NHKニュース おはよう日本 2018年3月27日放送回

放送日 2018年3月27日(火) 4:30~ 5:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:30~

オープニング映像。

気象情報 (ニュース)
04:30~

全国の気象情報を伝えた。

ニュース (ニュース)
04:31~

ロシア・ケメロボ州のショッピングセンターで25日、4階から火が出て1600平方メートルが焼けた。子供達を含む少なくとも64人が死亡した。捜査委員会は26日、非常口が使用できなかったなど重大な違反が見つかったことを明らかにした。建物を所有する会社や警報装置を管理する団体の幹部など計4人が安全対策を怠ったため被害が拡大した疑いがあるとみて身柄を拘束し取り調べを進めている。地元メディアは警報装置が作動しなかったため被害が拡大したと伝えるなど、安全対策の不備を非難する声が強まっている。

陸上自衛隊は今日、全国各地に配備された部隊を一元的に運用する「陸上総隊」を発足させる。陸上自衛隊はこれまで6つの地域に配備された方面隊を運用してきた。陸上総隊は防衛大臣の命令の下、方面隊の管轄を超え全国の部隊を一元的に運用する組織である。陸上総隊は部隊運用の権限を集中させて南西諸島の防衛体制の強化など安全保障環境の変化に対応することが目的とされ、水陸機動団も直接の指揮下に入る。陸上総隊の運営にあたっては組織の透明性を確保していくことも課題となっている。

中小企業の人材確保は全国的に大きな課題になっていて、地方では経営をサポートする人材など十分に確保できないケースが相次いでいる。こうした中、青森銀行は取引先の企業に人材仲介するビジネスに新たに参入する方針を固めた。具体的には仙台市に本社を置く人材紹介会社と提携し取引先の中小企業が必要とする人材を紹介する。地域経済の活性化を図ることで融資の拡大につなげたい狙いがある。人材紹介業をめぐっては金融庁が近く監督指針を改正して銀行の参入を認めることを明記する方針で、青森銀行は改正されしだい参入を申請することにしている。地方銀行の経営が厳しさを増す中、新たなビジネスとして伸びていくか注目される。

日本相撲協会は2年に1回の理事の改選を行い、3期目を務めることになった八角理事長が暴力問題に取り組む決意を話した。理事長3期目の最初の仕事は横綱審議委員会での春場所の報告だった。会合の中では横綱・鶴竜の8場所ぶりの復活優勝を称える声が相次いだ。北村正任委員長は「色々心配があったけれどきちんと横綱が優勝で大関が準優勝の形になった」など話した。

日本だけでなく、大リーグからも親しまれた川崎はプロ4年目でレギュラーに定着、日本一に貢献。盗塁王にも輝いた俊足に、華麗な守備。日米通算1526安打をマークした。去年の開幕直前、6年ぶりにソフトバンクに復帰したものの7月、怪我で離脱。出場は42試合。オフは契約を更改せずに春のキャンプも不参加だった。関係者によるとリハビリを続ける中で自律神経の病気にもなり、一時入院もしたという。球団は川崎が“心身の不調でプレーできない状態”と訴えたことから、再契約を断念した。川崎は「このような状態で野球を続けるのは、自分には考えられない。自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断した」などとコメントした。

キーワード
火災
ケメロボ州(ロシア)
陸上自衛隊
陸上総隊
水陸機動団
青森銀行
金融庁
仙台市(宮城)
八角理事長
北村正任委員長
横綱審議委員会
両国(東京)
鶴竜
川崎宗則
福岡ソフトバンクホークス

おはよう天気 (ニュース)
04:39~

札幌、東京、大阪の現在の様子の映像が流れた。

キーワード
札幌市(北海道)
東京都
大阪府

ニュース (ニュース)
04:41~

山形県立山形盲学校では、3Dプリンターが教育に活用されている。石澤教諭は、4年前から3Dプリンターで作った教材を使い始めた。この日は200分の1の原爆ドームの模型を爆破される前後の2つ用意し、戦争の恐ろしさを学んでもらおうと考えた。言葉では伝え切れない部分を触って感じることで、能動的に学習するように変わってくるという。以前使っていた市販の模型は高価で、種類も限定されている。教材の手作りにも挑戦したが、一つ作るのに1週間以上かかることもあった。一方、3Dプリンターならデータを入力するだけ。材料費も安く、教材に費やす労力を授業に集中できるようになった。

神島のゲーター祭は大漁と1年の無事を祈り約700年前から伝わる元旦の祭りだ。昭和30年代には1300人余が暮らしていた。しかし今は、約360人まで減少。半数が高齢者だ。過疎化と高齢化により祭りの担い手がなくなり、今年の正月ゲーター祭は行われなかった。神島小学校の3・4年生が中心となり、自分たちなりのゲーター祭をすることになった。3年生の山本悠嵐くん。この日、祭りが取り止めとなった理由を聞くため祖父の寺田久俊さんの家を訪ねた。祭り取り止めの決断をした1人だ。久俊さんは「年をとってどこまでできるかわからん。子どもらが考えてくれるということは本当にうれしい」などと話した。そんな子どもたちの思いに大人も応えた。この日は祭りに欠かせない「アワ」を作った。アワ作りは5・6年生が中心となり、経験がある父親たちが先生だ。

使われている3Dプリンターは、学校の教師や会社員などで作るグループが手作りしたもの。4年前から県内の学校に少しずつ送り、今では90台を超えた。教材の設計図となるデータは地元の工業高校の生徒が授業の一環で作っている。盲学校の子どもが触って理解しやすいよう、あえてシンプルな形に設計した。完成したデータは電子メールで石澤さんのもとに送られ、盲学校の3Dプリンターで出力される。およそ4時間で出来上がった。籠や馬車の模型は中学部の歴史の授業で使われた。目が見えない生徒が身の回りの世界をもっとよく知ることで、障害がもたらす壁を小さくしたいと、石澤さんは3Dプリンターの可能性に期待している。山形盲学校では、模型のデータをインターネットで公開することで全国で使える仕組みづくりを進めていく。

祭り当日。「アワ」を運ぶ役の3・4年生は伝統の白い服とはちまき姿に。祭りは神社の鳥居から始まる。しきたりに従って「アワ」は地面や壁に触れないよう大切に集落をめぐる。浜の広場には大勢の島の人達が待っていた。島のみんなの手で子どもたちが作った「アワ」が空高く持ち上げられた。山本悠嵐くんは「応援してくれたし、アドバイスもしてくれたから、自分たちは期待されているんだなと思った」と話した。ゲーター祭を残したい。失われかけた伝統が子どもたちの手で未来につながろうとしている。

キーワード
ゲーター祭
鳥羽(三重)
アワ
山形県
天童(山形)

おはよう天気 (ニュース)
04:52~

全国の気象情報を伝えた。

世界の天気を伝えた。

経済情報 (ニュース)
04:58~

経済情報を伝えた。

キーワード
ダウ平均
ナスダック
日経平均株価
東証株価指数
  1. 前回の放送
  2. 3月27日 放送
  3. 次回の放送