世界遺産 北アフリカ紀行 マグレブのカスバと砂漠 アルジェリア

放送日 2014年9月6日(土) 17:20~17:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
17:20~

オープニング映像。

マグレブのカスバと砂漠 アルジェリア (バラエティ/情報)
17:20~

アルジェリアの首都アルジェは地中海交易の拠点として古くから栄えてきた。丘の上の旧市街が世界遺産アルジェのカスバ。カスバは階段の街で、狭く波打つ階段が張り巡らされている。レダ・ズビールさんがカスバを案内した。

アルジェの南にはサハラ砂漠が広がる。その奥地には先住民が書いた謎の岩絵が残されている世界遺産のタッシリ・ナジェールがある。

アルジェリアのサハラ砂漠の北部、乾燥した大地にある集落「ムザブの谷」は1000年以上前に作られ、独自の伝統を守り続けている。元々は西南アジアの国だったが7世紀に宗教上の争いで迫害されてこの地にやってきた。元々川があったが枯れた後も地下には水脈が残っており井戸を掘り、水源を確保。緑地も整備され、ナツメヤシや新鮮な野菜が収穫できる。

結婚式が行われている会場では、新郎と新婦は男性同士・女性同士別々の会場と参列者に祝福。深夜0時に2人きりで会うというならましが紹介。

キーワード
アルジェのカスバ
アルジェ
レダ・ズビールさん
サハラ砂漠
タッシリ・ナジェール
アルジェリア
ムザブの谷
ナツメヤシ
結婚

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月6日 放送