スタジオパークからこんにちは 檀ふみ

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年1月9日(金) 13:05~13:51
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

「スタジオ観覧をご希望の方は番組ホームページから」のテロップ。

テーマ曲:HIRUKAZE/NAOTO

大河ドラマ「花燃ゆ」に出演中の檀ふみをゲストに迎えた。着物姿で登場したが、きょうは檀の思い入れのある着物も紹介するという。

キーワード
番組ホームページ
HIRUKAZE
NAOTO

ゲスト 檀ふみ (バラエティ/情報)
13:06~

檀ふみは現在出演中の「花燃ゆ」でも着物姿で演じているが、きょうはワードローブから私物の着物を披露した。ひとつは大島紬で、檀の父が母に贈ったというが贈った理由として「母は”浮気の申し訳では”と言っていた」と話した。帯は沖縄の紅型。檀は、手に入れた思い出、着た時の思い出、誰かに譲った時の思い出が作られていれば着物は最高に素敵なものになると教わったという。もう1着は、まだ着たことがないが亡くなった宮尾登美子氏から譲られたものだという。

大河ドラマ「花燃ゆ」の番組宣伝テロップ。

檀ふみが出演中の大河ドラマ「花燃ゆ」についてトーク。主人公・杉文の母である杉滝を演じているが、「おおらかな人」「あの時代に貧しい中で、毎日風呂を炊いていた」などと話した。また「家族でいる時が本当に楽しい」とし、奥田瑛二が子どもをあやしたエピソードなどを披露した。久しぶりの共演となる井上真央については「立派な女優さんになっていた」と話した。

檀ふみについての井上真央へのインタビューを紹介。井上は「”年寄りは無理だわ””眠くなってきた”と漏らす檀さんをよく見かける」「いるだけでみんなが癒やされるムードメーカー。塾生のみんなも”かわいい”と話している」などとした。檀は、井上が今日が誕生日できのうもみんなで祝ったと話した。

20年前、井上真央と檀ふみが共演したドラマ「蔵」の映像を紹介した。

「蔵」の撮影のとき、井上真央が檀ふみにしてしまったことは?という3択クイズが出題。視聴者から「滝さんの”せわない”はほっこりした気持ちになる」「檀さんの出演する作品は逃さず見ています、いつもは見ない大河ドラマもしっかり見ます」などといったメッセージを紹介した。正解は「歯型がつくくらいかんだ」。井上は、檀に”勉強は大事”と教わり学業優先にして大学を卒業したという。

大河ドラマ「花燃ゆ」の番組宣伝。

檀ふみがもう一度見たいNHKの番組は?という3択クイズが出題。視聴者から「檀さんといえば私達は”連想ゲーム”を見ていた、すてきに歳をとってください」などと話した。正解は「次郎物語」。主人公を務めた池田秀一は、現在「花燃ゆ」で語りをしている。

檀ふみは、母が高齢になったこともあり、十数年前から長時間拘束される仕事は断るようにしてきた。また家では母の食事を作る担当をしているが彩りに気を使うなどしており、「簡単な事をどんどん複雑にしていく癖がある」と話した。また5年日記をつけているが、母が心を乱したときのエピソードなどを披露した。母は脳梗塞を経験してから、これまで苦手だったスキンシップができるようになったという。

檀ふみに寄せられた視聴者メッセージを紹介。「檀さんの演じる母のあたたかな眼差し、口角をきゅっとあげる微笑みがモナリザのよう」「母は現役で大島紬を織っています、大島紬を紹介して下さりうれしい」などといったメッセージを伝えた。

明日のゲスト 福士誠治

キーワード
花燃ゆ
宮尾登美子さん
次郎物語
池田秀一
福士誠治

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月9日 放送
  3. 次回の放送