土曜スタジオパーク ゲスト 小松菜奈 小出恵介

『土曜スタジオパーク』(どようスタジオパーク)は、NHK総合テレビで1999年4月10日に放送が開始されたトーク・広報番組である。2016年4月現在の放送時間は、毎週土曜の13:50 - 14:50。略称は「土スタ」である。かつては「あなたの声に答えます」の副題があった。2008年4月放送分以降、アナログ放送では映像サイズがレターボックス14:9、さらに2010年4月からは地上デジタル対策でレターボックス16:9で放送される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月18日(土) 13:50~14:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:50~

ゲストへの質問・メッセージをFAXまたは番組ホームページから募集する。

今日のゲストは小松菜奈と小出恵介。2人共今月が誕生日。

キーワード
番組ホームページ
スタジオパーク
長嶋茂雄

ゲスト:小松菜奈・小出恵介 (バラエティ/情報)
13:51~

「特集ドラマ スリル!~赤の章~」と「プレミアムドラマ スリル!~黒の章~」の番組宣伝。

ゲストへの質問・メッセージをFAXまたは番組ホームページから募集。

映画「パッチギ!」、舞台「から騒ぎ」、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」など、出演作品を紹介した。

ゲストの2人のドラマでの役どころを紹介した。総合テレビで放送する赤の章は小松菜奈さんが主役でBSプレミアムで放送する黒の章は山本耕史さんが主役となっている。小出恵介は両方に出演していて、それぞれで多少撮影の雰囲気が違うと話す。小松さんは小出さんとの掛け合いで現場で突然言われることがあり面白さに繋がっていると話す。小出さんは謎解きを面白くするようにキャラが濃い目で、長台詞に苦戦している様子を見てほしいと話した。

「スリル!~赤の章~」と「スリル!~黒の章~」の番組宣伝。

小出さんは俳優よりも監督志望で、自分で映画を撮ったこともあるという。今では監督は大変だと思うようになったと話した。始めて「パッチギ!」で撮影した時、井筒監督は泊まり込みで特訓してくれたという。舞台では蜷川幸雄さんと4回一緒になり、厳しかったが、怒られるのも幸せだったと話した。

木下ほうかは小出恵介について順応性に長けていると話す。自分から特徴を出す人ではなく、演出家や共演者によって変化する人だと評した。河合勇人は最初は二枚目に作ってきてくれていたが面白く感じなかったため三枚目路線をリクエストして現在のズッコケた役柄にしてハマっていると話す。共演者とのやり取りでコメディ的なやり取りで面白い役者だと話した。

ゲストへの質問・メッセージをFAXまたは番組ホームページから募集。

最初は堅物な役だったがズッコケなキャラに転換していったという。相手によって変わると言われ、自分にとっての拘りがない事が功を奏しているのではと話した。

ゲストへの質問・メッセージをFAXまたは番組ホームページから募集。

ドラマ「スリル!」出演の山本耕史が登場。山本から見た小松菜奈について「休憩中に彼女が(撮影中に使った帽子を)”しめじみたい”と言っていた。次のシーンのいがみ合いの場面では、僕が本番で”しめじみたいな頭しやがって”って言ったら菜奈ちゃんは”しめじじゃねーし帽子だし”と言った」「ちょっと僕がアドリブ言ってみたら普通は怖いじゃないですか。そんなところに絡んでいくの。でもとても勇気のある子だなって思ったし、それで仕事もしていったし…」など山本は語った。

小松菜奈さんのプロフィール紹介。映画渇き。、溺れるナイフなど出演した。沈黙 -サイレンス-では村人役を演じた。

ドラマ「スリル!」のアドリブについて小松菜奈は「山本耕史さんはアドリブを急に入れてくるので、それに対応するのは難しいというか…」「アドリブでの演技はあまり無くて、シーン1回目からアドリブがあった」「その場での対応が必要というか、それが今までに無い現場だったので大変ですけど新しいというか楽しいなと思う」など述べた。

沈黙 -サイレンス-では英語で演技していて、どう感情を入れればいいのかが難しかったと話す。監督は現場に余り姿を見せず、たまに来た時に褒めながらも何度もやらさえるような事があったという。昨年は6本の映画に出演した。その撮影のときは目まぐるしい時期だったという。のめり込みすぎないように休憩中などは意識がどっかに行っている時があると話す。

ドラマ「スリル!」演出の河合勇人氏から見た小松奈央について「けっこう僕は無茶ぶりをするが、小松奈央はイメージをりょうがするものを返してくれるのですごく面白い。ドラマではダンスシーンを追加したが、そこを見事に演じてくれた。」「殺人現場で死んでくれって現場も顔芸ふくめてやってくれる。」など語った。

