土曜スタジオパーク ゲスト 滝藤賢一

『土曜スタジオパーク』(どようスタジオパーク)は、NHK総合テレビで1999年4月10日に放送が開始されたトーク・広報番組である。2016年4月現在の放送時間は、毎週土曜の13:50 - 14:50。略称は「土スタ」である。かつては「あなたの声に答えます」の副題があった。2008年4月放送分以降、アナログ放送では映像サイズがレターボックス14:9、さらに2010年4月からは地上デジタル対策でレターボックス16:9で放送される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月14日(土) 13:50~14:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

土曜スタジオパーク (バラエティ/情報)
13:50~

今日のゲストは、連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの父・宇太郎役を演じる滝藤賢一。滝藤は宇太郎を演じるにあたって「脳天気なキャラなので、笑顔だけは忘れないようにしています」と話した。

鈴愛役の永野芽郁からのVTRを紹介。永野は子役の子の演技で「元気な時の左耳にバイバイって言えんかった」という場面を見て泣いたという。左耳だけ雨の音が聞こえないと言ったのに対し、お母さんが、鈴愛の片方はいつも晴れやねと言っている場面で、すてきな温かい家族だと感じたという。滝藤賢一は「元気な時の左耳にバイバイを言えなかった」というシーンで、監督が何度も粘って芝居を彼女に繰り返し指導していて、小さいながらに彼女の中から力強さを感じていたなどと話した。滝藤賢一は自分の役はわりと能天気で優柔不断で自分に割と似ているという。ヒロインの永野芽郁の印象について「泣いても怒ってもフルパワーで、作られた感じがしない」などと話した。永野芽郁と相性がいいと感じているという。

ヒロインの祖父を演じる中村雅俊のVTRを紹介。ドラマで自身が演じる役の奥さんが亡くなって、家族みんなでお墓参りに行って、鈴愛が糸電話を使っておじいちゃんと亡くなったおばあちゃんが交信できたらいいなという場面が印象的だったという。中村雅俊は滝藤賢一が演じるお調子者みたいな所がシーンを良くしていると話す。滝藤賢一の悲しい時に逆に笑っちゃうとか別な行動をするというのがリアリズムがあると感じるという。滝藤賢一自身はドラマが面白くなることを考えているので、自分のリアリティーは感じていなかったが先輩にそう言われるのは嬉しいなどとコメントした。お墓参りのシーンは最初に撮影したシーンで、打ち解けていない中であのシーンを撮るというのは難しくないのかという質問に、滝藤はどの現場もそうなのですぐ入ることができるという。

鈴愛の子ども時代を演じる矢崎由紗からのVTRを紹介。待合室の時に滝藤さんと芽郁ちゃんが折り紙で恐竜とかの折り方を教えてもらったなどと話した。夫婦役の松雪泰子は、楡野家の食堂のシーンは一日中滝藤と一緒なので、シーンの合間に筋トレをしていると話した。パーツトレーニングだけじゃなく神経系のトレーニングもしていくのが大事だという。滝藤はキックボクシングなどをしているという。子役の矢崎由紗については、「子どもだから1か月2か月で顔が変わっていく。よくプレッシャーの中で大人たちに囲まれて自由にのびのびやっていたなと思うと、涙が出る」などとコメントした。滝藤は去年からEテレの番組で折り紙の研究をする博士という役で登場している。折り紙は出来た時の達成感はすごいという。

滝藤さんのプロフィール紹介。1976年名古屋生まれ。小学生の頃から洋画などをよく見ていたという。高校時代の滝藤さんの写真。渡辺は、「印象が全然違う」とコメント。高校卒業後上京し、21歳で仲代達矢主催の無名塾に合格。上京したのは俳優になる為ではなかったという。塾での3年間はバイトや恋愛は禁止。早朝稽古場の掃除をし、公園で10キロ走るなどし、稽古を行うというスタイルだった。内浦は、「役者修行は人間修行」という仲代さんの言葉心に残ってると語り、「日常生活から芝居まで、何しろ怒られてた」と明かした。また、内浦が怒られた後に冷やかしにくる滝藤さんの顔が「憎たらしい顔だったが、それがパワーになった」と話した。滝藤さんは、仲代さんから多くの事を学んだと明かした。塾生には、途中でやめる人も多かったという。バイトができない為、両親からの仕送りがなければ続けられなかったからだ。

