視点・論点 車社会が大きく変わる

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月6日(火) 4:20~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:20~

オープニング映像。

車社会が大きく変わる (バラエティ/情報)
04:20~

トヨタ自動車が一定料金を払えば一定期間様々な車種を自由に乗り換えられる定額方式の導入を発表した。世界の自動車関係者の間で「CASE」と「MaaS」という言葉が注目されている。これは多くの人が利用できる多様な移動サービスを意味している。CASEは「繋がること、自動運転、共同利用やサービス、電動化」を意味し、繋がることについて日本ではETCが4000万台普及しているが、狭義の意味では車とインフラが通信で繋がっているといえる。自動運転においては運転の一部の機能を自動化する技術が既に普及している。共同利用やサービスにおいては、最近では車を所有せず必要に応じて車を借りたりするユーザーも増えた。電動化については日本では20年以上前からハイブリッド車が普及しているが、最近では電気自動車への期待が高まっている。将来多くの人が電気自動車が普及すると考える人もいるが、実際は2050年になってもエンジンは使用されるという。バッテリーに利用されるリチウムイオンのような資源に限界があるためである。MaaSは「車を所有せず、使いたい時だけお金を払って利用するサービス」を意味し、フィンランドのベンチャー企業が提唱したといわれている。今年1月アメリカで開催された家電ショーではトヨタ自動車の社長が「モビリティサービスを提供する企業になる」と宣言、1年前のドイツの自動車ショーでもダイムラーのディーター氏が「モビリティサービスのプロバイダーになる」と宣言した。

キーワード
クルマ安全学のすすめ
燃料電池とは何か
豊田章男
トヨタ自動車
ディーター・ツェッチェ
ダイムラーAG
CASE
MaaS

エンディング (その他)
04:29~

エンディング映像。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月6日 放送
  3. 次回の放送