先どり きょうの健康 「漢方薬で症状改善!ほかの薬とどこが違う?」

放送日 2019年6月15日(土) 4:15~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:15~

今回のテーマは漢方薬で症状改善!富山大学の柴原直利教授に話を伺う。

キーワード
漢方薬
富山大学
柴原直利

先どり きょうの健康 (バラエティ/情報)
04:16~

漢方薬が役立つケースには、症状があるのに西洋医学では「異常なし」「原因不明」とされてしまう時、秒面を診断されたが有効な西洋薬がない時、などが挙げられる。漢方薬による治療を希望する場合は日本東洋医学会ホームページまで。 東洋医学では生活習慣病の予備軍など、病気の前段階を未病と呼び、治療の対象にしている。

「きょうの健康」の番組宣伝。

自分にあった漢方薬を処方してもらうには医師の診断が必要。西洋医学では心を体を分け、病気の原因を探し、部位を絞って治療する。東洋医学では心と体を1つを考え、漢方薬で心身を整える。そのため、患者の体質と心身の異常を把握する。

「きょうの健康」の番組宣伝。

ホームページ「NHK健康チャンネル」では質問を募集します。健康診断について病気・健康Q&Aコーナーからお送りください。

そこで実際にどんな診断をするのか再現した。特に重視されるのが舌の状態で、脈、腹診も大事な情報である。漢方薬は2週間ほど服用して様子を見て、変化がない、体調が悪い場合は処方を変える。

今回のテーマは漢方薬で症状改善!富山大学の柴原直利教授に話を伺う。漢方薬は病名ではなく患者の体質や症状に合わせて選べる。西洋薬は人工的に合成された化学物質で1つの効能成分で、複数の症状に複数の薬を使う。一方、漢方薬は、杏仁、蝉退など、様々な生薬からできており、複数の症状に1つの薬を使う。

キーワード
日本東洋医学会ホームページ
未病
漢方薬
生活習慣病
肥満
肩こり
便秘
瘀血
水滞
NHK健康チャンネル
富山大学
柴原直利
人参
生姜
大棗
杏仁
甘草
桂皮
茯苓
牡蛎
蝉退
石膏
滑石

エンディング (その他)
04:29~

「きょうの健康 テキスト」の告知。

「きょうの健康」の番組宣伝。

エンディング。

キーワード
きょうの健康 テキスト
電子版
  1. 前回の放送
  2. 6月15日 放送
  3. 次回の放送