さわやか自然百景 瀬戸内海 備讃瀬戸

『さわやか自然百景』(さわやかしぜんひゃっけい)は、1998年4月5日よりNHKテレビで放送されている自然紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月5日(木) 15:45~16:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:45~

オープニング映像。今回は瀬戸内海 備讃瀬戸を伝える。

キーワード
瀬戸内海
備讃瀬戸

瀬戸内海 備讃瀬戸 (バラエティ/情報)
15:46~

瀬戸内海、備讃瀬戸では大小100余りの島々が浮かぶ。島がとりわけ多い多島海では、瀬戸と呼ばれる海峡が多く存在する。長い時間をかけて花こう岩を削り、長い時間をかけて堆積する。砂が多く流れているところでは、潮が勢い良く流れている。見渡すかぎり砂が流れる光景が続く。そんな厳しい状況でもジンドウイカの仲間、クラカゲトラギス、イネゴチ、イカナゴ、など生息する生き物もいる。

色が代わる砂地ではアマボ場が広がっている。この海の草原を頼りにしている生き物がアミメハギが生息している。ヒガンフグでは敵から身を守ってもらうことで住処となっている。そして不思議な生き物としてヤナギウミエラの仲間が生息している。その近くに背を伸ばす海藻があった。ガラモ場が広がっていた。魚たちの恰好の隠れ家となり赤メバル、クジメ、チャガラなどが見られる。

冬は浅瀬の魚を狙って鳥達が集まる。カワウやアオサギ、ミサゴなどの鳥類を見ることができる。ミサゴは水に飛び込み魚を取りに掛かる。北国から越冬してきたカモも集まってきた。ヒドリガモなどは流れてきた藻などを食べる。

キーワード
瀬戸内海
備讃瀬戸
多島海
小豆島
ジンドウイカ
クラカゲトラギス
イネゴチ
イカナゴ
ガラモ場
アマボ場
赤メバル
クジメ
チャガラ
ヒガンフグ
ヤナギウミエラ
アミメハギ
カワウ
アオサギ
ミサゴ
ヒドリガモ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月5日 放送
  3. 次回の放送