ダーウィンが来た!生きもの新伝説 選「密着!南極の生きもの大調査」

放送日 2019年8月14日(水) 16:25~16:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:25~

今回の舞台は南極。取材班は日本の南極観測隊の調査に同行させてもらった。南極観測は、気象や地質などいろんな観測があるが、今回密着したのは南極の生き物の調査。生き物たちの調査から知られざる南極の姿が明らかになる。

第1章 密着 南極観測隊 (バラエティ/情報)
16:26~

南極観測隊に同行するために取材班はオーストラリア・パースを訪れた。ここから海上自衛隊の船「しらせ」に乗って南極を目指す。2017年、12月、しらせは隊員を乗せ出港。昭和基地までは約3週間かかるという。嵐を抜けるとザトウクジラやシャチの群れと出会った。出港して2週間、氷山が現れた。その後、知らせは開票エリアに突入し進むこと1週間、ついに昭和基地に到着した。南極は氷の下に陸地があり、その上を分厚い氷が覆っている。氷の暑さは最大で4000mだという。取材班が訪れた12月は真夏で、1日中明るい白夜。観測隊の目的の1つはペンギンの暮らしぶりを調べること。國分亙彦さんは10年以上、南極周辺のペンギンの生態を調べている。取材班らが訪れたエリアには約500羽のアデリーペンギンが生息していた。今はアデリーペンギンの繁殖の季節、親鳥は足とお腹で卵を暖めていた。ヒナの大きさは15cmほどで親鳥と違い全身真っ黒な羽毛に包まれている。アデリーペンギンは夫婦が共同で子育てをする。

子守を交代した親鳥は海へと向かった。ヒナのために食べ物を探しに行くという。ペンギンの行動を探るため、小型のカメラやGPSをペンギンに取り付けた。1週間じっくりと調べたところ、今回は2011年の調査とくらべて移動範囲がとても広く最大で300kmも離れた場所に狩りに出掛けていた事がわかった。例年、びっしり氷に覆われるため海に潜るばしょを探すのも一苦労で獲物を探せる範囲も限られていた。しかしこの年は海の氷が少なくどこからでも自由に出入りが出来たため移動範囲が大きくなった。食べ物を見つけたペンギンはヒナに食べ物を与えた。行動範囲が広くなりたくさんの獲物を取れたためヒナの成長速度が例年の2倍以上だった。この時期、半数ほどの卵やヒナがトウゾクカモメの犠牲になってしまう。ヒナが巣立つまでの1か月、親は必死にヒナを守り続ける。

幻の湖に大潜入!

キーワード
しらせ
海上自衛隊
南極
昭和基地
ザトウクジラ
シャチ
アデリーペンギン
トウゾクカモメ

南極大冒険!お宝探しへGO! (バラエティ/情報)
16:39~

今回、隊員の小林正喜さんにカメラを渡し宝探しの様子を撮影してきてもらった。小林正喜さんらは1か月かけてドームふじを目指す。南極では体力を消耗するので1日5食も食べる。過酷な日々の楽しみは週に1度のお風呂だった。1ヶ月後、1000km離れたドームふじに到着した。お宝はアイスコアという氷で、この氷には数千年から数十万年前の空気や埃が閉じ込められている。それを分析すれば太古の地球の気候を知ることができる。

キーワード
南極
昭和基地

第2章 幻の湖へ大潜入! (普遍情報)
16:43~

夏に氷が溶けた時にだけ現れる幻の湖が昭和基地の周辺に大小100以上もある。この湖を調査しているのが田邊優貴子さんだった。水深5mほどで、底には緑色の絨毯のようなものが広がり、さらに潜るとだんだんと小さな突起のようなものが増えてきた。水深10mほどいくと緑のタケノコのようなものが生えていた。これは「コケボウズ」といい、苔やバクテリアが集まってできたもの。大きさは60cmほどで数万年前からこの湖の中で命をつないできたと考えられている。もともと地球が誕生したころは生き物も草木も存在していなかった。長い時間をかけ今の地球のような生態系へと変わった。どのように森や生きものが進化したのか秘密を握っているかもしれないのがコケボウズだという。なにも居ない環境からどうやって生命が育まれ進化していったのかコケボウズを調べることでその起源に迫れる可能性があるという。

2018年2月、観測隊の活動も終わろうとしていた。調査の最後に國分亙彦さんはペンギンのヒナの様子を見に来た。産毛が抜け落ちて大人の羽根に生え変わろうとしていた。この大きさになると天敵のトウゾクカモメも手は出せなくなる。独り立ちをしたヒナは集団を作り暮らしていく。その頃、白夜も終わり南極に久しぶりの夜が訪れた。すると空にはオーロラが現れた。昭和基地周辺はオーロラが現れやすい場所だった。

キーワード
南極
昭和基地
トウゾクカモメ
アデリーペンギン

エンディング (その他)
16:52~

イラスト大募集!のお知らせ。

ダーウィンが来た!生きもの新伝説の番組宣伝。

キーワード
ホームページ

番組宣伝 (バラエティ/情報)
16:53~

声優×怪談の番組宣伝。

働くあなたにキクツボ!の番組宣伝。

2人の♯の番組宣伝。

みつかるEテレ。

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館には5万人以上の被爆体験記が収められている。NHK長崎放送局では記憶を風化させないよう 9年前から体験記をラジオの朗読で紹介している。番組では実際に取材し思いを汲んでいく。

キーワード
Eテレ
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
片平和宏
NHK長崎放送局
ナガサキ 被爆の記憶
  1. 前回の放送
  2. 8月14日 放送
  3. 次回の放送