今夜も生でさだまさし 丸亀ッシュナイター!うどーんと打ってみよう

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年8月28日(日) 0:05~ 1:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

さだまさしが始球式を行い、タイトルコールを行った。

オープニング映像。

丸亀ッシュナイター!うどーんと打ってみよう (バラエティ/情報)
00:07~

さだまさしらが挨拶。今回の会場は「丸亀市民球場」のセカンドとサードの間くらいであるなど話す。また、さだまさしの今回の衣装についてヤクルトの応援団員をしているという事で毎年作ってくれるユニフォームを身にまとっている。さだまさしが衣装チェンジしている間に住吉は丸亀城へと行ってきたなど話した。

香川県の方からのお便りで「四国アイランドリーグ」で活躍している香川オリーブガイナーズの名付け親は自分の奥さんであると紹介。2人が大好きな野球で知り合い今年で結婚8年目を迎える。さらにNHKの「連続クイズ ホールドオン!」に出演したことがあるなど書かれていた。

横須賀の方からのお便り、学生の時に香川県から来ていた友人は学食のうどんを食べてコシがないとつぶやいたという。香川の人にもおすすめしたいうどんとして「五島うどん」でさだまさしもドキュメンタリー番組でやっていたなど話す。そして「地獄炊き」という鉄鍋で「五島うどん」で煮た状態で熱々の状態で食べると紹介した。また、孫と一緒に「お遍路」へ行ったというお便りを紹介。お参りした時にたくさんのろうそくの前で孫は誕生日の歌を歌い始めたと紹介。さだまさしは今の子供についてろうそくを見て誕生日しか思いつかないかもしれないと話し、自分たちが子供の頃は台風の時に停電でろうそくを使っていたなど話す。

半死半生語として野球用語の「ドロップ」と紹介。「ドロップ」は縦に曲がるカーブ球。現在では縦に落ちるのはフォークとかであると話す。さだまさしが中学生くらいか「巨人の星」の時から使っていないのではなど話す。また、消える魔球についてさだまさしは投げたボールが真上に行き消える魔球を成功させたなど話した。また、さだまさしは「24時間テレビ」で今回見ている人は少ないのではなど話す。半死半生語で「バタンキュー」が20代の人に通じなかったというお便りを紹介した。

北海道の方からお便りを紹介。半死半生語として「月賊」で現在は「ローン」と言っている。さだまさしは「月賊」というのは余り使わず、テレビなどはお父さんが後何ヶ月頑張ってくれたら買えるよと言い聞かせられていたなど話した。そして、さだまさしが「月賊」を利用して初めて買ったものは「ギター」と話した。また、バイクのことを「単車」と呼ばれることが無くなったと紹介。さだまさしは会社の意向でバイクの免許は取らせてくれなかったと話す。

半死半生語として「雑種」。最近では「ミックス」と呼ぶのが平常であると話す。また、「座敷犬」という言葉で昔は犬を家の中で飼うことは考えられなかったと話す。そして、さだまさしは犬が好きで幼いころ真夏に犬小屋入って暑かったり臭いがすごかったなど話す。

さだまさしが「城のある町」を披露した。

今回のホワイトボードに描かれた絵は「丸亀城」と「瀬戸大橋」で瀬戸大橋の部分で津から尽きたのではとさだまさしは指摘。画伯はかなりパワーを使ったと話した。

「城のある町」をリクエストをした方からのお便り、録画でいつも見ていると書かれていた。また、さだまさしは来年の春から録画での視聴率が公表されると話した。最近のNHKのドキュメンタリーはどれも面白かったと話し、それに出演した医者で「SWITCHインタビュー」で共演して放送が決定したと紹介。

さだまさしが「城のある町」の歌詞には「月菜汁」というものがあり、これはさだまさしは適当に書いたもので丸亀市役所の人から連絡があり「月菜汁」について聞かれ、実際はなかったものだが、新しい郷土料理としてお祭りなどで出ているなど話した。そして「満濃池 」についてその大きさなどに驚いたなど明かした。

前回の放送を見て、今回の放送が香川県で嬉しかったなどお便りを紹介。さだまさしは番組プロデューサーに今度、球場で収録するときはオープンにしても1万人はこないなど話し、そこから甲子園球場であがらない選手は嫌いだなど話した。大谷について今風邪をひいているなど明かした。

永六輔さんについてのお便りを紹介。井上は永六輔さんについて放送作家として活動し始めた頃からレジェンド級だったなど話す。さだまさしは永六輔さんについて好奇心があり、元気があり興味があることにはとことん入っていく人だったなど話す。さだまさしとの交流は古くからあり、誕生日が同じであるなど明かした。

香川県出身のヴァイオリニスト・川井郁子さんが登場した。川井さんにお便りとして、定番のうどんのメニューなどを教えてほしいという。普段はぶっかけが食べているなど話した。

川井郁子が「波のささやき~水百景」を演奏した。

さだまさしらはうどんを食べているとNHK高松放送局の田中真弓さんが登場。「受信料」をクレジットカードで支払うとうどん10杯分お得であると説明した。

そして、新人アナの川崎理加が香川県についてうどん以外にも「アート」にも力を入れていると紹介。「瀬戸内国際芸術祭」が行われている。展示されている作品の一部を写真で紹介した。

さだまさしは内村航平選手についてリオオリンピックですごかったなど話し、寝不足になったなど話した。さだまさしが体に堪えたのが錦織圭選手の試合で2日寝ないと耐えられない体になったなど話した。

オリンピックに関するお便りを紹介。お便りをくれた家族の方は夫がバルセロナ大会、妻がローマ大会の産まれなど大会の開催年にいいことが起きているなどとし、東京五輪でも何かあるのかなとお便り。また、リオオリンピックで負けてしまった選手へ目が向いてしまいなんて声をかけるか分からないとお便り。さだまさしはある選手が「銅メダルは勝って手に入れるのに銀メダルは負けてもらう」と話していたと明かした。

さだまさしコンサート2016 at 東京国際ローラムの番組宣伝。

「自閉症」の息子と選挙へ行ったというお便りを紹介。息子が20歳の時の選挙はパニックならないように1週間前から練習などをし、当日に用紙に名前を書いてくださいといわれ受け取り、書いたのは自分の名前だったと今では楽しい思い出の一つなどお便り。また、幼いころ祖母がうどんを打っていたというお便りで、昔はうどんを打てないと嫁に行けないといわれていた。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

ゲストの川井郁子さんが登場し、球場で弾いた感想について、風が気持ちよかったなど話した。

キーワード
丸亀市民球場
古田
ヤクルト
阪神
丸亀城
四国アイランドリーグ
香川オリーブガイナーズ
連続クイズ ホールドオン!
NHK
香川県
五島うどん
地獄炊き
うどん
横須賀(神奈川)
お遍路
24時間テレビ
横浜(神奈川)
巨人の星
東京オリンピック
ローン
城のある町
茨城県
瀬戸大橋
SWITCHインタビュー
月菜汁
丸亀市(香川)
高知県
京都府
滋賀県
満濃池
清水寺
松坂大輔
田中将大
張本勲
大谷
甲子園
永六輔さん
波のささやき~水百景
NHK高松放送局
受信料
瀬戸内国際芸術祭
内村航平選手
リオオリンピック
錦織圭選手
国枝選手
メルボルン大会
ローマ大会
ソウル大会
バルセロナ大会
アトランタ大会
東京五輪
ヘルシンキ大会
リオパラリンピック
自閉症
  1. 前回の放送
  2. 8月28日 放送
  3. 次回の放送