プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督・細田守

『プロフェッショナル 仕事の流儀』(-しごとのりゅうぎ)は、2006年1月10日に放送が開始されたNHK総合テレビジョンの情報・ドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年9月12日(土) 15:05~15:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:05~

今回はアニメーション映画監督・細田守に密着。「サマーウォーズ」や「おおかみこどもの雨と雪」を送り出し、フランス大手映画会社も絶賛した。

キーワード
サマーウォーズ
おおかみこどもの雨と雪
バケモノの子

希望を灯す、魂の映画 (バラエティ/情報)
15:08~

2014年6月、細田守監督はアパートに缶詰になりながらバケモノの子の絵コンテを描いていた。スタッフに気を遣いながら散歩をする細田守監督が脚光を浴びたのは38歳の時だった。映画「サマーウォーズ」で23の映画賞を受賞し、「サマーウォーズ」で興行収入16億円、「おおかみこどもの雨と雪」で興行収入42億円を記録した。

心に闇を抱えた九太が希望を見つけるきっかけになる重要なシーンで悩む監督は、脚本で図書館そばの小さな公園で設定していた場所を駐車場に変えてみた。一見そぐわない場所だが監督の筆は進み徹夜を経て時刻は7時14分になっていた。

細田作品の代名詞は魅力的なキャラクターのヒロイン達。細田守監督は楓のイメージを探しに渋谷にロケハンに出掛けた。楓がいそうな場所の手がかりを探し、取材を元にキャラクター像を描いた。キャラクター像が出来ると絵コンテで表情などを決めていく。細田監督は「絵って自由だっていうイメージがあるもんね。でも俺そうじゃないと思ってんだよね。正解に支配されてるわけ。答えは一個なんだっていうそれを目指してそれに向かって作ってくっていう。だから何でも好きなようにやっていいわけじゃないんですよ」と話した。

暗がりから作品を生み出す細田、映画には“あるもの”が必ず登場する。夏の入道雲は雄大な姿に“成長を重ねている。細田監督は「入道雲がこうあるとさ空がダイナミックだよね。だからなんか夏場に人間は成長するんだと思うんで夏の暑い中で人間一皮むける何か重要な1日とかさ重要な体験ってのはあると思うんでそれと入道雲ってすごくセットになってるような気がしますよね」と話した。

久しぶりの休暇で家族と過ごしていた細田守監督はスタジオジブリの就職試験に落ちた時に宮崎駿監督から貰った励ましの手紙を見せてくれた。細田監督は母親に大切に育ててもらったが言語障害があり小学校の低学年の時から特殊学級に行っていた。そんな時、母が映画「ルパン三世 カリオストロの城」を見せてくれた。その時、細田監督の夢が決まった。大学卒業後、スタジオジブリを受験するも不合格。それでも夢を諦めきれず別のアニメーション会社に入社した。9年間の下積みの末、監督として手掛けた短編映画「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」が話題になり期待の新星となった。

細田守監督はスタジオジブリから「ハウルの動く城」を任された。ジブリに出向し絵コンテに着手したが、難解な物語である「ハウルの動く城」に悩んだ。当時、誰にも相談しなかったという自身について細田は安いプライドだったと振り返った。8ヶ月後、コンテはついに行き詰まり担当プロデューサーから「細田君、これもう無理だね」と言われた。元いた会社で映画の企画を出し続けるも1本たりとも通らず「細田は終わった」と業界で囁かれた。さらに、夢を後押ししてくれた母・廣子さんが病に倒れ故郷に帰って母の介護するか悩んだ。しかし夢を諦めきれず通る事のない企画を出し続けた。

鳴かず飛ばずの状態が3年続いたある日、細田のアニメ作品を見た丸山正雄さんが長編映画の仕事を持ってきた。細田は14年務めた会社を辞め退路を断って裸一貫で映画に臨んだ。壁にぶつかれば周囲に相談しどんな事をしてでもこの映画を完成させると監督としての覚悟が細田を突き動かした。ドジな主人公が失敗を繰り返しながらも成長していく物語を完成させた。口コミで評判が広がり異例の大ヒットとなった。その後も細田は親戚の不仲や自らの苦しい経験を作品にぶつけていった。

2014年8月末、細田守が監督するアニメ映画「バケモノの子」の製作は、佳境を迎えていた。細田監督は、絵コンテなどに細かくチェックを入れた。

細田守監督が、アニメ映画「バケモノの子」のストーリーの変更について、スタッフと会議を行った。映画「バケモノの子」のテーマは親子だが、細田守にとって父親との関係は希薄だったという。

4月、アニメ映画「バケモノの子」のアフレコが始まり、宮崎あおいら声優陣が、細田監督と対面した。アフレコに参加した細田監督は声優たちに、セリフにこめられた意味について説明した。

アニメ映画「バケモノの子」の公開初日、細田監督らが舞台挨拶を行った。バケモノの子を見た観客の、感想を紹介。細田監督が、映画を作ることの真理を見極めたいと語った。

キーワード
バケモノの子
時をかける少女
サマーウォーズ
おおかみこどもの雨と雪
デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!
宮崎駿監督
スタジオジブリ
ルパン三世 カリオストロの城
ハウルの動く城
丸山正雄さん

エンディング (その他)
15:51~

エンディング映像。

主題歌「progress」スガシカオ

番組ツイッターと番組ホームページの告知。

プロフェッショナル 仕事の流儀の番組宣伝。

キーワード
Progress
スガシカオ
番組ホームページ
番組Twitter

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月12日 放送
  3. 次回の放送