鶴瓶の家族に乾杯 アモーレSP 平愛梨と山口県柳井市ぶっつけ本番旅

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年11月25日(金) 0:10~ 1:25
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:10~

本日のゲストは平愛梨。訪れたのは山口県柳井市柳井津。鶴瓶と二人ということはないので緊張すると話す。また鶴瓶は早速地元民と交流。鼻歌を歌いながら平のもとへと向かう。出会って鶴瓶は20世紀少年を21世紀少年と言い間違えて平らに挨拶。平は今年7月からのにわか卓球ファンだという。

テーマソング「Birthday/さだまさし」

スタジオで平愛梨を紹介。また今回落とすれた山口県柳井市の場所などを紹介した。旅の目的は「この夏好きになった卓球 盛んな町をたずねてみたい」。

キーワード
柳井市柳井津(山口)
20世紀少年
Birthday
さだまさし
柳井市(山口)

山口県柳井市 ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
00:14~

山口県柳井市でぶっつけ本番旅。地元の人に連れられ穴子のお店に連れて行かれた鶴瓶と平。お店のご主人と奥さんに結婚の馴れ初めなどをインタビューした。

柳井市を歩く2人。平は卓球がやりたくて仕方がないという。

街を歩くと新聞の折り込み広告をこなっているという地元民と出会い、作業の現場を案内してもらった。

新聞の広告折り込み所で卓球をする人を聞き込みすると、80歳で卓球をしている有名な人がいると聞いた。

新聞の折り込み広告所に案内してくれた女性は1ヵ月前に旦那が死別したという。女性はそれでも元気な姿を見せていた。

スタジオでここまで流れたVTRで平らな派にもしていないと話した。

山口県柳井市を紹介。名産は自然薯。さらに鯛も身がしまっていて美味しく、鯛釜飯で食べることを進めた。また1200年の歴史を持つ普慶寺では天弓愛染明王が祀られており、恋愛成就の神様と案内した。

スタジオトーク。旅の目的が「卓球をするために体育館へ」であることを再確認した。

鶴瓶と平愛梨が、柳井で開かれているプラチナ卓球大会を取材。平も一緒に混じって卓球を楽しんだ。

鶴瓶と平愛梨が、卓球で対戦。結果、平が勝利した。鶴瓶は「一生卓球はしない」と話した。

木谷民子さんらが、80代の卓球世界チャンピオンである原田哲子さんを呼んだ。81歳の原田さんと平愛梨が卓球を楽しんだ。

念願の卓球をした平に、原田さんから見た2人の腕前を伝えた。

鶴瓶と平は別れてそれぞれ一人旅へ。鶴瓶は笠佐島に渡ろうと海の近くを散策するも、家で作業をしていた地元民に老けたや禿げたなど言われていた。

急に一人旅となった平は体育館の近くにある工芸館を突撃。柳井縞という工芸品の体験ができるということで早速挑戦。きれいなコースターが出来上がった。

鶴瓶が町を散策すると扉を閉められ、気になった鶴瓶は突撃。米徳という穴子丼のお店で、お店の穴子丼を頼んだ。

工芸品を創った平はお金が貯まるという工芸館の金魚の飾りをおみやげに貰った。

柳井市を散策する平。地元民がたくさんいたが声をかける勇気が出ず、そのまま通り過ぎてしまった。スタジオでは平離れるまで人見知りが出るとは話し、その後出会いを求めて畑に向かったと話した。

稲刈りをしている地元民と出会った平。今何をしているのかとちんぷんかんな質問をしつつ、農家のオタクにお邪魔させてもらえるように頼んだ。

神社にお参りに訪れた鶴瓶。笠佐島に渡るために地元の漁師を探す。出会った地元魅音に頼んで知り合いの漁師に電話で頼んだ。

声をかけた農家の家を訪れた平。農家の奥さんは家についてから平がタレントの平愛梨であることに気づいた。

平がおつづれた農家の家にはもうすぐ満百歳になるが元気なおばあちゃんが迎え入れてくれた。農家の方は平たちが先程出会った原田さんと知り合いだった。

鶴瓶は頼んでいた穴子丼を食べに米徳に戻った。まだご主人は帰宅しておらず、お店の奥さんと穴子とおなごとダジャレを話した。

農家のご主人に独身か聞かれ、アモーレの話題に平はタジタジ。用意してもらったコーヒーを飲みながら、農家のご夫婦の出会いを聞いた。

平は旅で出会った農家の夫婦がお米も送ってくれて、鶴瓶はいい夫婦に出会ったと話した。

キーワード
柳井市(山口)
自然薯
鯛釜飯
普慶寺
天弓愛染明王
卓球
柳井(山口)
柳井縞
米徳
笠佐島

山口県柳井市の家族に一杯 (バラエティ/情報)
01:00~

山口県柳井市の家族に一杯。街で有名なうどんのお店のごぼ天肉うどんを紹介した。

キーワード
柳井市(山口)

山口県柳井市 ぶっつけ本番旅 (バラエティ/情報)
01:03~

若い地元民に会いたいということで平は高校の近くを散策。帰宅中の高校生を見つけて途中まで一緒に話をしながら歩く。高校生は先日父親が誕生日でこの後っプレゼントを買いに行くと話、平も付いていくことになった。

平が出会った高校生は平の妹と同じ俊で平は妹と同じように話したという。家に帰った高校生の準備ができるまで家の前で待つこととなった。

鶴瓶は笠佐島へ向かうため連絡を取った田邉さんの漁船に乗り込んで島へ渡った。笠佐島についた鶴瓶は島の民宿をたずねたが不在。その後も島を歩くがなかなか島民が見つからず、やっとの思いで農作業している島民を見つけた。

鶴瓶が笠佐島で出会った人は鶴瓶と合うのが初めてではないという。話を聞くと過去に同番組でお酒をおごったことがある人だった。出会った男性は大阪にも住んでいたことがあり、何度も鶴瓶とあっていた。しかもこの島にいる5人の島民のうちの一人だった。

父親のプレゼントを買いに行くという高校生を待つ平。出てきた高校生は髪を下ろしていて雰囲気が変わっていた。高校生は色黒のお父さんのために洗顔などを提案。車の中で父親の写真を見たり、父親の話などを聞いた。

柳井市に戻った鶴瓶は頼んでいた穴子丼を食べに米徳に。待ちに待った穴子丼が用意され、スタッフも一緒に食事。会計時お釣り入りますかとボケを挟まれていた。

洋服店を訪れた平と舞さん。父親へのプレゼントで洋服を探す。平のチョイスでシャツと靴下を割り勘で購入。舞さんは芸能人に抱いていたイメージとは違いとても話しやすかったと話した。

スタジオで平がチョイスしたプレゼントを来た舞さんの父親の映像とコメントを紹介した。

舞さんから平へ向けた手紙を紹介。舞さんお手紙をスタジオで受取り、涙ぐんで嬉しさを話した。

キーワード
柳井市(山口)
笠佐島
米徳

エンディング (その他)
01:22~

今回のロケであった柳井市の皆さんを紹介した。

山口県柳井市のみなさん ごきょうりょくありがとうございました。

キーワード
柳井市(山口)
  1. 前回の放送
  2. 11月25日 放送
  3. 次回の放送