にっぽん紀行 このままでは終われない〜高知城 青空将棋

にっぽん紀行(にっぽんきこう)は、NHK総合テレビジョンとNHKワールド・プレミアムで不定期に放送されているドキュメンタリーシリーズ。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年3月22日(木) 19:30~19:58
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

なぎら健壱が高知城の公園に並べられた将棋盤で将棋を指す。今回は並べられた将棋盤で将棋を指すおんちゃんたちに密着。

キーワード
将棋

このままでは終われない~高知城 青空将棋 (バラエティ/情報)
19:32~

朝10時半、おんちゃんたちが集まり青空将棋が行われた。会費は半年1000円で60人以上のおんちゃん達が通う。名前はあだ名で呼び合い、長老と呼ばれるおんちゃんは大正生まれで海軍似いたことが自慢。お父ちゃんと呼ばれるおんちゃんは胆石を耐えながら将棋を指す。

高知城の東にあるお堀端の公園で青空将棋は行われており、63年も続くこの集まりは雨が降っても行われる。

宮脇典昭さんは10日ほど前から通い始めた新人で、まわりに溶け込めないでいた。その宮脇さんに声をかけたのは仕切り役のおんちゃんで、24歳の相手を紹介してもらった。宮脇さんは負けると早々に引き上げていった。宮脇さんは高知市内で一人で暮らしており、以前は寿司屋の板前をしていたが今は決まった仕事をしていない。宮脇さんは、仕事もなく誰からも相手にされない毎日から抜け出したいと思っていた時、おんちゃんたちの青空将棋に出会った。

宮脇さんの指導役に仕切り役の岡崎真幸さんが買って出た。岡崎さんは容赦なく厳しい言葉を浴びせ、家での特訓用に使わなくなった将棋盤を宮脇さんに与えた。

通い始めてから1ヶ月、宮脇さんの将棋の腕前は全く上達していなく、同じ頃から通い始めた若者とも実力の差が開いていた。これまで負けていても笑っていた宮脇さんは勝負にこだわり始め、図書館で借りてきた将棋の解説書を読み漁った。8年前に店を潰してから消極的になっていた宮脇さんはやる気を見せた。

青空将棋には人々が引き寄せられ、若い女性も飛び入りで参加していた。宮脇さんの顔つきが変わり、これまで誘われていた宮脇さんは相手を誘うようになった。指導役の岡崎さんは宮脇さんの守りの癖を指摘し指導した。

岡崎さんも宮脇さんと同じ1人暮らしで、1月に奥さんを亡くしていた。岡崎さんは「一人暮らしの人が多く、俺と同じで家に引きこもっているよりは将棋したほうがいいんじゃないか」と語った。

3月4日、半年に一度となるトーナメントで最強のおんちゃんを決める日が来た。宮脇さんは初挑戦で、初戦の相手は攻めが得意のおんちゃんが相手。相手が攻めてくると、王将を守る金と銀は正しく並んでおり、岡崎さんはアドバイスができない代わりに相手に野次を飛ばした。宮脇さんはこの日粘り、1時間を超える熱戦を演じると敗北したが自分の力を出しきった。

トーナメントから3日後、宮脇さんは本格的に就職活動を再開させた。将棋も頑張っており、この日挑んだ強敵には勝てなかったがおんちゃんたちからあだ名が付けられた。

キーワード
将棋
高知市(高知)

エンディング (その他)
19:54~

エンディング映像。

明日へ1min (その他)
19:55~

一関修紅高校音楽部の「ねぇ ここにいて」を背景に山形・三川町などを紹介。

キーワード
ねぇ ここにいて
弘前城
三川町(山形)
宮城県
青森県
遠野(岩手)
松島
  1. 前回の放送
  2. 3月22日 放送
  3. 次回の放送