先どり きょうの健康 減らせ塩分!山梨公開スペシャル 塩分とりすぎなぜ悪い

放送日 2013年11月23日(土) 4:15~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:15~

きょうの健康の番組宣伝テロップ。

今回は、山梨大学医学部の大講義室から山梨県の皆さんと一緒にお伝え。テーマは「減らせ!塩分 塩分とりすぎなぜ悪い?」。ドクターは山形大学大学院の教授・山縣然太朗さんと、国立病院機構九州医療センター科長の土橋卓也さん。

キーワード
山梨大学
山梨県
九州医療センター

減らせ塩分!山梨公開スペシャル 塩分とりすぎなぜ悪い (バラエティ/情報)
04:16~

1日あたりの塩分摂取量について、男性の場合だと9.0g未満が目標、全国平均は11.8g、山梨県は13.3g。女性の場合だと7.5g未満が目標、全国平均は10.1g、山梨県は11.2g。山梨県の男女は塩分摂取量が共に1位だった。原因について山縣さんは、山梨県にある古くからの習慣が関係しているかもしれないと述べた。

きょうの健康の番組宣伝テロップ。

山梨県山梨市にある温泉宿で開かれていたのは“無尽”という集まり。無尽とは、仲間同士で毎月決まった日に集まり交流を深めるという山梨県の伝統的な習慣。テーブルには郷土料理のほうとうや煮魚など、しっかり味のついた味が多い。更に、それぞれ複数の無尽に参加している人が多いのだという。

“無尽”と健康との関係を比較。1年後元気でいる可能性が高いのは、無尽を“やや楽しみ”だと思っている人で6.7倍。次に多いのは“とても楽しみ”だと思っている人で4.3倍。“楽しみでない”と思っている人は1.0倍と少なかった。山梨県は健康寿命が日本でトップクラス、無尽はその要因とも言われている。しかし、山梨学院大学の古閑美奈子さんによると、「野菜・魚介類の摂取量が多いと塩分量も多いという相関関係が見られる」という。

きょうの健康の番組宣伝テロップ。

塩分をとりすぎると、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳出血など様々な病気のリスクが高くなる。更に、腎臓へのダメージも多く腎臓病、胃がん、尿路結石、骨粗しょう症のリスクも高い。

大事なことは「自分がとっている塩分量を知る」ことだと土橋さんは述べた。

NHK健康ホームページのURLがテロップ表示。

キーワード
塩分
山梨県
山梨市(山梨)
無尽
ほうとう
古閑美奈子
NHK健康ホームページ
高血圧
動脈硬化
心筋梗塞
脳出血
腎臓病
胃がん
尿路結石
骨粗しょう症

エンディング (その他)
04:29~

きょうの健康の次回予告。

放送内容が掲載されている「きょうの健康」テキストの告知。書店にない場合はNHK出版0570-000-321まで。電子版は、NHKテキスト電子版のホームページにて。

キーワード
きょうの健康
NHKテキスト電子版
  1. 前回の放送
  2. 11月23日 放送
  3. 次回の放送