ひるブラ 夏だ!湖畔で楽しもう。〜埼玉・飯能市〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年8月2日(火) 12:20~12:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ひるブラ (バラエティ/情報)
12:20~

埼玉県飯能市名栗湖から中継。カヌーや名栗湖のグルメ、湖畔で定期的に開かれるコンサートなど、きょうの放映内容を伝えた。

埼玉県飯能市名栗湖のカヌーを紹介した。子どもだと最大50人、大人だと最大30人が乗れる巨大カヌーや、ペダルやサドルのついた自転車動力のカヌー、帆のついたヨット型のカヌーなど名栗湖では様々な種類が使われている。すり鉢状でどこから風が吹くかわからない名栗湖では、ヨット型のカヌーは「スリルが楽しめる」と人気だ。また湖畔にはカヌーを手作りできる工房があり、一台10万円から作ることができる。名栗湖周辺は昔から木の名産地として知られ、江戸の西の方から川を使って木材を運んだ歴史から「西川材」と呼ばれていた。最盛期には15軒、今でも5軒の木材加工所が残っている。工房内には一般の人々が作った数多くのカヌーが保管されている。作り方としては細く加工した木材を針で留め、ガラス繊維の布を張れば完成で、この工房で小学生の孫とともににカヌーを作っていた渡辺由香里さんは「曲面を作るのは難しいが、木の品質が良く木材が細いので色んな形に仕上げることが出来る」と話した。上級者になるとクルーザー型に仕上げることもできる。工房主は彫刻家の山田直行さんで、作ったヨットでハワイへ行くのが夢だという。このため山田さんは船舶免許を取得、GPSも用意した。

名栗湖で犬の水泳教室を開いている前野洋子さんを取材した。人と一緒に練習するのがポイントで、犬がお尻を上げて後ろ足で水をかけるよう伴走してあげるのが大切だという。この日は練習3回目の花桃ちゃんと、生後4か月から8年間泳ぎ続けているりんごちゃんが水泳を楽しんでいた。泳ぎに慣れているりんごちゃんは、前野さんが湖に投げたパドルを犬かきしながら持って帰ることができる。犬の水泳教室はもともと、カヌー工房で行われているカヌー教室のプラスアルファとして開講されていたが、今では単独でも教室を開いている。

埼玉県飯能市名栗湖では生態系を守るため、駆除の目的でブラックバスの捕獲許可が出ていて、漁業体験も年一回行われている。漁獲体験で捕獲されたブラックバスは捨てずに食材として使われており、スズキ科の一種であることから味は淡白で料理にも使いやすいという。地元の高校で家庭科を教えている田村温子さんは、ブラックバス料理として「ブラックバスの粕漬け」、バスを使った「バスープ」、「ブラックバスの香味フライ」「ブラックバスのパプリカ炒め」などの料理を紹介した。田村さんによれば、ブラックバスは味にクセがあるため香辛料や酒粕、醤油や味噌など匂いの強いものと合わせるのがオススメだという。粕漬けを試食した藤岡みなみは「思っていたより上品な味わいで美味しい」とコメントした。

埼玉県飯能市の名栗湖で活動する楽団「サンデーモーニング デキシーズ」を紹介した。年に1回秋に演奏会を開いていて、そのための練習を毎週日曜日の朝に名栗湖で行っている。演奏会も名栗湖の湖畔で催され、美しい自然と音楽を共に楽しむことができるほか、湖がすり鉢状なので音も良く響くという。今回は工房で新たに完成したカヌーを記念して、特別に「That’s a plenty」を演奏してもらった。このカヌーを作った沼田公子さんは「工房の人に教わりながら色んなところにこだわった。今度は箱メガネも作ってみたい」と話した。

名栗湖までのアクセスと番組HPのアドレスを表示した。

あすのひるブラは「潜入!消防学校」。ゲストは岡本玲と勝俣州和。

キーワード
飯能市(埼玉)
名栗湖
カヌー
自転車
船舶免許
GPS
水泳
ブラックバス
スズキ
スープ
パプリカ炒め
粕漬け
香味フライ
サンデーモーニングデキシーズ
That’s a plenty
箱メガネ
西武池袋線
飯能駅
http://www.nhk.or.jp/program/hirubura/
岡本玲
勝俣州和

今夜のNHK (その他)
12:43~

夏休みドラマ「キッドナップ・ツアー」の番組宣伝。

「グッと!スポーツ」の番組宣伝。

「レジェンドたちのオリンピック」の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月2日 放送
  3. 次回の放送