小さな旅 望郷の鐘を心に〜宮崎県 延岡市〜

『小さな旅』(ちいさなたび)は、NHKで放送している紀行番組である。字幕放送実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月21日(土) 5:15~ 5:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:15~

オープニング映像。(テーマ音楽:大野雄二)

キーワード
大野雄二

小さな旅 (バラエティ/情報)
05:16~

宮崎県延岡市。街を歩いていると鐘の音が聞こえてくる。鐘は街の中心にほど近い丘の上の延岡藩の城跡にある。胴回り3m、重さ1トンを超える「城山の鐘」。1日6回、時刻と同じ数つかれるこの鐘は、明治の始め西南戦争で焼けた太鼓櫓の代わりに設置されて以来、街の人に時を告げてきた。現在は日高さん夫婦が8代目の鐘守を務めている。日高さんはこの鐘の音が、市民の生活に欠かせないものとなっていることを実感しているという。大正を代表する歌人の若山牧水も晩年、少年時代を育った延岡を詠っている。鐘の音に誘われるように故郷に戻ってきた人もいる。後藤夫妻が暮らすのは城山公園にほど近い高層マンション。長い間故郷を離れていた2人にとってそれは望郷の鐘だったという。鐘のなる街で暮らす家族の写真を取り続けてきた写真館の尾崎さん。40年に渡って夫とともに店を切り盛りしてきた。尾崎さんは1日を締めくくる夕方の鐘の音を聞くと、ふと父の姿が脳裏に浮かぶという。鐘の音と家族写真。在りし日の家族を結びつけてくれる。故郷の鐘がきょうも街に響く。

キーワード
延岡市(宮崎)
若山牧水
城山の鐘
城山公園

エンディング (その他)
05:38~

エンディング映像。(NHKオンデマンドで配信)

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 7月21日 放送
  3. 次回の放送