鶴瓶の家族に乾杯 「斉藤由貴 山形県山形市」(前編)

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月2日(月) 20:00~20:43
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

斉藤由貴と山形の霞城公園で待ち合わせ。オープニング映像。

テーマソング「Birthday」さだまさし

斉藤由貴と山形市を旅する。斉藤は、山形の伝統工芸の仕事がみたい、桃の産地に行きたいと話した。

キーワード
霞城公園
Birthday
さだまさし

「斉藤由貴 山形県山形市」(前編) (バラエティ/情報)
20:05~

霞城公園で出会った方に山形のいいところを聞く。月山が良いと話した。城の裏にある土手に案内された。土手の彼岸花を写真を撮るという。その方の息子さんはNHK仙台のカメラマンだという。月山は見えなかった。

3人目を妊娠しているというお母さんで会った。運動のために散歩しているという。山形のいいところは、食べ物がおいしい、大福もちがおすすめと話した。

南門前にあるという和菓子屋さんを教えてもらい、むかった。

山形の秋の代名詞、芋煮会についてスタッフが取材。馬見ヶ崎川での芋煮会の様子を伝えた。山形県の新聞には芋煮会のための天気予報がのっている。

井上餅店で、お店でお団子をいただく。お店は親子3人で営んでいるという。お彼岸になるとお兄さんも手伝いにくるのだという。娘の夫は婿に入ってくれたという。そこへふとん屋の古内さんがやってきた。

鶴瓶は斎藤とわかれ、ふとん屋にむかったが、あとから斎藤がおいかけてきた。

ふとん屋の店主は、実は斉藤由貴の大ファンだったとはなした。

ふとん屋さんにおじゃま、奥さんがふとんの技能士だという。ご主人とは、東京のふとん技能士の学校で知り合ったという。その後、旦那さんは卒業して2枚しかふとんを作っていないと話した。山形は、仏壇が有名だと話した。

さっそく斉藤由貴を残して行ってしまう鶴瓶。斉藤由貴は、ふとん屋のご主人に仏壇屋さんのことを聞いて、ご主人が車で連れて行ってくれるという。十日町の森谷大佛堂に到着。

鶴瓶は、東原町の山形大学の近くへ移動した。ガソリンスタンドで、学生さんのアパート街を教えてほしいと聞いた。近くにショウフクテイという店があるという。

斉藤由貴は、森谷大佛堂のご主人に話しを聞いた。300年前から仏壇とおみこしを作っているという。被災地の方が仏壇を買いに来ていた。

斉藤由貴は、ふとん屋のご主人は、あまりにも親切なので仕込みなのか?と疑っていたと話した。ふとん屋さんのお布団の仕立ての様子を紹介した。

キーワード
霞城公園
山形市(山形)
月山
芋煮会
馬見ヶ崎川

エンディング (その他)
20:42~

鶴瓶の家族に乾杯の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 11月2日 放送
  3. 次回の放送