NHKニュース おはよう日本 2018年9月6日放送回

放送日 2018年9月6日(木) 6:00~ 7:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
06:00~

午前3時8分頃、北海道安平町で震度6強。津波の心配はないが、けが人など複数の人的被害の情報が入っている。土砂崩れが広範囲に、数箇所発生している厚真町の上空から中継。多くの家屋が土砂崩れで押しつぶされている様子を映した。また、土砂崩れで道路が完全に塞がれている。札幌駅では始発から全線運転休止。再び厚真町では警察が土砂崩れに埋もれている人がいないか確認している。大規模な停電でテレビやラジオから情報を得られない人もいるという。

北海道道南・道央で再び地震が発生し、緊急地震速報が出された。厚真町では午前3時に発生した地震で既に土砂崩れが発生していて、今後の地震で更に被害が拡大する恐れがあるため警戒が必要だ。先程の地震で揺れが強かった沿岸部では念のため津波に注意が必要になる。今回の最大震度は4で、津波の心配はない。震度4は石狩南部・空知南部・胆振中東部、震度3は石狩北部・石狩中部・渡島東部・後志北部・胆振西武・日高中部・十勝北部・青森下北で観測した。

午前3時8分頃、北海道安平町で震度6強。津波の心配はない。苫小牧市の地震当時の映像を映し、各地の震度を伝えた。震源地は胆振中東部で震源の深さは37キロ、M6.7。気象庁は揺れの強かった地域は家屋の倒壊や土砂災害の危険が高まっているので注意を、などと話した。安平町から中継。厚真町に向かう道路は土砂崩れで、木々が道路を覆っていて通れない状態になっている。昨日の雨で地盤が緩んでいるので注意。

各地でけが人・建物被害が出ている。また、札幌市内をはじめとして広い範囲で交通・ライフラインに大きな影響が出ている。安平町では倒壊した家屋が見られ、転倒した人など3人が搬送された。新千歳空港では空港内の宿泊施設で1人が軽いけがをした。函館市でも62歳の女性と60台男性がケガの情報。厚真町では多くの建物が土砂に押しつぶされており、町内であわせて7棟の住宅が倒壊したと情報が伝えられている。泊原発では3基の原子炉いずれも運転停止中で、停電で外部電源が供給されていない状態だが、非常用ディーゼル発電機6台を起動し、核燃料は安全に冷却出来ているという。モニタリングポストの値も変化なし。

大きな地震が起きると必ずと言っていいほど引き続き地震が発生する。一般的には時間とともに地震の数は減っていくが、最初の2、3日は同じくらい強い地震が起きるため、まだまだ注意と警戒が必要になる。今回の地震は大きいため、震源近くや離れていても地盤が緩いところは激しい揺れを観測している可能性もある。地震が続いている時に住民がするべきことは、危険な場所に近づかないことだ。今回の地震はやや広い範囲で被害が見られる可能性が高く、情報が集まっていないところでも被害が出ている可能性があるため今後十分に注意する必要がある。

キーワード
安平町(北海道)
厚真町(北海道)
函館(北海道)
北見市(北海道)
地震
緊急地震速報
苫小牧市(北海道)
千歳市(北海道)
北区(北海道)
江別市(北海道)
三笠市(北海道)
恵庭市(北海道)
長沼町(北海道)
新ひだか町(北海道)
函館市(北海道)
室蘭市(北海道)
岩見沢市(北海道)
登別市(北海道)
伊達市(北海道)
北広島市(北海道)
石狩市(北海道)
新篠津村(北海道)
南幌町(北海道)
由仁町(北海道)
栗山町(北海道)
白老町(北海道)
むかわ町(北海道)
日高町(北海道)
平取町(北海道)
新冠町(北海道)
青森県
札幌(北海道)
苫小牧(北海道)
室蘭(北海道)
泊原発
中央区(北海道)