スタイリストの塚田さんに小松菜奈さんについて聞いた。肉食女子で、よく焼肉やサムギョプサルを食べる約束をしていると話した。お泊まり会でご飯も作ってくれてお姉さんみたいな存在になると話した。

ドラマ「スリル!」撮影について小松菜奈は「(ダンスシーンが)変わっているので、お昼休憩中に練習などした。出来た時はみんなでイエーイ!みたいな達成感というか…」「ダンスは小4~中3までジャズダンスを、高校の時はチアダンスをやっていた」など述べた。

小松菜奈さんは、自分はお姉さんタイプというよりおせっかいで何でもやってあげたい気持ちがあると話した。撮影がない時はできるだけ自炊するようにしていて、得意料理はタコスとピーマンの肉詰めだと話した。休みの時は一人でゆっくりするのが好きだと話した。

演出の河合勇人は東京のイメージだったが関西弁を喋り、ギャップを感じたという。本人は関西出身ではないが会話の中で関西弁になってしまうことがあるという。ドラマで明石家さんまの役を演じてずっと関西弁だったのでそれがなんとなく残っていると話す。小松菜奈も普段の話から関西の人だと思ったが、東京の人だと聞いて驚いたという。小松さんは小出さんに天然だという印象を持っているという。本人は自覚はないと話す。

山本耕史からは小出恵介と10年前に出会った時に、探究心があって芝居に貪欲という印象があった。それから年月が経ち、もっと独特な人になっていたと話す。不思議な人だと言った。小松さんもそれに同意していた。表現のしにくい独特な印象があるようであった。山本耕史さんを含めて独特な人の集まりだと話していた。

小出恵介のよく知る友人として千鳥のノブが登場。最初は真面目なぼくとつな青年というイメージだったが、親交を深めるにつれ“フェス好きのパーティーピーポー”の一面もあり音楽フェスに行った帰りに遊んだ時のようすを話した。スタジオの小出にこれからもよろしくお願いしますと言いながら、次の日仕事が大変だからと断るのをやめてくださいと話した。

スタジオで去年フジロックフェスティバルに参加したという小出は、ノブも音楽が好きという事で話があったと話した。台本は家で呼んでると逆に落ち着かなくなり人ごみのあるカフェなど雑踏の中で覚える事が多い。多分さみしがりやなのだと話した。役作りは事前にイメージしていくが、現場に行って思っていたものと違う事がありそういう時はすぐ捨てて行く。そのようすを変化に強いと指摘された小出は幼いころ父の仕事の関係でインドに住んでおり、インドはもうめちゃくちゃだったからと話した。

キーワード
番組ホームページ
蜷川幸雄
尾崎将也
パッチギ!
から騒ぎ
連続テレビ小説「梅ちゃん先生」
山本耕史
スリル!
井筒監督
蜷川幸雄さん
渇き。
溺れるナイフ
小松菜奈
沈黙 -サイレンス-
渋谷(東京)
インド
フジロックフェスティバル

まるNフラッシュ (その他)
14:37~

龍の歯医者の番組宣伝。

ETV特集の番組宣伝。

NHKスペシャルの番組宣伝。

BS1スペシャルの番組宣伝。

ななみちゃんが登場して探偵のお芝居をした後、きょうのゲストに最近あったちょっとした事件を聞いた。小松菜奈は鍵をなくした話、小出恵介は風呂上がりに小指をぶつけて血まみれになった話をした。中野はランチに出たら鳥のフンをかけられてしまった話をした。

「龍の歯医者」は「エヴァンゲリオン」シリーズや「シン・ゴジラ」で有名な庵野秀明監督が制作を仕切ったもの。小出はエヴァンゲリオンも好きで見ていたと話し、シン・ゴジラにも消防士の役で実は出演していた。小松は庵野監督の作品を見たことがないというが、ななみちゃんはいかにも出てそうだからこれからご縁があるかもしれないと話した。

キーワード
庵野秀明監督
シン・ゴジラ
龍の歯医者
エヴァンゲリオン

エンディング (その他)
14:46~

「特集ドラマ スリル!~赤の章~」と「プレミアムドラマ スリル!~黒の章~」の番組宣伝。

視聴者からの質問・メッセージを紹介した。共演してみてお互いは想像していたのと違うところはあったかという質問について、小出さんは小松さんが想像通りに明るくて笑顔の多い子だったと話した。小松さんは、小出さんは接しているうちに意外とお茶目な面があったと話した。

  1. 前回の放送
  2. 2月18日 放送
  3. 次回の放送