鶴瓶の家族に乾杯 おんな城主直虎SP 高橋一生と静岡市葵区ぶっつけ本番旅

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年6月12日(月) 19:30~20:43
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

静岡・葵区にゲストの高橋一生がやって来た。高橋一生は「大河ドラマ おんな城主 直虎」では、今川家と関係の深い小野政次役を演じている。桜を発見し「花見できなかったからちょっとうれしいな、神社仏閣がすごい好きなんで目の前の看板が。行きたいですね」などと話したところで、鶴瓶と合流した。

テーマソング「Birthday」byさだまさし

オープニング映像。

スタジオでゲストの高橋一生を紹介。またたびの舞台となった静岡市葵区の基本情報なども紹介した。

キーワード
葵区(静岡)
大河ドラマ おんな城主 直虎
Birthday
さだまさし
能代市(秋田)
静岡市葵区(静岡)

高橋一生と静岡市葵区ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
19:34~

高橋一生は駿府城公園へ向かう途中、すんぷ焼きの看板を見つけ気になり店の中に入っていった。すんぷ焼きの「桜おこわ」を用意してもらうことになった。桜おこわを頂き「美味しい 塩きいてて美味しいですね」などとコメントした。

鶴瓶は歩いているとせんべい屋の海野幸江さんと出会い「葵煎餅」のことについて話しあった。その後女子高生の大群に囲まれ記念写真を撮った。

VTRを見て鶴瓶は「同じ女子高生とすれ違っている、これ珍しいよ」などと話した。高橋一生は「本当に楽しかったですよ」などと話した。

高橋一生は約束していたコーヒー豆店を再度訪れた。山田豊さんと和子さんは40年前、真夏の葉山の海で出会った。和子さんは「夫が、真夏ですよ、私と友だちが砂浜にいたら、真夏なのにホットコーヒを持ってきて、コーヒーいかがですか?って、それに釣られちゃいました」と話した。

ここから一人旅がスタート。高橋一生は出会った女性に駿府城の跡の石垣の方角について質問。女性は駿府城公園に行けばいいと教えられ、駿府城公園へ行くことにした。途中でコーヒー豆の工房を見つけ立ち寄った。

コーヒー豆の専門店を訪れ高橋一生は「ちょっと飲ませていただいたりとか」と頼むと煎ったばかりで時間がかかると言われたので、出来上がるまで、散歩しにいくことにした。

静岡浅間神社に立ち寄る鶴瓶と高橋。お参りするはずがツアー客の団体と遭遇し、ずっと声を掛けられていた。お参りを済ませお寺を出ようとしたら、高橋が神主さんを見かけたと話し、後を追った。権禰宜にも会い神社の情報などを伺った。

静岡浅間神社の宝物などを案内される鶴瓶と高橋。日光東照宮とも縁があると話を聞いて、お寺の内側なども案内してもらった。さらに本殿にも案内してもらい、高橋は空気が違うなどと感想を話した。富士山も見れて特別な体験を過ごした。

静岡浅間神社で特別な体験ができたきっかけが、高橋の超アクティブな行動で、また、快く神社を案内してくれた宇佐美さんにお礼を述べた。

葵区のおすすめデートスポットを紹介。静岡の顔とも言えるお茶を味わう茶町や梅ヶ島温泉、静岡おでんなどを紹介した。

駿府城公園に到着した鶴瓶。工事中の現場を見かけ何の工事か問いかけるも、水道屋さんでわからないと言われた。さらに工事現場の中を進み、事務所のようなところへ。何の工事かを聞くと、天守台の工事らしく、更に詳しい人を読んでもらった。鶴瓶の目的だった今川義元関連の発掘は3年後らしく、今工事中の天守台の工事の様子を見せてもらった。

駿府城公園へ向かう高橋。高橋は先程鶴瓶と遭遇した女学生の集団と出会い握手を求められた。さらに公園内に進み、鶴瓶がたどったルートと同じ場所を回った。

鶴瓶は海野さんから聞いたせんべい店に向かう。しかし途中でお茶屋さんを見つけ店内へと入った。入ったお店は明治元年創業の老舗で、出してもらったお茶を気に入った鶴瓶はそのお茶を購入した。

訪れた珈琲店で店主夫婦の馴れ初めを伺う高橋。出会いがホットコーヒーを出したことことだと聞き、直接入れてもらった煎りたて挽きたてのコーヒーを味あわせていただいた。

いよいよ紹介されたせんべい店に向かう鶴瓶。100年続く老舗おせんべい屋のおすすめせんべいを頂く。さらに鶴瓶は瓦せんべいもいただくが、実はこの瓦せんべいが、過去にこの番組で訪れた場所で使われていたせんべいだとわかりテンションが上がる。さらにお店の娘さんがお茶を差し出してくれて、鶴瓶は結婚しているという娘さんの馴れ初めをしつこく聞いていた。

鶴瓶と高橋が気が向くポイントがにていると話す。また鶴瓶が出会った瓦せんべいについても話し、番組用に焼印を押した特別なせんべいをプレゼントとしていただいた。

キーワード
すんぷ焼き
駿府城公園
葵煎餅
静岡市葵区(静岡)
静岡浅間神社
富士山
梅ヶ島温泉
静岡おでん
今川義元

家族に一杯 (バラエティ/情報)
20:16~

有東木地区のわさび栽培農家を紹介。採りたてのわさびをすりおろしご飯に載せたわさびメシを、鼻の奥に刺激を味わいながら農家の人達が食べていた。

キーワード
有東木地区(静岡)
わさび

高橋一生と静岡市葵区ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
20:18~

高橋は気になった能面工房へ。持田さんは趣味で能面を彫っているという。

鶴瓶は漆の店を発見。日野岡邦彦さんは6代目で元は漆屋だったという。さらに近くで紋屋があるとの情報を聞いた。

高橋は名物のシラスを探すことにした。山田照敏さんがシラスを販売している店まで案内し、撮影交渉もしてくれた。

鶴瓶は聞いた紋屋を訪ねた。山本孝雄さんは5代目だという。古い場所を聞き、安倍川餅屋さんがあると教えてもらった。

高橋はいい出会いをしているとし、山田さんはいい人だったと話した。持田さんは能面を作るのに3ヵ月~半年かかり、販売はしてなく、練習用に無償で渡しているという。高橋に能面がプレゼントされた。高橋は直虎でも正次の表情は能面を参考にしているという。

鶴瓶は安倍川餅店へ。長田満さんは15代目だという。笑福亭笑瓶なども来ている店だった。

高橋は川口真さんに割烹料理の店を案内してもらった。しかし撮影許可が取れなく、花見についていくことにした。

鶴瓶は安倍川餅を食べた。昔は5文とりや金粉餅と言ったという。父は道楽者で代々女の仕事と聞いた。

高橋は再び駿府城公園へ。いい桜のところは陣取られていたが、そこに混ぜてもらうことになった。川口さん夫婦は宝石鑑定士だという。

高橋は不思議な出会いで生で会話できることが勉強になった。

キーワード
大岩本町(静岡)
人宿町(静岡)
鷹匠(静岡)
直虎
笑福亭笑瓶
南都雄二
杉村春子
弥勒(静岡)
安倍川餅
駿府城公園

エンディング (その他)
20:42~

エンディング映像。今回出会った人を紹介した。

鶴瓶の家族に乾杯の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 6月12日 放送
  3. 次回の放送