関西の気象情報 (ニュース)
06:28~

関西の気象情報:高潮注意報が日本海側の沿岸・濃霧注意報が兵庫県の北部と北播丹波と播磨北西部に出ている。今日の近畿の天気予報と週間天気予報を伝えた。

キーワード
高潮注意報
濃霧注意報
兵庫県

ニュース (ニュース)
06:30~

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。苫小牧市の映像では地震でカメラが揺れが続いた後、街の明かりが消えた。各地の震度は、「震度6強 安平町」 「6弱 千歳市」、「5強 札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市、長沼町、新ひだか町」 「5弱 函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、伊達市、北広島市、石狩市」などとなっている。また5弱以上の揺れが推定されるもののデータの入っていない市町村がある。土砂崩れがあった厚真町は安平町の隣で、より震源に近い地域。むかわ町や日高町などの地域でも詳しいデータは入ってきていない。これらの地区は厚真町に近く震源の周辺に位置していて、震度に関するデータが収集できないままとなっている。このほか、震度4は北海道各地と青森県で観測した。震源地は北海道・胆振地方中東部で震源の深さは37km M6.7と推定されている。この地震について気象庁は会見で「今後2~3日程度は規模の大きな地震が発生することが多くある」などと注意を呼びかけた。また、6時32分ごろ、北海道地方で震度3の地震があった。震源地は石狩南部、胆振地方中東部 震源の深さは40km M3.9と推定されている。

午前5時すぎ、震度6強を観測した安平町は建物の壁が崩れ道路に散乱している。そして、住宅では屋根が落ちていることが確認された。これまでに転倒した人など3人が搬送された。震度5強を観測した苫小牧市では82歳の男性が階段から転落し、病院へ搬送。心肺停止の状態だ。また、6弱を観測した新千歳空港では空港内の宿泊施設で1人が軽いけがをした。5弱を観測した函館市でも60代の男女がけがをしたとの情報がある。また、5弱以上を観測したものの情報が入っていない厚真町では斜面が広範囲に渡って崩れ、多くの建物が土砂で押しつぶされるなど倒壊している。これにより住宅が崩れ、人が巻き込まれたとの情報が入っている。震度2を観測した泊原子力発電所は、3基の原子炉がいずれも運転停止中で停電で外部電源が供給されていない状態になっているが、非常用ディーゼル発電機6台を起動し核燃料は安全に冷却できている状態だという。

北海道電力によると、道内全域約295万戸で停電。火力発電所の停止が原因で、水力発電により電力を提供したいが、復旧の見込みは立っていない。テレビやラジオで情報を得られない人もいるので、知り合いにメールやsnsで伝えて下さい。

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。この地震で厚真町で大規模な土砂崩れが起き、十数世帯の家屋が被害を受けている。また、各地ではけが人などがいると自治体などに相次いで入っている。厚真町の現場は、建物が木や土砂崩れで建物が大きく壊れた。警察などが建物の近くに入り、取り残されていると思われる人の捜索が続いている。札幌駅では地震の影響で始発から全ての列車が運転見合わせとなり、午後も運転再開の目処も立っていない。15分前には余震があり、天井に取り付けられている看板が揺れていたこともあり、利用客は不安な表情を見せる人もいた。

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。各地の震度は、「震度6強 安平町」 「6弱 千歳市」、「5強 札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市」などとなっている。札幌市立病院、札幌医科大学、中村記念病院は停電で外科救急受け入れを停止している。また、札幌市教育委員会は全市立学校320校の臨時休校を決定した。新千歳空港では空港内の宿泊施設内で1人ケガ人がいて、水浸しの場所もあるという。滑走路に被害は確認されていないものの、航空機発着の見込みは立っていない。苫小牧市の82歳男性が家の中で転倒し、心肺停止状態。けが人情報が複数入っており、警察は救助と被害状況の確認を急いでいる。栗山町の92歳女性と由仁町の59歳女性が落ちたものにあたりケガ。由仁町の82歳女性が呼吸困難訴え病院に搬送。いずれも命に別条はない。室蘭市では三菱製鋼の工場から油圧ホースが破裂し引火した。消防車6台が出動し、5時現在ほぼ鎮火したとのこと。

菅官房長官は「北海道で胆振地方中東部で震度6強を観測する地震があった。これまで厚真町で6件以上の家屋倒壊、土砂崩れの発生が4件確認できている。安否不明、建物倒壊、土砂崩れに関する多数の119番通報が寄せられている。原子力施設は異常の状態は入っていない。泊原発は停電により外部電源が供給されていないが発生前から運転停止中で、非常用発電機により1週間は電源供給に問題はない。また、北海道全域で停電が発生。政府は緊急に被害状況の把握を進めている。また、発生直後から自衛隊が待機していたが午前6時、災害派遣要請があり、順次出動する。このほか現地の警察や他地域からも応援部隊が現地に向かっている」と話した。これまで把握できている人的被害について現在は詳細の報告は受けていない。

