ぐるっと関西 おひるまえ 2016年3月8日放送回

放送日 2016年3月8日(火) 11:30~12:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

出演者らが挨拶。サブローさんらが「暖かくなってきましたね。まだ春分の日じゃないんですけど僕の中では春ですね。去年からやっているライブも無事に終わりましてたくさんのお客さんに入っていただきました。さんまさん、阪神・巨人さんが来てくれて豪華な最終日でした。ありがとうございました。」などと言った。

ぐるかんラッキーベル。柴崎尚美さんは緑色を選んだ。

オープニング映像。

キーワード
さんまさん
阪神・巨人さん
春分の日
ぐるかんラッキーベル

ぐるかん (バラエティ/情報)
11:31~

奈良市の現在の様子を伝えた。椿を栽培する農家を紹介する。大和郡山市の郊外にある椿寿庵。個人宅だが50年ほど前から愛好家に公開している。お水取りが行われているこの時期の奈良にピッタリなのが「のりこぼし」。東大寺の開山堂の中に咲いている花で、奈良の三銘椿の一つ。後2つ、白毫寺の「五色椿」と伝香寺の「武士椿」も揃って見ることができる。葉が金魚のしっぽのような「金魚葉椿」もある。他にも世界の珍しい品種など約1000種6000株を栽培。見頃は今月いっぱい。椿寿庵への入場は無料。

現在の草津市の様子を伝えた。先ほどまで出ていた濃霧注意報が解除になったと言った。草津市にある水生植物公園みずの森の広場には8種類約1000本のチューリップが植えられている。このチューリップは人工的に球根を凍らせて開花時期を調整していることから“アイスチューリップ”と呼ばれる。マイナス2℃の冷凍庫で約1ヵ月保管した後、再び土の中に戻すことで一足早く春が来たと感じて花を咲かせる。花は先月下旬から咲き始め、今見頃を迎えている。今月10日頃まで楽しめる。

神戸市から鍵盤ハーモニカの話題を紹介。Tommy張さんは数少ないプロの鍵盤ハーモニカ奏者。神戸をベースにアメリカやヨーロッパまで、国内外で活躍。操る鍵盤は小学校の子ども達と同じ物。演奏テクニックは独学。巧みな指使いや息遣いで音に表情を付けている。20代、ピアノやトランペットのジャズ演奏家として活躍していたTommyさんを阪神・淡路大震災が襲った。神戸の自宅も倒壊と火事に遭い、避難生活を余儀なくされ、音楽活動も停止。転機が訪れたのは地震発生から半年後。がれきの中で目に留まった1台の鍵盤ハーモニカ。Tommyさんは「音が出た瞬間に、それまで白黒のような画面だったのが一気にカラーになったような気がした。もう一度音楽家として演奏する機会が持てたらこの楽器を演奏していこうと思った」と語る。自身の経験からTommyさんがライフワークにしているのが鍵盤ハーモニカのリサイクル。グループで活動し、小学校などから不要なものを集め、必要としている人達に贈っている。譲り受けたものは家に持ち帰り、クリーニングや調律をして整備。最近は木製の枠を自作し、味わいのある楽器に仕立て直している。東日本大震災で楽器を失った学校にも贈り続けている。これまでに400台、現地でコンサートを開いたり講習したりして楽器の魅力を伝えている。震災のショックから立ち直るきっかけを与えてくれた鍵盤ハーモニカの音色。興を遂げる被災地・神戸から間もなく震災から5年となる東北へエールと鎮魂の思いを込めて曲作りに取り組んだ。Tommyさんは「さみしさとかつらい思いとか一瞬でも和らいでくれたら嬉しい」と話す。

鍵盤ハーモニカについてスタジオトーク。サブローが鼓笛隊で吹いていたと言った。木枠の鍵盤ハーモニカを持って「木っていいね。けっこう重たい」などと言った。取材時には完成していなかった東北へのオリジナル曲「Voice of the earth(地球の声)」を紹介。11日から3ヵ所の会場で東北に行って披露するとともに、鍵盤ハーモニカを子ども達に届ける。

