爆笑問題のニッポンの教養 2012年1月17日放送回

『爆笑問題のニッポンの教養』(ばくしょうもんだいのニッポンのきょうよう)は、NHK総合テレビジョンで放送されていた「教養」をテーマとしたバラエティ番組である。爆笑問題の冠番組である。キャッチコピーは「爆問学問(ばくもんがくもん)」。 新聞などのテレビ欄では略タイトルとして「爆問学問」と表記される場合があった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年1月17日(火) 1:30~ 2:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
01:30~

今回は、免疫力アップについて紹介。

免疫力! アップダウンクイズ (バラエティ/情報)
01:31~

今回は免疫を専門にしている順天堂大学の奥村康教授が、免疫についてクイズをだして解説する。

「世界初のワクチンは何からつくられた?」という質問が出題。正解は牛の膿で、エドワード・ジェンナーが1798年に発見した天然痘ワクチンだった。

「.なぜ毎年インフルエンザの予防接種をする?」という質問が出題。正解はやればやるほど硬貨がアラルからだった。

「獲得免疫が一番強いのは何歳の時?」という質問が出題。正解は年齢は関係ないだった。生後100日で百日祝いをするのは免疫の力がつくからだった。

「.獲得免疫が苦手な敵は?」という質問が出題。正解はニキビだった。

「.獲得免疫が一番強いのは何歳の時?」という質問が出題。正解5000個だった。自然免疫のナチュラルキラー細胞はがん細胞を見つけ次第体内で殺しているという。

「一番免疫力があるのは誰?」という質問が出題。正解は電車通勤しているサラリーマンだった。

「免疫力が下がるのはどんなとき?」という質問が出題。正解は受験勉強をしているときだった。精神的なストレスに弱いのがナチュラルキラー細胞だという。

「免疫学的にオススメのメニューは?」という質問が出題。正解はオムライスとステーキとサラダだった。

「免疫力アップに効果的な食べ物は?」という質問が出題。正解はヨーグルトだった。カセイシロタ株はウイルスからのガードをする免疫が有るなど性質を紹介。

キーワード
順天堂大学
エドワード・ジェンナー
天然痘
ナチュラルキラー細胞
オムライス
ステーキ
サラダ
ヨーグルト
カセイシロタ株
LGG乳酸菌

エンディング (その他)
01:56~

クイズに勝利した田中裕二には、奥村康教授の等身大パネルと特製ドリンク「しょうが紅茶」がプレゼントされた。

キーワード
しょうが紅茶

次回予告 (その他)
01:58~

爆笑問題のニッポンの教養の番組宣伝。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 1月17日 放送