンズに移転した。AFCウィンブルドン - ウィンブルドンFCが移転した事に反発したサポーターが上記1に新しく作ったサッカークラブ。ウィンブルドン (映画) - ウィンブルドン選手権を題材としたポール・ベタニー、キルスティン・ダンスト主演のイギリス映画。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年7月6日(金) 0:25~ 3:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:25~

オープニング映像。

女子・シングルス 準決勝(中継1) (スポーツ)
00:25~

セリーナ・ウィリアムズ 6-3 ビクトリア・アザレンカ

セリーナ・ウィリアムズ 7-6 ビクトリア・アザレンカ

スタジオ解説 (バラエティ/情報)
01:29~

ウィンブルドン女子・シングルス 準決勝でのセリーナ・ウィリアムズとビクトリア・アザレンカの試合を映像と共に振り返りながら解説。福井烈らがセリーナ・ウィリアムズがエースが24本あったのはすごいと話した。

キーワード
ビクトリア・アザレンカ
セリーナ・ウィリアムズ
ウィンブルドン

女子・シングルス 準決勝(中継2) (スポーツ)
02:10~

アンゲリク・ケルバー 3-6 アニエシュカ・ラドバンスカ

アンゲリク・ケルバー 4-6 アニエシュカ・ラドバンスカ。アニエシュカ・ラドバンスカが2セットを獲得し、アンゲリク・ケルバーにストレートで勝利。決勝戦に駒を進めた。

ウィンブルドン女子・シングルス 準決勝でのアンゲリク・ケルバーvsアニエシュカ・ラドバンスカの試合を映像と共に振り返りながら解説。アニエシュ カ・ラドバンスカの決勝進出は、ポーランドの選手としては75年ぶりとなる。アンゲリク・ケルバーが先に先にと仕掛けた展開について、福井烈が「ラリーの展開だとアニエシュカ・ラドバンスカの方が実力が上なので、それだと勝ち目がないと考えて攻撃をしてきたと思う」とコメント。アニエシュカ・ラドバンスカが初めて決勝進出することについて、吉田友佳が「準決勝も初めてでしたがそんな感じはしなかった。決勝はまた雰囲気が違うと思うが、楽しみだと思う」と語った。

女子のファイナリストはsアニエシュカ・ラドバンスカとセリーナ・ウィリアムズ。過去に2度対戦しているがともにセリーナ・ウィリアムズが勝利している。福井烈は「対戦をした4年前とはランキングも違う。セリーナのサービスのコースを読むこと、ラリー戦に持ち込むことがポイントだ」と語った。吉田友佳は「セリーナはすごい集中力で隙がない。このあとダブルスにも出場するので体力的にもすごい」とコメント。

明日行われる男子シングルスの準決勝についてトーク。ジョコビッチとフェデラーの対戦について、福井烈が「プレーの安定度からいうとジョコビッチ。フェデラーが勝つチャンスがあるとしたらこのウィンブルドンが一番。芝のコートのプレーをよく知っている」と語った。ツォンガとマレーの対戦については、「プレーの安定感はマレーの方が上。でも、ツォンガは思い切ったプレーが望めるので意外性がある」と語った。吉田友佳も「マレーが勝つと思う」とコメント。

キーワード
ウィンブルドン
ポーランド
ジョコビッチ
フェデラー
ツォンガ
マレー

エンディング (その他)
03:29~

ウィンブルドン2012の番組宣伝テロップ。

ウィンブルドン2012ホームページの宣伝テロップ。

三瓶宏志らによるエンディングの挨拶。

キーワード
ウィンブルドン2012ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送