日曜討論 徹底討論 貿易摩擦問題・外国人材受け入れ

『日曜討論』(にちようとうろん、Sunday Debate)は、NHKのテレビおよびラジオで放送される討論番組である。NHKでは戦後初期のころから、毎週日曜日に『国会討論会』『政治座談会』『経済座談会』と題した国会議員、政治関係者、財界・経済専門家をゲストに招いた番組を放送、放送時期とテーマによって題名を変えたが、1994年4月よりこれらの番組名を統合・一つにまとめ、現在のタイトルとした。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月8日(日) 9:00~10:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

オープニング映像。

徹底討論 貿易摩擦・外国人材受け入れ (バラエティ/情報)
09:01~

スタジオでは日本経済の課題について解説された。アメリカは日本に対しても対米貿易黒字の解消を強く求めており、世界の自由貿易体制に歪みが生じている。また日本では深刻な人手不足で政府は外国人材の受け入れを拡大する方針としている。

スタジオでは米中貿易摩擦について解説された。アメリカは中国がアメリカ企業のハイテク技術を不当に手に入れて知的財産権を侵害しているとして、中国製品に25%の関税を上乗せする輸入制裁措置を行った。これを受けて中国も報復措置を発動している。

スタジオでは米中貿易摩擦について解説された。専門家によると、中国としては国内に経済構造改革の課題を抱えているので、構造改革を推進するには経済の安定を確保しておくことは前提条件となっているという。

スタジオでは米中貿易摩擦について解説された。専門家によると、中国は経済基盤がしっかりしているわけではないので、構造改革を先送りにすれば数年後にツケが回ってきて、金融バブルや不動産価格の下落などが起きてくることが目に見えているという。

スタジオでは日米協議について解説された。アメリカは日本に対しても貿易赤字の削減を求めており、アメリカは中国とメキシコに次いで日本に対して688億ドルの貿易赤字となっている。また茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表は初会合を今月にも開催する方向で調整しているという。

スタジオでは日米協議について解説された。自動車関税引き上げについて専門家からは、トランプ氏の再選を狙った選挙対策としての意味や各国と交渉するための交渉カードを持つという意味しかないと思うとの意見が挙がった。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。労働力不足について専門家からは、日本には未活用の労働力があると思われるとの意見が挙がった。去年10月末時点での外国人労働者の数は127万人余となっており、過去最高となっている。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。外国人受け入れ拡大について専門家からは、全体で広げるというよりは、それに合った新しい在留資格を作ることが重要であるのではないかという議論を行ったとの意見が挙がった。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。介護について専門家からは、市場経済のメカニズムが働きにくい場所で、産業とは区別するべきであるとの意見が挙がった。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。人手不足について専門家からは、女性や高齢者の活用は大事であるが、人口減少の速度と産業構造の変化は追いつかないとの意見が挙がった。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。外国人受け入れ拡大の影響について専門家からは、移民政策と難民は違うものでドイツでは、トルコ系の労働者を受け入れ、現在は方針転換を行い、教育する制度を行っているという。

スタジオでは日本の人手不足と外国人受け入れ拡大について解説された。外国人受け入れ拡大について専門家からは、自治体の関与が重要であるとの意見が挙がった。また、政府の政策の中で自治体やNPOに丸投げされている現状が問題であるとの意見が挙がった。

キーワード
トランプ大統領
李克強
中国
アメリカ
茂木経済再生担当大臣
ライトハイザー通商代表
トランプ氏
厚生労働省

エンディング (その他)
09:59~

エンディング映像。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月8日 放送
  3. 次回の放送