ダーウィンが来た!生きもの新伝説 驚き!これがコアラだ 走る・泳ぐ・戦う!

放送日 2012年9月23日(日) 19:30~19:58
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今日は、みんなの人気者コアラを特集する。走る、泳ぐ、闘う、野生のコアラを紹介する。

キーワード
コアラ

第1章 町に暮らすコアラ (バラエティ/情報)
19:30~

オーストラリア・ブリスベンの住宅地では、道路を歩く野生のコアラの姿がみられる。以前は森だった街には、少なくなった森に残るコアラが街に来る。さらにコアラはごく限られたユーカリしか食べず、木のぼりが得意で、お腹に袋をもつ有袋類(写真:埼玉県こども動物自然公園)などコアラの生態について紹介した。

コアラがいつも寝ているのは、ユーカリの毒を分解するのに時間がかかるため、元のエネルギー消費を抑えるために普段は休んでいる。しかし、7月の恋の季節にはオスがメスの縄張りを訪れて求愛をする。その時に、新天地を求めてやってくる若いオスと戦いになることがあるという。他人の縄張りに入り込んでしまった若いオスは、一番強いオスとダミ声で応戦したが、負けて引き下がってしまった。さらに夜には木に登ってきた若いオスと一番強いオスがケンカをした。

コアラが「バカァ」と喋ったように聞こえるのは、威嚇の声だという。コアラは鳴き声でお互いの意思を確認することがあると、コアラの色んな鳴き声を紹介した。

第2章は、若いコアラの縄張り探しの旅を紹介する。

コアラのかわいさはどこあるのか、動物園にきている人に聞いた。ふわふわで丸みを帯びたところが可愛いという声が多くあったが、丸い顔は繊維質の多いユーカリをたくさん噛むためで、体が丸いのは消化するための長い腸を持っているからだと説明した。また、頭と体の比率が1:2で、赤ちゃんの比率と同じために可愛く見えるという研究家もいる。

キーワード
ブリスベン(オーストラリア)
コアラ
ユーカリ

第2章 さすらいの若コアラ (バラエティ/情報)
19:44~

オーストラリア・ブリスベンに住むコアラの親子は、こどもが袋から出ていた。こどもは、袋から出ても半年ほどはお乳をもらい、ユーカリの柔らかい部分を選んで食べる。ブリスベンの周辺は都市化が進んでおり、コアラは森を追われている。若いコアラは新たな場所を見つけられず、住宅街を放浪し続けることになる。縄張りを持てない若いオスは、住宅の飼い犬や車によって死亡する例も多く、オーストラリア全土で絶滅の危機に瀕している。若いオスは、縄張りを探して滅多にしない泳ぎで川を渡って、新しい土地を探した。

キーワード
ブリスベン(オーストラリア)
コアラ
ユーカリ

ダーウィンNEWS (バラエティ/情報)
19:50~

ダンゴムシが自由研究の題材として子どもたちに大人気となっている。山本花さんは、ダンゴムシの歩き方を研究テーマにして足の動き方を詳しく見るための装置を作った。浅井勇馬くんは、竹ひごの上でダンゴムシをすれ違わせて、その違いを調べていた。勇馬くんは、オスがメスに道を譲ることが多く、求愛のためではないかと推測した。また、ダーウィンが来た!では、ダンゴムシを取材していると番組宣伝をした。

キーワード
ダンゴムシ

第3章 町のコアラ たくましく育て (バラエティ/情報)
19:52~

オーストラリアの親子コアラは、母親がこどもを背負ってユーカリの若葉や新芽を求めて歩いていた。こどもは1歳になり、まもなく独り立ちを迎える。また、街をさまよう若いオスは縄張りとパートナーのメスを探して4ヶ月間、放浪していた。一番強いオスの元へ向かった若いオスは、取っ組み合いの喧嘩を始めた。若いオスは、一番強いオスに勝って縄張りを手に入れた。

親子コアラの暮らす住宅街では、母親と変わらない大きさになったこどものコアラが母親に促されて独り立ちを迎えていた。こどものコアラは母親から離れて、1年ほどは母親の縄張りで暮らす。

キーワード
オーストラリア
コアラ
ユーカリ

エンディング (その他)
19:57~

ダーウィンが来た!生きもの新伝説の次回の番組宣伝。

ダンゴムシのオモシロ情報の募集と番組ホームページの紹介、番組宣伝をした。

キーワード
ダーウィンが来た!番組ホームページ
ダンゴムシ
  1. 前回の放送
  2. 9月23日 放送
  3. 次回の放送