震度2を観測した泊村にある泊原発では、地震発生時3基の原子炉は運転停止中。停電で外部電源が供給されなかったが、発電機が起動し、核燃料を安全に冷却できているという。重要設備に異常なしだという。停電情報。北海道電力によると、道内全域で約295万戸で停電。復旧の見込みは立っていない。JR北海道によると、停電で北海道新幹線含め全列車の運行が出来ない状況で、復旧のめども立っていない。札幌市営地下鉄も全路線で始発から運行をとりやめ。復旧のめども立っていない。高速道路は道央道や道東道の広い範囲で通行止めになっている。信号が停電でつかない所もあり、自動車の運転には最大の注意を。

厚真町で大規模な土砂崩れが起き、救助活動が続いている。道路が寸断され、孤立している可能性がある。

キーワード
地震
苫小牧市(北海道)
安平町(北海道)
千歳市(北海道)
札幌市北区(北海道)
江別市(北海道)
三笠市(北海道)
恵庭市(北海道)
長沼町(北海道)
新ひだか町(北海道)
函館市(北海道)
室蘭市(北海道)
岩見沢市(北海道)
登別市(北海道)
伊達市(北海道)
北広島市(北海道)
石狩市(北海道)
新篠津村(北海道)
南幌町(北海道)
由仁町(北海道)
栗山町(北海道)
白老町(北海道)
厚真町(北海道)
泊原子力発電所
苫小牧(北海道)
函館(北海道)
中央区(北海道)
北海道電力
中村記念病院
札幌市教育委員会
菅官房長官
安平町役場
泊原発
三菱製鋼室蘭特殊鋼
北区(北海道)
早来(北海道)
北海道新幹線
JR北海道
道央道
道東道
札幌市営地下鉄
岩内町(北海道)
泊村(北海道)
小樽(北海道)
千歳(北海道)

関西のニュース (ニュース)
06:53~

昨夜の関西空港では、近畿地方整備局から派遣されたポンプ車によって排水作業が始まっていた。昨夜会見した空港の運営会社・関西エアポートの西尾専務執行役員は「比較的被害が軽かった第二ターミナルとB滑走路を使って暫定的な再開をめざす」と方針を明らかにした。ただ暫定的な再開に向けては、トイレなどに必要な第二ターミナル内の排水ポンプや、航空機に燃料を給油する設備の復旧、タンカーの衝突で損傷した連絡橋が一般の利用客が利用できるようになることが課題で、再開できる時期の見通しは明らかにしなかった。

空港に取り残された利用客や従業員は、昨日からシャトルバスや高速船で対岸に運ばれ、空港では終日長蛇の列ができていた。運営会社によると、ターミナル滞在を希望した人を除いておよそ7,800人が昨夜遅くまでに出発。しかし、島内を中心に激しい渋滞となって島外に着くまでに数時間かかったバスもあった。

台風が上陸した兵庫県の沿岸部で発生した車両火災は高潮で車が海水に浸かった影響とみられ、JAFは「海水に浸かった車は数時間後でも煙や火が出る可能性もある」として注意を呼びかけている。

キーワード
関西空港
近畿地方整備局
西尾裕専務執行役員
JAF兵庫支部
魚崎敦史
西宮市(兵庫)
甲子園浜

関西の気象情報 (ニュース)
06:56~

近畿地方の天気予報と週間天気予報を伝えた。高潮注意報が日本海沿岸、濃霧注意報が兵庫県に出ている。

キーワード
大阪府
奈良県
和歌山県
濃霧注意報
高潮注意報
京都府
豊岡市(兵庫)
兵庫県
日本海
熱中症

ニュース (ニュース)
06:59~

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。この地震で厚真町で大規模な土砂崩れが起き、土砂崩れで建物が押しつぶされ、流されてきた土砂が道を塞いでいる状態になっており、いたるところで陥没や亀裂が入っている。先程から、北海道警察のヘリが取り残された人がいないかなど住民の救助にあたっている。また、各地ではけが人などがいると自治体などに相次いで入っている。厚真町の現場は、建物が木や土砂崩れで建物が大きく壊れた。警察などが建物の近くに入り、取り残されていると思われる人の捜索が続いている。この家には80代になる夫婦が住んでいたという。新千歳空港のお土産屋の前では品物が落ちるなどし、従業員が片付けに追われている。また、上から水が滴ってきているため、ビニールをかぶせている。札幌市内の住宅街では道路が大きく沈み込み、マンホールが見える状態になっている。また、家が大きく傾いているおり、この地域一帯は多く見られる。札幌駅では地震の影響で午前中の列車は全て運休。午後も運転再開の目処も立っていない。また、停電の影響で自動券売機も動いていない。約1時間前には余震があり利用客が不安な表情を見せる人もいた。