キーワード
万葉集
お水取り
奈良の三銘椿
奈良市(奈良)
大和郡山(奈良)
椿
のりこぼし
五色椿
武士椿
金魚葉椿
濃霧注意報
アイスチューリップ
草津市(滋賀)
震災
鍵盤ハーモニカ
東日本大震災
ピアニカ
神戸市(兵庫)
アメリカ
NHK
Voice of the earth(地球の声)

ぐるっと関西 おひるまえ (バラエティ/情報)
11:42~

今年1月、85歳で亡くなった落語家の三代目桂春團治さん。繊細で華麗な所作、洗練された話芸、上方落語界の大御所の1人だった。きょうは筆頭弟子桂福團治さんをゲストに招き、春團治さんを偲ぶ。最後に師匠に会ったのは亡くなる2日前の1月7日だった。晩年は会話できず、福團治さんが話しをして、春團治さんは目で答えるという状態。帰り際に耳元で「ありがとう」と染み入るような声で囁かれ、その最後の声が今も骨の髄まで染み込んでいるそうだ。それがお別れの言葉となった。

太平サブローは桂春團治が隣に座ってお酒を注いでもらったことがあると話し、桂福團治はそれはよっぽど気に入られていた、半世紀以上一緒に居て注いでもらったことはない等と話し桂春團治がどんな人だったのかについてトークが展開された。

桂小春団治や志ん朝や弟子が集まって桂春團治を偲ぶ、桂春團治の作品をする。3月31日に行われる等と話し桂春団治の冥福を祈った。

桂福團治さんは高卒で春團治さんに弟子入りした。当時は封建制度、徒弟制度だったそうだ。春團治さんは定規で測ったような形なので、部屋の歩く歩数まで決めていたので、弟子もそれを崩さないように同じ場所を踏むので畳が浮いていたという。たくあんを切るのは弟子の仕事だが、厚みが違ったら破門になるので命がけだったそうだ。落語の方はたくあん以上に厳しかったという。

三代目桂春團治さんの落語「高尾」の映像を紹介。筆頭弟子の桂福團治さんは師匠の落語について絵画のような額からはみ出ない、その額の中にという落語だと語った。羽織を脱ぐ姿1つにしても自分の美学を徹底して貫き通した人だと語った。

キーワード
桂春團治
桂春團治さん
桂小春団治さん
志ん朝さん
高尾
NHK上方落語の会

知っ得NHK (バラエティ/情報)
11:53~

4月から大阪で始まる展覧会「生命大躍進」関連イベントが3月26日、27日に行われる。イベントでは恐竜よりも昔の時代に生きていたというディメトロドンの模型を作るワークショップも行われている。1回目は午前10時~2回目は午後2時~グランフロント大阪で行われる。参加費は無料。参加対象は小学生とその保護者。申し込みはNHKネットクラブ専用申込みフォームから。締め切りは3月10日。問い合わせはNHK大阪放送局まで。

キーワード
生命大躍進
ディメトロドンを作ろう!模型製作ワークショップ
大阪府

気象情報 (ニュース)
11:54~

LIVE大阪を背景にコーナーオープニング。全国の天気予報・週間予報を伝えた。

現在の大阪の映像を背景に空模様を伝えた。現在、波浪注意報が三重県沿岸部、濃霧注意報が福井県に出ている。近畿地方の天気予報・週間予報を伝えた。

キーワード
大阪府
波浪注意報

エンディング (その他)
11:59~

あすのぐるかんはNHK大阪児童劇団”春公演”「Maria」の楽しみ方。

みなさまからのご意見、情報お待ちしています。メール・FAXがテロップ表示。

エンディングトーク。太平サブローは「花粉で意味もなく鼻が出て、車見たら白いし、どないかならんかなぁ?」と話した。

キーワード
NHK大阪児童劇団
NHK大阪児童劇団春公演「Maria」
メール
  1. 前回の放送
  2. 3月8日 放送
  3. 次回の放送