鶴瓶の家族に乾杯 ピエール瀧 鹿児島県肝付町(後編)

『鶴瓶の家族に乾杯』(つるべのかぞくにかんぱい)は、NHK総合テレビで1995年8月16日から毎週月曜日の19:30 - 20:43(JST)に放送されている紀行・バラエティ番組。司会を務める笑福亭鶴瓶の冠番組。番組の通称及び略称は「家族に乾杯」。字幕放送、ステレオ放送を実施。2011年度からはデジタル総合テレビのみ解説放送(ステレオ2音声)も実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年11月25日(月) 10:05~10:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

前回の放送でピエール瀧は、宮田晴貴くんの父・宮田秀輝さんに出会い、ご自宅にお邪魔させてもらえることになった。

テーマソング「Birthday」byさだまさし

オープニング映像。

ゲストのピエール瀧が鹿児島県・肝付町を紹介するにあたって、ゆるキャラの「はやぶさめ」と「いて丸」が登場。肝付町は伊勢海老が有名で、けせんの団子が伝統の料理だという。また、900年の歴史を誇る流鏑馬は、毎年15歳の男子が行うのだという。

キーワード
さだまさし
Birthday
流鏑馬
肝付町(鹿児島)
はやぶさめ
いて丸
けせんの団子

ピエール瀧 鹿児島県肝付町(後編) (バラエティ/情報)
10:09~

鹿児島県・肝付町を散策するピエール瀧は、かまぼこを作る石倉敦子さんと対面。出来たてのかまぼこを頂くと、歯ごたえがしっかりしていて美味しいと絶賛した。石倉さんはピエール瀧に出会えて、生きてて良かったと喜んだ。

ようやくニューロケットに到着するピエール瀧だが、今日は定休日。諦めて場所を変えると、宿を経営する田畑明美さんに出会った。

漁師町を歩く鶴瓶は、理容師の大山一子さんと対面。彼女は大阪出身だが、船操縦士の旦那についてきて40年が経つという。夫の大山信一さんから話を聞くと、妻と結婚よりも、鶴瓶さんに会えて良かったと話した。

内門篤さんのお宅を訪れた鶴瓶は、18頭の親牛を見せてもらった。彼は親の時代から牧場を受け継いでいるが、後継者もおらず、趣味でやっているのだという。

ロケット発射に携わる人が集まる宿を訪れたピエール瀧だが、既に発射を終えたため全員が帰宅していた。ロケットの期間中は付近の住民全員が緊張するため、成功すると泣いて喜ぶのだという。

鶴瓶は夫婦で牧場を経営する内門美代子さんと対面。もう歳だから牛を減らすように言っているが、夫は増やし続けているのだという。また、夫は感謝の言葉を絶対に言ってくれない。たまに邪魔だと叱られることもあると愚痴った。

内門さんから、鶴瓶が来てから仔牛二頭が良い値段で売ることが出来た、とのメッセージが届いた。また内門さんは、心では感謝しているが口に出すことが出来ないのだという。

宮田家にお邪魔するピエール瀧は、ロケットの玩具を発見。子供達は学校の工作でロケットを作ることが多く、お兄ちゃんが壊した作品を妻が作り直したこともあるという。宮田さん夫妻は、以前は福岡で暮らしていたと話した。

鶴瓶は先程電話をかけた有馬さん夫妻と対面。実物の畑を見せてもらうと、鶴瓶は貰った豆腐をここで食べることにした。

宮田さん宅を探すピエール瀧は、娘の宮田佳奈さんと対面。更に母の由美子さんを見つけるが、家は散らかっているため上がらせてもらうことが出来ない。そこで、なんとか父の秀輝さんから許可を頂いた。

一方、鶴瓶は豆腐に辺塚をかけて堪能。有馬夫妻は元々はサラリーマンだったが、家族の事情で越してきたのだという。しかし妻の幸子さんは、自分にはここのほうが合っていたと話した。

ピエール瀧に向けて、宮田さん一家からメッセージが届いた。夫は感情も表に出さない人だが、家族のことを考えてくれているという。そこで、夫の秀輝さんが妻に感謝の言葉を述べた。スタジオでは、鶴瓶が今回の旅についてコメント。

キーワード
肝付町(鹿児島)

エンディング (その他)
10:47~

エンディング映像。

鶴瓶の家族に乾杯の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 11月25日 放送
  3. 次回の放送