安平町役場によると、町内では階段から落ちるなどしてこれまでに5人が病院に搬送されたという。震度5強の揺れを観測した苫小牧市では82歳の男性が階段から転落し病院に搬送されたが、心肺停止の状態だという。千歳市消防本部によると、千歳市では4人のけが人が搬送されたという。また函館市でも62歳の女性と60代の男性がけがをしたという情報が入っている。厚真町では斜面が広範囲に削れて多くの建物が土砂に巻き込まれて倒壊し、吉野で人が巻き込まれたという情報も入っている。札幌市北区では約20人がけがで病院に搬送された。泊原発は3基のいずれも運転を停止していて、停電で外部電源が供給されていない状態だが、非常用ディーゼル発電機を起動し、核燃料は安全に冷却できているという。そして北海道電力によると、道内全域約295万戸で停電が発生し、復旧時期は見通せていないという。JR北海道によると停電の影響で新幹線を含む全列車の運行ができないという。道内の高速道路も道央道・道東道の広い区間で通行止めとなっている。

今回の地震の発生した深さはやや深めなため、普通の内陸地震に比べると影響が広く出る可能性がある。そのため今揺れていない地域も今後影響が出てくる可能性がある。大きな地震が起きると必ずと言っていいほど引き続き地震が発生する。一般的には時間とともに地震の数は減っていくが、最初の2、3日は同じくらい強い地震が起きるため、まだまだ注意と警戒が必要になる。まずは停電の復旧を始めないといけないが、規模がまだ分かっていないため、復旧の見通しが立っていない。気象庁はまだ被害の状況が出ていない場所について震度6強以上の被害が出る可能性があるとして注意を呼びかけている。

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。各地の震度は、「震度6強 安平町」 「6弱 千歳市」、「5強 札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市」などとなっている。札幌医科大学、中村記念病院は停電で外科救急受け入れを停止している。また、札幌市教育委員会は全市立学校320校の臨時休校を決定した。新千歳空港ではターミナルビルを終日閉鎖し、発着する全便の欠航を決定した。空港内の宿泊施設内で1人ケガ人がいて、水浸しの場所もあるという。滑走路に被害は確認されていないものの、航空機発着の見込みは立っていない。南空知消防組合消防本部によると午前五時半現在でけが人、体調不良の通報が3件はいるなどけが人情報が複数入っており、警察は救助活動と被害状況の確認を急いでいる。栗山町の92歳女性と由仁町の59歳女性が落ちたものにあたりケガ。由仁町の82歳女性が呼吸困難訴え病院に搬送。いずれも命に別条はない。室蘭市では三菱製鋼の工場から油圧ホースが破裂し引火した。消防車6台が出動し、5時現在ほぼ鎮火したとのこと。

震度2を観測した泊村にある泊原発では、地震発生時3基の原子炉は運転停止中。停電で外部電源が供給されなかったが、発電機が起動し、核燃料を安全に冷却できているという。重要設備に異常なしだという。停電情報。北海道電力によると、道内全域で約295万戸で停電。復旧の見込みは立っていない。JR北海道によると、停電で北海道新幹線含め全列車の運行が出来ない状況で、復旧のめども立っていない。札幌市営地下鉄も全路線で始発から運行をとりやめ。復旧のめども立っていない。高速道路は道央道や道東道の広い範囲で通行止めになっている。信号が停電でつかない所もあり、自動車の運転には最大の注意を。北海道警察本部によると、厚真町で少なくとも住宅6棟が倒壊、内3棟で住民と連絡が取れていない。土砂災害には続けて注意が必要。

道内全域で停電。復旧の見込みは立っていない。また、JR北海道によると、停電で北海道新幹線含め全列車の運行が出来ない状況で、復旧のめども立っていない。新千歳空港ではターミナルビルを終日閉鎖し、発着する全便の欠航を決定した。新千歳空港から中継。壁が大きく崩れたり、地面は水浸しの箇所が多数あるという。

午前3時8分頃、北海道安平町で震度6強。津波の心配はない。苫小牧市の地震当時の映像を映し、各地の震度を伝えた。震度に関するデータを計測できていない地もあり、震度7の可能性も否定できないという。震源地は胆振中東部で震源の深さは37キロ、M6.7。震源から10KMほどの距離に主要な活断層とする「石狩低地東縁断層帯」があるとしたが、今回の地震との関連性は不明とされている。最初の地震以後も余震が続いている。気象庁は揺れの強かった地域は家屋の倒壊や土砂災害の危険が高まっているので注意を、などと話した。

