小さな旅 ありし日の あの響きと〜みちのく音紀行〜

『小さな旅』(ちいさなたび)は、NHKで放送している紀行番組である。字幕放送実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月11日(土) 5:15~ 5:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:15~

テーマ音楽:大野雄二

オープニング映像。

キーワード
大野雄二

ありし日のあの響きと~みちのく音紀行~ (バラエティ/情報)
05:17~

宮城県登米市の里山にやってきた山本哲也は川の側を歩いている時に、生き物の鳴き声が気になり道端の男性に何の生き物の音か訪ねたところ、カジカガエルの鳴き声だと分かった。男性は阿部さんといい、川のすぐ側で暮らしているのだという。阿部さんは、若い頃は都会にいたが、ある時田舎に戻ってきた。

中里さんは、波打ち際の音を聞くと20年前に亡くなった最愛の夫を思い出すという。昔、波打ち際の音を夫と聞き入っていたことがあったようだ。

仙台市民が心を寄せる「荒城の月」という曲がある。陶久さんが若い頃に、悩める背中を押してくれた青春のメロディなのだという。

岩手県大船渡市では、工事現場の音が聞こえてくる。山本は鍛冶屋の男性・新沼さんと知り合った。新沼さんは江戸時代から続く鍛冶屋の6代目である。

キーワード
登米市(宮城)
カジカガエル
中里和歌さん
八戸市(青森)
荒城の月
仙台市(宮城)
柴田町(宮城)
大船渡市(岩手)

エンディング (その他)
05:39~

エンディング映像。

NHKオンデマンド配信案内テロップ。ご案内はdボタンで。

キーワード
NHKオンデマンド
dボタン
  1. 前回の放送
  2. 8月11日 放送
  3. 次回の放送