ためしてガッテン 関節が痛む人必見!知らぬ間にリウマチ治療が大進化

『ためしてガッテン』は、1995年3月29日から2016年3月16日までNHK総合テレビで放送された日本の生活情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年12月18日(火) 16:05~16:49
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:05~

今回は関節リウマチを特集する。

キーワード
関節リウマチ

関節が痛む人必見!知らぬ間にリウマチ治療が大進化 (バラエティ/情報)
16:07~

関節リウマチは全身に激痛、骨を破壊する病。大和田は「歳をとってなる病気なのでは?」と話した。新潟県リウマチセンターの石川肇医師の参考写真をみると、骨に異常が起こっているのがわかる。

関節リウマチの女性を取材。女性は日常生活に支障をきたすほど症状が重い。関節は滑膜に包まれているが関節リウマチになると滑膜がボロボロに(東京医科歯科大学 宗田大教授)。関節リウマチの女性は肩に痛みを感じ受診、早期関節リウマチと診断。その後悪化していった。しかしもう1人の早期関節リウマチの女性は回復している…。

関節リウマチは30代40代女性の発症率が高い。男女比は男1対女4。

現役医師がレントゲン写真を見て早期関節リウマチを診断。1つは変形性関節症、2つ目は骨折。

関節リウマチが発症すると免疫細胞が自分の関節を攻撃してしまう。こうして怒るのは滑膜炎。これにサイトカインが激増、サイトカインが滑膜だけでなく骨も攻撃し骨の変形が起こってしまう。

関節リウマチを悪化させてしまった女性は発症から診断まで1年10か月の間が。回復した女性は2か月の間に受診をしていた。サイトカインの嵐は発症から6か月。そのため超早期発見が大切。

東京女子医科大学・医師が登場。現在、超音波による関節リウマチ検査も行なわれている。2008年から早期関節リウマチの診断は発症から6か月までに。2008年から生物学的製剤が登場。サイトカインは病気が進むと量・種類が急増、その前に投薬をはじめることが大切。投薬は続ける場合が多いが症状がよくなれば休止することも。副作用として免疫機能が低下することもある。

関節リウマチのサインには、関節の腫れ、触るとブヨブヨ、朝の痛み・違和感などがある。見分けるポイントは手指の第二・第三関節、手首が痛む・腫れるなど。症状が気になったらリウマチ科へ(整形外科・内科でも受診可能)。

リハビリテーション中伊豆温泉病院の理学療法士が登場。関節が目覚める!らくらくストレッチを紹介。痛くならない程度に手のひらを最大限に開いて10秒キープ。グーにする時親指は外側へ。これを1セット3~5回毎日続ける。静岡・リハビリテーション中伊豆温泉病院では実際に結果が出ている患者も。炎症・骨破壊・痛みがある場合は主治医やリハビリ専門家の指示に従うこと。

関節リウマチを患っているも絵を書いている女性を紹介。関節リウマチは「痛いから動かさない」事が悪循環に。関節が動かないからといって必ずしも骨破壊が起きているわけではない。

関節リウマチの情報はFAXサービスでも!0570-033-733(ボックス番号55055)。また携帯サイト・ホームページでも情報を公開している。

以前番組に出演した関節リウマチの女性からのメッセージが紹介された。

キーワード
関節リウマチ
石川肇医師
東京医科歯科大学
変形性関節症
骨折
滑膜
サイトカイン
東京女子医科大学
静岡県
ためしてガッテン携帯サイト
ためしてガッテンホームページ

エンディング (その他)
16:47~

「ためしてガッテン」の番組宣伝。

BSをご覧になるには、パラボラアンテナ、ケーブルテレビへの加入などで。

  1. 前回の放送
  2. 12月18日 放送
  3. 次回の放送