ダーウィンが来た!生きもの新伝説 今年の主役“サル”大特集!

放送日 2016年1月10日(日) 19:30~20:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今日は今年の主役サルを大特集。犬猿の仲という言葉もあるがエチオピアのゲラダヒヒが犬の仲間、エチオピアンウルフと仲良く過ごしているという。さらに高崎山からはニホンザルの物語を紹介。

キーワード
ゲラダヒヒ
エチオピアンウルフ
ニホンザル
エチオピア
犬猿の仲

今年の主役!サル大特集 (バラエティ/情報)
19:32~

中山アナウンサーが犬と仲良くするサルの秘密を探るためエチオピア・アディズアベバから標高3000mを超えるグワッサ地域保護区にやってきた。この場所でゲラダヒヒとエチオピアンウルフが犬猿の仲を解消し仲良く過ごすという。博士の案内でヒヒの群れを発見。さらに中山アナはウルフも発見。ウルフはネズミ専門のハンターで、1日に10匹のネズミを捕まえるという。普段別々に暮らす動物だがウルフの方からヒヒに近づいてくるという。

ヒヒの群れを観察しながら待つこと3日、ついにヒヒの群れのそばにウルフが姿を現した。ウルフは30分程ヒヒの群れの中を歩きまわり去って行き、こうして犬猿の仲解消の瞬間をカメラがとらえることが出来た。ネズミは、草食のヒヒをあまり警戒しないため、ウルフはヒヒの陰に隠れてネズミを捕まえることで狩りの確立がアップするという。ザラレム博士は、ウルフがネズミを食べることでヒヒの食べる草が多く残り、ヒヒにもメリットがあると話した。

キーワード
アディズアベバ(エチオピア)
グワッサ地域保護区(エチオピア)
ゲラダヒヒ
エチオピアンウルフ

仰天!世界の個性派ザル (バラエティ/情報)
19:41~

世界のユニークなサルを紹介。石を道具に利用するブラジルのフサオマキザル、トゲげだらけの木の上で暮らすマダガスカルのベロージファカ、人間の髪の毛を加え引っ張り髪の毛を歯の隙間に入れ動かし食べかすを取り除くタイのカニクイザルなどを紹介した。

キーワード
ブラジル
マダガスカル
タイ
フサオマキザル
ベロージファカ
カニクイザル

今年の主役!サル大特集 (バラエティ/情報)
19:44~

大分県高崎山には約1500匹のサルが暮らしている。麓では餌付けを行っており誰でも野生のサルを観察できる。カラオケと名付けられた若いメスのサルが生まれて2日で育児放棄された子どもを拾い上げ自分の子どもと共に育て始め注目を集めた。ニホンザルは1度に1匹の子どもしか育てる習慣がなく、殆どの場合他のサルの子どもはうまく育てられないという。そんな心配をよそにカラオケは2匹の子どもを立派に育てている。

10月、朝7時山の中腹で夜を明かした群れが移動を始めた。カラオケもお腹に子どもサル2匹を抱え歩き出した。移動中子どもたちは勝手にどこかに行ってしまうことがあり、子どもを待ちながら進むためカラオケは群れから遅れてしまった。お昼すぎ、さつまいもの餌付けを目当てに山からサルたちが次々に降りてきた。カラオケはこの芋取りの名人で取った芋は横取りされないよう大急ぎで口に運んだ。

カラオケは2匹を別け隔てなく育てているためどちらが拾われた子かは分からないが、1匹は活発で好奇心旺盛なサルでイチロー。もう1匹は引っ込み思案でジローと呼ぶことにした。夕暮れが近づきそろそろ山に帰る時間だが、イチローが帰って来ていなかった。そうしている間にカラオケがサルたちからのいじめの標的となってしまった。そこで群れのナンバー2のマクレーンに助けを求め危機を逃れた。カラオケとマクレーンは元々大の仲良しでこうした手助けがあり2匹の子どもを無事に育てることが出来ている。

11月、イチローもジローも自分の足で歩くことが増えてきた。ある日のこと2匹はカラオケから離れ一緒に遊んでいたがイチローが別の場所に行ってしまった。すると1匹で遊んでいたジローが突然他のサルに突き飛ばされてしまい1匹でいるのが心細くなったのか、突然鳴き始めた。するとイチローとカラオケがジローの元へやって来て心配そうにジローを抱きかかえた。そんなある日のこと、カラオケが蹲り群れの仲間が毛繕いを始めた時のこと。なんとイチローとジローもカラオケの毛繕いを手伝っていた。

キーワード
カラオケ
イチロー
ジロー
マクレーン
大分県
高崎山

エンディング (その他)
19:57~

次回予告。

もう一度見たい名場面を大募集している。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月10日 放送
  3. 次回の放送