各地でけが人・建物被害が出ている。また、札幌市内をはじめとして広い範囲で交通・ライフラインに大きな影響が出ている。安平町では倒壊した家屋が見られ、転倒した人など5人が搬送された。苫小牧市では82歳の男性が大怪我。新千歳空港のある千歳市では4人のケガ人搬送。函館市でも62歳の女性と60台男性がケガの情報。厚真町では多くの建物が土砂に押しつぶされており、町内で少なくとも6棟の住宅が倒壊し、内3棟の住民と連絡がとれていない。札幌市北区では約20人がケガをし、病院に搬送されている。震度2を観測した泊村の泊原発では3基の原子炉いずれも運転停止中で、停電で外部電源が供給されていない状態だが、非常用ディーゼル発電機6台を起動し、核燃料は安全に冷却出来ているという。重要な設備に異常はなく、モニタリングポストの値も変化なし。北海道電力によると、道内全域で約295万戸が停電。火力発電所の停止が原因で、水力発電により電力を提供したいが、復旧の見込みは立っていない。

きょう午前3時すぎ北海道・安平町で震度6強を観測する地震があった。苫小牧市の映像では地震でカメラが揺れが続いた後、街の明かりが消えた。各地の震度は、「震度6強 安平町」 「6弱 千歳市」、「5強 札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市、長沼町、新ひだか町」 「5弱 函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、伊達市、北広島市、石狩市」などとなっている。また5弱以上の揺れが推定されるもののデータの入っていない市町村がある。土砂崩れがあった厚真町は安平町の隣で、より震源に近い地域。むかわ町や日高町などの地域でも詳しいデータは入ってきていない。これらの地区は厚真町に近く震源の周辺に位置していて、震度に関するデータが収集できないままとなっている。このほか、震度4は北海道各地と青森県で観測した。震源地は北海道・胆振地方中東部で震源の深さは37km M6.7と推定されている。この地震について気象庁は会見で「今後2~3日程度は規模の大きな地震が発生することが多くある」などと注意を呼びかけた。また、その後も余震とみられる地震が相次ぎ、6時11分には、苫小牧市などで震度4を観測した。また、震度のデータが入っていない地域では震度6強以上の揺れの可能性があるとして、詳しく調べることにしている。

また、JR北海道によると、停電で北海道新幹線含め全列車の運行が出来ない状況で、復旧のめども立っていない。道内の高速道路は道央道・道東道の広い区間で通行止めとなっている。安倍首相は午前6時前に総理大臣官邸に入り、人名第一で災害緊急対応をしていくなどと話した。陸上自衛隊第7師団は安平町、厚真町、白老町、むかわ町に部隊派遣を決め、すでに一部は活動開始している。

キーワード
厚真町(北海道)
札幌市(北海道)
泊原子力発電所
安倍首相
陸上自衛隊
安平町(北海道)
苫小牧(北海道)
函館(北海道)
清田区(北海道)
中央区(北海道)
安平町役場
千歳市消防本部
地震
苫小牧市(北海道)
千歳市(北海道)
札幌市北区(北海道)
江別市(北海道)
三笠市(北海道)
恵庭市(北海道)
中村記念病院
札幌市教育委員会
三菱製鋼室蘭特殊鋼
北区(北海道)
早来(北海道)
栗山町(北海道)
由仁町(北海道)
室蘭市(北海道)
北海道電力
JR北海道
泊原発
北海道新幹線
道央道
道東道
札幌市営地下鉄
岩内町(北海道)
泊村(北海道)
小樽(北海道)
千歳(北海道)
東区(北海道)
北海道警察
北見市(北海道)
長沼町(北海道)
新ひだか町(北海道)
函館市(北海道)
岩見沢市(北海道)
登別市(北海道)
伊達市(北海道)
北広島市(北海道)
石狩市(北海道)
新篠津村(北海道)
南幌町(北海道)
白老町(北海道)
むかわ町(北海道)
日高町(北海道)
平取町(北海道)
新冠町(北海道)
青森県
札幌(北海道)
石狩低地東縁断層帯
室蘭(北海道)

スポット

スクール/教育

札幌医科大学

レジャー/交通

新千歳空港
関西空港
札幌駅
関西エアポート
東日本高速道路

政治/経済/地方自治体

気象庁
首相官邸
防衛省
札幌市交通局

美容/健康/医療

札幌市立病院
  1. 前回の放送
  2. 9月6日 放送
  3. 次回の放送