時論公論 「参院選 どう考える?消費増税と生活の安心」今井純子解説委員

放送日 2019年7月10日(水) 23:40~23:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
23:40~

オープニング映像。

参院選 どう考える?消費増税と生活の安心 (ニュース)
23:40~

今井純子解説委員は参院選の争点の1つ、消費増税について説明。与党である自公は予定通り、10%に引き上げると明言し、有効求人倍率が全都道府県で1倍を超えるなど雇用は改善し、消費は堅調と判断。増税によって増えた税収分は幼児教育の無償化、軽減税率などに充てる。これ に対して、野党は足並みを揃えて反対。大企業や富裕層への課税強化、行財政改革で幼児教育の無償化などは実施するとしている。増税について世論調査では賛否が分かれている。生活の安心について、「苦しい」と回答した人は全体の52.7%を占め、老後の生活に不安があると回答した人は全体の85.7%だった。

経済成長によって景気が良くなれば税収、賃金は上昇し、財政再建や社会保障改革にも着手できるというのが与党の考えだが、判断の根拠は乏しい。一方、野党は家計を重視する政策への転換を打ち出している。立憲民主党は5年以内に最低賃金を1300円に引き上げること、国民民主党は児童手当の増額や家賃補助、共産党は最低賃金を速やかに1500円に引き上げるなどとしている。日本維新の会は高校、大学に至るまで教育の完全無償化を進めるという。今井氏はそのためには実現可能な財源の説明、経済の競争力を高める成長戦略が求められると指摘した。

キーワード
アベノミクス
増税
参議院選挙
有効求人倍率
景気動向指数
平均消費性向
最低賃金
出産育児一時金
自民党
公明党
立憲民主党
国民民主党
共産党
日本維新の会
社民党

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 7月10日 放送
  3. 次回の放送