ひるブラ カツオの町は 海人の原風景〜沖縄県 本部(もとぶ)町〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年5月1日(水) 12:20~12:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

カツオの町は 海人の原風景〜沖縄県 本部町〜 (バラエティ/情報)
12:20~

沖縄県本部町から滝沢沙織らによる挨拶。きょうは懐かしい暮らしが今も息づいている風景について伝える。

沖縄県本部町はカツオ漁で栄えた町で、こいのぼりではなく健康を祈った「カツオのぼり」が泳いでいる。この街ではかつおぶしをふんだんに使ったそばが販売されており、滝沢沙織らはそば屋を訪れて「沖縄そば」を食べた。滝沢は一口食べた瞬間に鰹だしの香りがふわっとして、いくらでも食べることができるとコメント。

この町には70県近い蕎麦屋があり、そば街道とも呼ばれている。

滝沢沙織らがフクギ並木を訪れた。海に近いこの街ではフクギが防風林の役目を果たしており、生活のためにいくつもの樹が植えられていて緑の壁のようになっている。

この地域では水牛に乗って並木道の散策をすることができる。二人は水牛に乗り込み、このゆったり感がいいですね と話した。このあたりのフクギは古いもので300年ほどの樹齢のものもある。

沖縄の家では縁側に近所の人がお話をしたりする週間があり、滝沢らが民家を尋ねると地元農家の人たちが野菜洗いなどを行なっていた。この地域の名物は「紅いも」で、「島らっきょう」なども取ることができる。他にも「年中ビラ」などの収穫を行なっていた。

滝沢らが本部町の海岸を訪れた。海岸には一面の水平線が広がっており、海はエメラルド色に光っていた。ここは周りがサンゴ礁で囲まれている。海の中には「モズク」を見ることができた。

滝沢らが地元の漁師さんたちのパーティーに参加。漁師さんオススメの食べ方「モズクのしゃぶしゃぶ」を食べた滝沢はネバネバが増している感じがする カツオの香りがとてもしておいしい と話した。

つづいてカツオ料理を食べた。

ひるブラの次回予告。

今回紹介した場所の詳しい情報は、番組HPにて。

キーワード
本部町(沖縄)
カツオ
かつおぶし
沖縄そば
フクギ
水牛
紅いも
島らっきょう
年中ビラ
モズク
ひるブラ
モズクのしゃぶしゃぶ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月1日 放送
  3. 次回の放送