にっぽん紀行 輝け還暦チアガール〜愛媛 松山〜

にっぽん紀行(にっぽんきこう)は、NHK総合テレビジョンとNHKワールド・プレミアムで不定期に放送されているドキュメンタリーシリーズ。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年9月17日(月) 5:15~ 5:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:15~

阪神甲子園球場から中越典子が今回の内容を話し、オープニング。今回は今年の夏にチアガールを結成した60歳を迎えた女性たちを特集する。

輝け 還暦チアガール〜愛媛 松山〜 (バラエティ/情報)
05:17~

愛媛・松山市には去年活動を始めた還暦のチアガールがいる。還暦を祝って集まった同窓会で意気投合し、高校時代を思い出して再びチームを結成した。彼女たちは昭和44年の松山商業vs三沢の決勝試合を応援していた。今年の夏、甲子園で母校をもう一度応援したいと大きな目標を立てた。

高校時代、人一倍応援の練習に打ち込んでいた豊島恵美子さんは夫と2人暮らし。豊島さんのかけがえのない想い出が43年前の甲子園。その時の応援に使ったバトンは今も大事に持っている。豊島さんは、延長の末の再試合の日が就職試験日と重なり、スタンドに立てなかった悔しい過去がある。

還暦チアガールの母校・愛媛県立松山商業高校は高校野球の名門。母校を応援したいという彼女たちの思いを学校は快く受け入れてくれた。合同の応援練習も始まり、還暦チアガールたちは”夏祭り”の曲に合わせて踊ることを目標にした。しかし、なかなか体がついていかない。

兵庫・川西市で美容室を経営している中岡昌子さんは、なかなかチアガールの練習に参加できない。中岡さんは女手一つで子どもたちを育て、今は一人暮らし。寂しかった中岡さんは、チアガールの誘いは嬉しかった。

甲子園の愛媛大会が開幕し、還暦チアガールたちは松山商業の応援用の揃いTシャツを作っていた。松山商業は3回戦まで勝ち進んでいて、還暦チアガールたちはスタンドで一生懸命応援していた。松山商業は見事勝利し準々決勝進出を決めた。

甲子園まであと3試合となり、還暦チアガールたちは合宿を行なっていた。夜には昔の甲子園の新聞記事などをみて、今回応援に参加した気持ちなどを語り盛り上がっていた。

松山商業の準々決勝の日に、豊島さんはみんなのお陰で本音でメンバーと語り会えたので、今後はみんなとずっと応援を続けたいと話した。松山商業は強豪の高校と対戦で、気持ちを一つに応援したが敗退となった。還暦チアガールたちは来年の夏も集まると決めていた。

兵庫・川西の中岡さんの元にメンバーからこれからは力を抜いて一緒に歩んでいこうという手紙が送られていて、中岡さんは涙を流していた。

キーワード
松山市(愛媛)
甲子園
夏祭り
川西市(兵庫)
愛媛県
川西(兵庫)
  1. 前回の放送
  2. 9月17日 放送
  3. 次回の放送