ひるブラ セレブな街の“下町”発見!〜東京都渋谷区 広尾〜

『ひるブラ』(ひるぶら)は、NHK総合テレビジョンで2011年4月25日から2018年3月28日まで生放送されていた紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年2月20日(水) 12:20~12:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

東京 広尾 (バラエティ/情報)
12:20~

東京・広尾から中継。セレブな街として人気の広尾にやって来たホラン千秋と伊藤雄彦アナは、まず下町の雰囲気が漂うお魚屋さんを訪問。今回は、セレブな街に見える下町風情を見つけていく。

ホラン千秋と伊藤雄彦アナが訪問した魚屋さんでは、毎日築地から仕入れた新鮮な魚が並び、マグロが人気。店の奥では、ご主人とその息子さんがマカジキを捌いていた。こちらのお店では、魚の配達も行っている。

店の奥には、イートインスペースがあり、魚を使った定食が提供されている。看板商品は、さば味噌煮付定食。ホラン千秋は、お母さんが作ったさば味噌煮付定食と捌きたてのメカジキの刺身を試食した。味噌は、お母さんのお姉さんが作った手作り味噌。

ホラン千秋と伊藤雄彦アナは、続いて細い路地の先にあるディープな下町の町並みを紹介。角を曲がった所には、今でも現役の井戸があり、地域の人々が花の水やりなどに使っている。また、裏道を曲がった所には地域の人々の信仰を集める「広尾辨天閣」がある。

ホラン千秋と伊藤雄彦アナは、広尾の街に並ぶ古いお店を紹介。お花屋さんは明治創業。

明治時代、広尾にあった牧場を紹介。今の姿からは想像できないが、広尾の牧場では牛乳が製造されていた。

また、ホラン千秋と伊藤雄彦アナが訪問した不動産屋は、夜になるとビストロフランス料理店に変身。このお店では、牛乳を使ったメニュー「トウモロコシのスフレ風」「フランス風米菓子」が提供されている。ホラン千秋は、2つのメニューを試食した。お店のオーナーは、不動産屋の店内をフリースペースとして開放していると説明。

ホラン千秋と伊藤雄彦アナは、祥雲寺というお寺を訪問。祥雲寺は周囲に高いビルが並ぶ中、敷地内に幾つかのお寺が集まっている。

祥雲寺の中にいる香林院には、大人のための寺子屋と称し、様々な教室が開かれている。今日は、アロマ教室が開かれており、部屋の中では女性の生徒がアロマのハンドクリームを作っていた。ホラン千秋もハンドクリーム作りに参加した。

香林院には、綺麗にお手入れされたお庭もある。お寺の住職は普段、寺の中で座禅の会を開くこともある。寺を開放している理由について、住職は「みんなが集える場にしたいと思っている」と語った。

広尾へのアクセス方法を表示。詳しくは番組HPで。

次回のひるブラの番組宣伝。

キーワード
広尾(東京)
渋谷区(東京)
マカジキ
マグロ
さば味噌煮付定食
メカジキ
節分
トウモロコシのスフレ風
フランス風米菓子
番組HP
広尾駅
東京メトロ日比谷線
  1. 前回の放送
  2. 2月20日 放送
  3. 次回の放送