鶴瓶の家族に乾杯 熊本地震から2年 藤井フミヤと益城町・西原村で出会い旅

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月21日(月) 19:30~20:43
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

熊本・益城町にある秋津川河川公園でゲストの藤井フミヤと笑福亭鶴瓶が合流した。鶴瓶は熊本地震の1ヶ月後に訪れたが入れなかったという。

オープニング映像。

テーマソング:さだまさし「Birthday」

今回の旅の舞台は熊本・益城町と西原村。ゲストは藤井フミヤ。益城町は人口約3万3000人、西原村はその隣で人口は約6500人。益城町と西原村は平成28年4月14日と16日に震度7の地震に2度襲われて、大きな被害を受けた。現在も多くの人が仮設住宅で暮らしている。藤井フミヤは「実家から近いのもあるし、なかなか行けなかった」などと話した。

キーワード
秋津川河川公園
益城町(熊本)
さだまさし
Birthday
西原村(熊本)
熊本地震

藤井フミヤと熊本県 益城町・西原村ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
19:33~

鶴瓶らは歩いていると上村好枝さんと出会い、家や庭を見せてもらった。上村好枝さんは「あくる日の15日は電気がきた、だからみんな家に帰った、ちょっと崩れたところは帰って休んでたので、下敷きになって亡くなったひとがだいぶいる」などと話した。上村好枝さんの案内で木山神宮を訪れた。木山神宮では灯籠などが倒れたままになっていた。鶴瓶と藤井フミヤはプレハブにある御神体にお祈りをした。今は部材や彫刻を掘り出しての解体が始まっている。

鶴瓶らは立ち話をしていた米村盛子さんらに出会った。米村盛子さんは今仮設住宅に住んでいたが、この場所で70年商売をしていた。米村盛子さんは今82歳で旦那は90歳。46年かん夜はバスの掃除をしていて夜の12時半くらいに自宅に帰るという。米村盛子さんは「元気がよか間はバス掃除に行きます」などと話した。旦那に会いたいということで仮設団地に行くことにした。

鶴瓶らは益城町にある仮設団地の集会所を訪れ、ぜんざいを頂いた。集会所では週に2回手芸などのサロンを開いている。集会所にいた人たちは、みんなここで知り合い仲良くなったという。

熊本ヴォルターズの選手らが益城町の名産品を紹介した。益城町はスイカの生産量日本一。その他にもニラやメロン、トマトなどもたくさん採れるという。

鶴瓶らが集会所で話していると仮設団地の人気者の芳子さんが登場した。芳子さんは避難所で転び歯が無くなってしまったという。芳子さんは「若い時に遊んでいたんでバチが当たった」などと話した。若い頃は美人でユウコという名前でキャバレーに勤めていたという。芳子さんは鶴瓶に手作りのレースの編み物をプレゼントした。藤井フミヤは集会所にいる方たちのために「TRUE LOVE」や「上を向いて歩こう」を披露した。

芳子さんの20代の頃の写真を公開。鶴瓶は「可愛いよね」などと話した。「今度会える時まで元気にしています。私は子供の頃から18歳までシスターに育ててもらい今があります。また会いたい」という芳子さんからの手紙を紹介した。

藤井フミヤは西原村でたこ焼き屋さんを見つけ中に入った。オススメの冷やし焼き芋を頂いた。このお店の冷やしからあげは賞を獲得していた。冷やし焼き芋食べ藤井フミヤは「これアリだね」などと話した。店主の稲浦晶彦さんは元銀行員で勢いでお店を始めたという。店名に神戸と付いているがまったく神戸とは関係なく、横浜なんとかや、神戸なんとかとつけておけば当たる。そのおかげで神戸のテレビ局から取材を受けたという。

熊本・西原村を紹介した。名産品はサツマイモで地元の子供達から「カライモ」と呼ばれ熱い支持を集めている。震災後村に活気を取り戻そうとカライモキャッチャーが設置され大人気になった。カライモ専用の貯蔵庫で寝かせることで甘みがアップし美味しいカライモになる。

