今夜も生でさだまさし 大型連休にジャスト水戸

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月30日(日) 0:05~ 1:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

「ひよっこ」のポスターからさだまさしらを映す。「ひよっこ」の舞台は茨城のためこのようにしたや水戸は3回目で4年毎に来ていると紹介した。

タイトルコールをして、オープニング。スタジオへと移動した。

キーワード
ひよっこ
水戸(茨城)

大型連休にジャスト水戸! (バラエティ/情報)
00:08~

スタジオに到着し、改めてさだまさしらが挨拶をし今回はNHK水戸放送局のワイワイスタジオから放送しているなど話す。また、セットの近くに稀勢の里のパネルがあった。

今回のお便りは700通届いたと説明。茨城の方から茨城は魅力度最下位であるとお便り。さだまさしは誰が決めてるのだろうと疑問視し茨城県には良い所はたくさんあるなど話した。お便りでは「牛久大仏」へ旅行に行った時3歳の姪っ子は手の形をみて「OKしているね」と述べていたと紹介。

茨城県北部の自治体の名前がややこしくて他県の人が混乱しているというお便りを紹介。その一部としてひたちなか市、常陸太田市、常陸大宮市と紹介されさだまさしらは納得した。また、さだまさしは昔経験したライブ前に各駅停車に乗ったら牛が線路にいて大遅刻したなど話した。また、今回手紙を読まれた人にポストカードをプレゼントされるなど紹介した。納豆についてお酢を入れると美味しいと友人に言われ試したら美味しかったというお便りが紹介された。井上さんはマヨネーズを入れると美味しいや北海道はグラニュー糖、東北の人は砂糖を入れるなど話す。さだまさしはねぎのみであると話した。

水戸市出身の大学生からのお便り、現在県外の大学に通っており友人に茨城の事を言うと「納豆」と思い当たるがそれ以外に何もないなど言われると紹介。納豆以外には梨やメロンもあると話した。稀勢の里や高安で5月場所が楽しみなどお便りを紹介。また、茨城県は美味しいものがいっぱいあるが茨城の人にとってはそれが普通のため声高にアピールしていないのなど話す。スタジオに人に聞くとメロンがこれから本格になるなど話した。

魅力度最下位といわれる茨城であるが「ひよっこ」や稀勢の里などで注目される風が吹いているとお便りが紹介された。定形外郵便のためお金が足りないとポストに投函してから気づき、郵便局に相談すると収集する人に立ち会えばその場で不足分の切手を貼ることができるなど話す。6月からはがきが値上がりするなどのお便りを紹介。値上がりしてもお便りを送り続けるなどお便りを紹介。その間に定形外郵便をスタッフが探す。

出張で初めてインドへ行った人からのお便りを紹介。移動で既にぐったり、インド人の同僚は過ごしやすい季節で良かったと話すが気温は32℃であると紹介。すると定形外郵便が発見され短編映画について紹介された。また、野球についてセーフなのにアウトに成ることがあるなど話した。お便りでご当地鯉のぼりを探すのも面白いかもしれないと紹介された。

シンガーソングライターの半崎美子さんが登場。お便りでは30日に行うライブに行くやファンを大切にする姿勢などが好意的であるなど紹介。半崎さんはお手本はさだまさしであると話す。そして、半崎さんはみんなのうたで話題になっている歌を披露すると準備に入った。

「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」が披露された。

同じ内容のはがきがいくつか来ていていたので代表として大阪市からのお便りを紹介。オバマ大統領が広島市に来日した時にさだまさしは「忖度」という言葉を使ってとても良い話をしてくれたが、最近では国会で「忖度」を悪い意味で使われていて残念に思うなど話す。

NHK水戸放送局からのお知らせ。齋藤アナらが登場し、ニュースを女性キャスター3人でやっていると話す。茨城県が3年ぶりに1位を奪還したものが「納豆」であると紹介。茨城の人はご飯だけではなく様々なものに使って食べていると話す。納豆アイスを住吉さんが食べる。また茨城県が舞台である「ひよっこ」では地元の人の協力してもらい稲を刈ったりしている。

早稲田大学のさだまさし研究会の方からお便り。さだまさしの曲名でしりとりを開発したと紹介された。さだまさしは自分の曲名をあまり覚えてないため出来ないなど話した。その結果、「の」で始まるのが「夜想曲(ノクターン)」のみでノクターンを言わせたものが勝ちなどの事が判明した。

前回放送したSPの時に参加した人からのお便り。とても楽しめたが、主人の手紙が読まれなかった事が残念で帰り道ファン歴40年で生放送に参加しただけでも嬉しいことと慰めていたなど紹介。

グレープの解散コンサートに友人に誘われてからのファンからのお便り。2016年の思い出について娘とさだまさしのチャリティーコンサートに行ったことである。しかし娘はさだまさしの大ファンであるが人前でいるのが恥ずかしいらしいと隠れさだファンであるなど紹介。

最近は耳が遠くなってしまった方からのお便り。耳は遠くなったがワイヤレススピーカーでテレビの音もよく聞こえ、NHKアナウンサー以外の人の声もよく聞こえるなど話した。さらに生さだSPの時は4時間のCMなしの放送のためトイレに困ったがワイヤレススピーカーを持ち込んで聞くことが出来たなど紹介。また「ビフォーアフター」を見た方からのお便りでまた借金をしたのでコンサートを続けますよねとお便りを紹介された。さだまさしはほうぼうで借金の事を面白おかしく取り上げられているが、借金のためにコンサートをやっているわけではないと話す。

さだまさしが「いのちの理由」を披露した。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

父親が天文学者という方からのお便り。父親は幼い頃から天文学者を夢見ていて親の反対を押し切り天文学者になった。そんな父は小惑星に名前をつけて安らかに眠ったと紹介。

キーワード
NHK水戸放送局
稀勢の里
キタサンブラック
ひよっこ
牛久大仏
牛久市(茨城)
ひたちなか市(茨城)
常陸太田市(茨城)
常陸大宮市(茨城)
高安
水戸市(茨城)
インド
ナイル川
みんなのうた
お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~
大阪市(大阪)
広島市(広島)
オバマ大統領
忖度
中澤敦子さん
茨城県
早稲田大学
夜想曲
グレープ
ビフォーアフター
いのちの理由
姫路城
橋爪ヨウコ
  1. 前回の放送
  2. 4月30日 放送
  3. 次回の放送