かんさい熱視線 関西平成史(2)激動の街ミナミ くいだおれ太郎が見た31年

『かんさい熱視線』(かんさいねっしせん)は、2008年4月4日より近畿地方のNHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の地域情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月25日(木) 23:50~ 0:20
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
23:50~

4月1日、新しい元号が発表された。激動の街・ミナミの平成史を特集する。

キーワード
道頓堀(大阪)

関西平成史file2 激動の街ミナミ くいだおれ太郎が見た31年 (バラエティ/情報)
23:52~

道頓堀を、松竹新喜劇の渋谷天外代表が散策。道頓堀にはかつて、中座など劇場が5つあり、道頓堀五座と呼ばれていたが、バブル崩壊で芝居小屋は減少した。

道頓堀今井の今井社長にインタビュー。平成7年、道頓堀に落とされた男性が死亡する事件が起きた。平成11年中座が、平成14年に浪花座が閉館された。平成20年に、くいだおれが閉店した。くいだおれ太郎は昭和25年に生まれ、大阪万博では食の街をアピールした。くいだおれ太郎は、阪神・淡路大震災で低迷した観光を盛り上げようと、アメリカにも出張した。

大阪市中央区商店会連合会の千田会長にインタビュー。大阪市中央区商店会では、爆買いで増えた外国人観光客に向けて、外国語の看板を作るなどの対応を行った。黒門市場は景気の低迷で客足が激減したが、外国人観光客の増加で、来場者が1日3万人を超えるようになった。

道頓堀発祥の文楽は、平成になってから客足が減り、補助金もカットされた。文楽人形遣いの吉田玉助さんは、ボーカロイドとコラボするなど斬新な舞台を行っている。

道頓堀今井の今井社長が、またここに来ようと思ってもらうことが一番大事だとコメントした。道頓堀を舞台とした喜劇「はるかなり道頓堀」を紹介。渋谷天外さんが、昔をいつまでも引っ張っていたら将来はないとコメントした。

キーワード
道頓堀(大阪)
藤山寛美
松竹新喜劇
中座
朝日座
弁天座
浪花座
バブル
リーマンショック
くいだおれ太郎
大阪万博
阪神・淡路大震災
大阪市中央区南商店会連合会
爆買い
竹本座
文楽
ボーカロイド
はるかなり道頓堀
  1. 前回の放送
  2. 4月25日 放送
  3. 次回の放送