鶴瓶はメロン農家を探していると藤田光子さんと娘の福田文子さんと出会った。熊本地震で家は全壊し藤田光子さんは玄関で倒れ下敷きになり肩を骨折したという。藤田光子さんは今89歳。グラウンドゴルフで県の大会までいったという。藤田光子さんにメロン農家の名前を教えてもらい向かうことにした。

藤井フミヤはオーディオ道場を探している途中に山田牧場に立ち寄った。牛乳やソフトクリームを作ってると聞き藤井フミヤはまず牛乳を頂いた。山田麻実さんは牧場主の主人と仕事の関係で出会った。主人の山田政晴さんとは年が二回りも離れていて、麻実さんの母と同級生だという。ソフトクリームを食べ藤井フミヤは「うまい。なんか違うね」などと話した。

鶴瓶はメロン農家だと思って訪ねた場所は村上勝さんの作業場だった。村上夫婦は地震の時も全ての謝罪をシャットアウトしたという。村上さんは「あの時酷かったんです、物言わずにウロウロされて。気分的に沈んでいるのにやっぱり勝手に撮って」などと話した。村上勝さんは野良猫を拾ってきて世話をしていた。「ホッとします、動物がやすらぎ」などと話した。

藤井フミヤはオーディオ道場を訪れた。店主の片山昇さんは熊本市内に住んでいて、ここはアトリエだという。25年前に剣道場の跡をオーディオ道場にしたという。オーディオ道場の中には90年前の蓄音機などが置いてあった。地震の前は好きな音楽を聞けるカフェスペースだったが今は閉館中となっている。片山昇さんは「生きてるうちに戻せるかな。とにかくこれが現状です。芸術は復興ですから」などと話した。

鶴瓶はブラブラしていると作業中の谷川さん夫婦に出会った。谷川さん夫婦はこれから家を建てるという。築100年になる家があったが熊本地震で全壊してしまった。鶴瓶は「ほんま楽しみやんな復興の証やんか、家が潰れてそこから建ったら先祖も喜びますよ」などと話した。ロケの翌日スタッフが行ったらもう工事が始まっていたという。

来た道を戻ると木村広志さんと女性2人に出会った。木村広志さんのおばあさんに挨拶をし女性2人の仮設に向かうことにした。木村広志さんの母は先程出会った藤田光子さんだった。

藤井フミヤは山の中にあるという本屋を訪れた。この本屋は26年前からやっている子供の本屋さんだった。小宮楠緒さんは昔、夫と東京の出版社に勤めていたという。夫は現在75歳で熊本市内の保育園から大学まで絵本に限らず本を卸している。息子の小宮由さんは翻訳家だという。父はトルストイの翻訳をして有名になった北卸門二郎さんだった。藤井フミヤは「僕は映画とかを見ないかわりに、本はすごい読む」などと話した。

ロケ日に紹介できなかった本屋さんの家族を紹介した。息子が本屋をついだことについて小宮奎さんは「うれしかったです」などと話した。今回の旅を振り返って藤井フミヤは「今回も、出会った人にまた会いたいなって思いました」などと話した。

米村さんの夫に会いに行ったはずの鶴瓶さんについて、藤井さんは「だいぶ横道にそれた」とコメントした。その後、米村さん夫妻のメッセージ映像が流れた。

益城町の津森仮設団地で鶴瓶さんは山辺弥生さんと弥生さんの義妹の佳子さんに熊本地震が起きた時の話を聞いた。佳子さんはお風呂前に地震が起き、弥生さんは夫が消防団だったので地震の時にはいなかったという。

藤井さんは本屋さんの隣の自宅にお邪魔すると、家族の方に「パッと見てチェッカーズとは分からないものですね」などと言われていた。そんな話をしていると、チェックの服を来た哲志さんが家に帰ってきた。哲志さんは「家族だからこんな場所でも本屋さんの営業できているのはある」などと語る。

キーワード
益城町(熊本)
木山神宮
熊本ヴォルターズ
スイカ
大根
メロン
トマト
ニラ
TRUE LOVE
上を向いて歩こう
サツマイモ
西原村(熊本)
熊本地震
山田牧場
オーディオ道場
小森(熊本)
小宮由
トルストイの涙
北卸門二郎
津森仮設団地

エンディング (その他)
20:42~

エンディング映像。

ファミリーヒストリーの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月21日 放送
  3. 次回の放送