スタジオパークからこんにちは 菅野祐悟

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年11月10日(月) 13:05~14:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

「スタジオ観覧をご希望の方は番組ホームページから」テロップが表示された。

テーマ曲:HIRUKAZE/NAOTO

出演者挨拶、秋の褒章で紫綬褒章を受章した高畑淳子を観覧者とともに伊藤雄彦が祝った。今日のゲストは大河ドラマ「軍師官兵衛」の作曲家である菅野祐悟氏、現在数々のドラマ音楽を担当しており今日は生演奏も披露される。

キーワード
番組ホームページ
HIRUKAZE
NAOTO
紫綬褒章
大河ドラマ 軍師官兵衛

ゲスト 菅野祐悟 (バラエティ/情報)
13:07~

菅野祐悟が担当した大河ドラマ「軍師官兵衛」の、テーマ曲収録の模様を紹介。収録は昨年10月、指揮者は学校の先輩でもあったという。菅野は「作曲家は、自分の頭のなかで鳴っている音楽以上のものが実際に音になった時が一番興奮する」などと振り返った。”菅野さんらしく作ってください”とオファーされたが、この曲を聞いたら軍師官兵衛をすぐ思い出してもらえるような”顔”になるものをと考えた。主役の岡田准一や官兵衛の印象からインテリジェンス性にも配慮したという。大河ドラマの担当は子供の頃からの夢で、依頼時には嬉しさと恐怖心が同時にきたと話した。大河ドラマ側は、その時一番の作曲家に依頼したいという思いがあるという。普段は1日3曲作るペースだが、官兵衛のテーマは半年構想したと打ち明けた。

プレッシャーからなかなかテーマ曲が思い浮かばなかったため、締切1か月前から毎日、良くても悪くても必ずメインテーマの候補を作り、30日の中で一番いいものが自分の実力だと考えた。あとは絞った3曲から大河ドラマ側に選んでもらったが、高畑淳子は「聡明で潔い曲」と話した。1歳の子どもがテーマ曲を聞くとどんな時も聞き入る、との視聴者メッセージを紹介した。

「軍師官兵衛」で、テーマ曲とマッチしているという菅野のお気に入りのシーンを、音楽あり・なしの2パターンで紹介。菅野は「官兵衛をかっこ良く見せたかった、また官兵衛の内面を表したかった。このシーンではそれがよく出ていた」「映像にないのは体温やにおい。また1画面でいろいろな感情が入り乱れている、その間の気持などがより伝わるように音楽で支えられたら」などと話した。

菅野は軍師官兵衛のテーマ曲を130曲用意したという。ドラマ制作側から”飯がうまい””おもしろい奴”とざっくりしたイメージの注文を受けたが、菅野は「アバウトな注文のほうが、音楽を作るイメージが限定されないのでやりやすい」と話した。

キーワード
NHK交響楽団
大河ドラマ 軍師官兵衛
岡田准一さん

ニュース (ニュース)
13:26~

日本時間午後1時前から行われた日中首脳会談が、先ほど終わった。習近平国家主席との初めての会談に臨んだ安倍首相は、個別の問題で違いはあっても大局的な観点に立ち、両国の協力関係を発展させたいと伝えたものとされる。安倍首相の会見を北京から中継、安倍氏は「戦略的互恵関係の原点に立ち戻って、関係を改善させていく第一歩となった」「多くの国々の期待に応える関係改善の第一歩」などと述べた。

会談冒頭の映像を紹介。会談では、東シナ海など海上や空での不測事態に備え、海上連絡メカニズムの運用を安倍氏が要求したという。習主席は表情が幾分固い印象で、中国国内での日本への厳しい批判がある世論を気にしてのこととの分析も。一方、安倍首相は温和な表情で、会談中も積極的に自ら声をかけようとしていたという。安倍氏の会見の様子を振り返った。

政治部・徳橋達也は「安倍首相からは温和な表情で話しかける様子が伺えた」などとし、戦略的互恵関係に立ち戻るべきというのを主張し続け自ら会談開催を呼びかけていたとした。一方、習近平国家主席は極めて表情は固かったが、世論や中国共産党内での日本への厳しい意見を意識してのこととみられている。安倍氏の会談直後の会見の様子などを再び振り返った。

キーワード
安倍首相
日中首脳会談
北京(中国)
習近平国家主席

ゲスト 菅野祐悟 (バラエティ/情報)
13:40~

「軍師官兵衛」のテーマ曲を実際に映像と合わせている、映像部・木村充宏さんは「菅野さんの音楽はいくつもの感情を呼び起こしてくれる要素が入っている」などと話した。菅野祐悟は「オーダーが決めすぎてなかったのでやりやすかった」とした。

大河ドラマ「軍師官兵衛」の番組宣伝テロップ。

大河ドラマ「軍師官兵衛」 トーク&コンサートの番組宣伝。

高畑淳子が菅野祐悟のプロフィールを紹介。楽器との出会いは4歳の時、音楽好きだった両親の影響で音楽教室に通い小学校1年で初めて作曲した。高校時代には、自宅にある防音室に知人を呼びミニコンサートを開催。大学卒業後、コンペに手当たり次第応募し100回以上は落ち続けたが2014年にフジテレビのドラマでコンペを勝ち抜き名が広がった。菅野祐悟は「デモテープは1000回くらい送っているかも」と話した。

菅野祐悟が音楽を担当したドラマ・映画を紹介、高畑淳子も主演した「昼顔」なども含まれている。菅野は「作曲家はデビューしてからも大変。印税は1年後に入るので、”きょうから月9作家”と意気込んでも牛丼を買えなかった」と話した。両親には作曲家になりたいと伝えていたが信じてもらえず、大河ドラマのエンドロールで名前が出た際は親戚一同が写メしたという。

3年前から、息抜きにもなっているという絵を描く趣味を始めたという。”譜面を見続けていると音符が飛び回っているように思える”というテーマで描いた作品などを紹介、最近では個展も開いている。

菅野祐悟が、高畑淳子をイメージして書き下ろした曲を演奏した。高畑は「小さい頃のことを思い出した」と感激した。

明日のゲスト ニコライ・バーグマン

菅野祐悟に寄せられた視聴者メッセージを紹介。自分の担当した作品に俳優として出演したいと思ったことは?との質問には「ないですね」と答え、ホラー映画などはこれまで担当したことないのでやってみたいと話した。苦手なものや弱点は?という問いには「あり過ぎてここでは言えない」、お休みの日は?という問いには「絵を描いたりお酒を飲んだり」などと話した。

キーワード
大河ドラマ 軍師官兵衛
昼顔~平日午後3時の恋人たち~
ニコライ・バーグマン

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月10日 放送
  3. 次回の放送