滝藤さんが脚光を浴びるきっかけとなった作品「クライマーズ・ハイ」。飛行機墜落事故を追う新聞記者達の一週間を描いた物語。滝藤さんは、精神を病んでいく記者を演じた。原田監督は、当時無名だった滝藤さんを抜擢した理由について、「映画による発見の喜び要素を1人入れたかったから」と明かし、滝藤さんの演技人としての素質を柔軟性があるなどと評価した。撮影の中で監督が特に関心した1シーン。続けて喋ってくれという監督の要望に応じ、変な所で区切るという芝居をみせた滝藤さん。監督は、それがすごく良かったと話し、滝藤さんの演技について「失敗したと思った事は一度もない」と語った。

滝藤が今夢中になっているのが乗馬。まだ始めたばかりだという。映像では馬が走ってくれているが、先生がいないと一歩も動いてくれないという。乗馬を始めたきっかけは、関ヶ原で岡田准一の乗馬が素晴らしかったので、やりたいと思ったという。滝藤に乗馬を指導している先生は、「滝藤さんは夏は日の出とともに朝5時に練習をスタートし、前の日深夜0時まで撮影をしていても練習にくる。乗馬の後ボクシングやって体のメンテナンスをしてから撮影と言っていたときもあり驚いた」と話した。疲れるのが嫌でタフな体を作っているという。

滝藤の家族の後ろ姿の写真を紹介。滝藤には8歳、7歳、5歳、3歳の4人の子どもがいる。4人いると片付けても片付けても足場がなくなるという。一番下が女の子で、女の子はちょっと違い全然怒らないという。奥さんにアンケートで「滝藤さんは旦那さんとして何点満点?」という質問に対して、100点満点と答えた。理由は玄関掃除やゴミ捨てなど時間があるときはやってくれて、進んで幼稚園の送り迎えもしているからだという。滝藤は「みんなで生活しているので、手が空いている人がやればいいんじゃないですか」などと話した。直してほしいところについては、「休みの日ゆっくり過ごしてほしいのに、いろんな予定を入れて忙しくする」と話した。

滝藤さんは、「仲代さんと原田さんには頭が上がらない」とコメント。滝藤さんは当時の抜擢について、「ありえないですよ」と話した。また、この演技がだめなら役者を諦めようという心構えで、演技に打ち込んだと話した。息継ぎの演技については、「当時原田さんにやってと言われた気がする」と明かし、記憶が曖昧になるほど役に入り込んでいたと話した。滝藤さんは、原田さんが憧れの監督だったとし、「原田さんとやれるのであればどんな役でも良い思いだった」と話した。映画出演後、自分より周りが大きく変化したと滝藤さん。映画終了後、監督を含め褒められる事はなかったという。また、原田さんの現場は痺れる緊張感があると話した。

キーワード
連続テレビ小説 半分、青い。
中村雅俊
松雪泰子
矢崎由紗
オリガミの魔女と博士の四角い時間
仲代達矢
無名塾
クライマーズ・ハイ
滝藤賢一
乗馬
ジャッキー・チェン
エディ・マーフィ
どん底
黒澤さん
役所広司さん
AKB
砧公園
名古屋(愛知)
東京都
仲代さん

まるNフラッシュ (バラエティ/情報)
14:40~

ななみちゃんが歌いながらスタジオに登場。ななみちゃんが「連続テレビ小説 半分、青い。」にちなんで”半分青い”メガネをかけていたことから、滝藤賢一はメガネについて話した。また、先週から番組に出演している原口アナは、ななみちゃんのムチャブリに応え、「半分、青い。」の主題歌を歌った。

「BS1スペシャル」の番組宣伝。

「ETV特集」の番組宣伝。

「世界はほしいモノにあふれてる」の番組宣伝。

スタジオトーク。「世界で一番好きな場所」を聴かれた滝藤賢一は、自宅のバルコニーを挙げた。また、滝藤は自身がMCを務める番組「地球メシ」の告知をした。

キーワード
連続テレビ小説 半分、青い。

エンディング (その他)
14:49~

滝藤賢一が連続テレビ小説「半分、青い。」の告知をした。

  1. 前回の放送
  2. 4月14日 放送
  3. 次回の放送