ぐるっと関西 おひるまえ おひるまえ ▽ひと坪農園 秋の味覚大収穫!

放送日 2018年11月20日(火) 11:30~11:54
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

サブローらが挨拶。食卓の上にあるものについて、河島は「梅干し」「ご飯食べなくても絶対にあるし、半分ずつ食べる」と話した。

今日のラッキーベルは青色だった。

オープニング映像。

キーワード
兵庫県

ぐるっと関西 (バラエティ/情報)
11:31~

今日もBKプラザスタジオから生放送。観客席には、タイやネパール、クック諸島からの外国人が多くいた。

奈良県柳生市では、柳生新陰流などで有名な柳生市ゆかりの地として知られている。そんな柳生地区にある芳徳寺では紅葉が色づいている。住職の橋本さんは新陰流を、境内にある道場で教えている。さっそく新口も挑戦すると、あっさり交わされた。体験には予約が必要。

滋賀県東近江市の永源寺から楓の紅葉をお届け。境内にはおよそ3000本の楓の木があり、現在紅葉が見頃を迎えている。今月30日まではライトアップも行なっているので、ぜひ行ってみては?

和ろうそくは室町時代から作られるようになった。伝統のともし火を守る”和ろうそく”の職人さんに密着した。

和ろうそくは、最近はレトロなインテリアとして注目を集めている。松本恭和さんは、西宮市にある兵庫県内唯一の和ろうそく工房の4代目。古くからこだわる製法で和ろうそくを作り続けている。和ろうそくのロウは、ハゼの実を絞ったもので、肌にもよいという。洋ろうそくとくらべると、炎の出方が全く異なっている。秘密は構造にあり、手作りの和ろうそくは断面が年輪のようになっている。空気を多く含んでいるので、燃えるたびに炎が大きく揺らぐという。

和ろうそくは神社やお寺といった伝統的な場所はもちろん、最近では保育園の絵本の読み聞かせやヨガ教室などでも取り入れられている。

キーワード
ネパール
タイ
クック諸島
奈良局
芳徳寺
奈良市(奈良)
奈良県
柳生市(奈良)
大津局
永源寺
神戸局
永源寺ライトアップ
ポートタワー
大津(滋賀)
東近江市(滋賀)
西宮市(兵庫)
ハゼ

ひるコレ (バラエティ/情報)
11:42~

形は不揃いなものもあるが、今回はしっかり収穫することができた。河島さんは焼き芋をするつもりだったが、畑さんが「サツマイモは二週間以上保存することで、デンプンが糖に変わって甘くなるので、掘りたてを食べるのはもったいないんです」と言った。「じゃあ今日はキウイパーティということで・・・」というと、これについても畑さんは「残念ながらキウイも1~2週間置いて成熟させます」と言った。サツマイモは室内でダンボールに入れておく。キウイはりんごと一緒に袋に入れて成熟させる。

きょうは手づくりひと坪ファーム。河島がファームにお邪魔した。

11月6日、メキャベツ、下仁田ネギなどが豊作で、きょうは安納芋、パープルスイートロード、鳴門金時の収穫を行う。収穫前にツルを刈り取り、引き抜いていく。ショウガも収穫し、コールラビの収穫、水菜の間引きを体験した。5年かかったキウイもようやく収穫した。

スタジオに鳴門金時・パープルスイートロード・安納芋の焼き芋が用意されている。河島さんが手に取ると「もう蜜が出てますよ」と言った。サブローさんは「甘い!蜜がいっぱい!スイーツですね」などと感想を言った。生姜ご飯やコールラビ、キウイなどを使った定食も用意された。

「きょうの内容は番組ホームページに掲載」と表示。

全体に発酵油かすとバーク堆肥をまく。下仁田ネギは白い部分を増やすため、少しずつ土を足す。

キーワード
サツマイモ
キウイ
りんご
メキャベツ
下仁田ネギ
安納芋
パープルスイートロード
鳴門金時
ショウガ
コールラビ
水菜
手づくりひと坪ファーム

知っ得NHK (その他)
11:53~

「ルソンの壺」の番組宣伝。

エンディング (その他)
11:53~

サブローさんは「今日はいっぱい食べたわ。もっといっぱい食べたかった」とコメントした。

  1. 前回の放送
  2. 11月20日 放送
  3. 次回の放送