視点・論点 災害に備える食

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月6日(金) 4:20~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:20~

オープニング映像。

災害に備える食 (バラエティ/情報)
04:20~

宮城大学・石川教授の解説。災害に備える食についての考え方を紹介。災害で道路が壊れ交通網が遮断されると都市部に食料は入らなくなる。電気が止まると都市の機能が停止する。何日後かに、仙台市内の店が1、2時間開いた時何百人も並んでいた。心理的余裕を確保する意味でも、食の確保は大事になる。

備蓄する食品は何がいいか。水・熱源によっても作れる差が出て来る。だが、災害時でも可能な限り栄養バランスを考えるのが良いという。食事バランスガイドの栄養を、備蓄食で摂る場合を想定すれば食品をどれくらい備えるか見える。炭水化物はアルファ米・もち米、乾麺、パンの缶詰など。主菜(たんぱく質)は缶詰を利用する。副菜は保存の効く根菜類、水煮缶、野菜ジュースなど。ミネラルや食物繊維は乾物が便利。牛乳・乳製品は成長期の子どもにとって不可欠、スキムミルクや粉チーズなど保存の効くもの。果物はドライフルーツや野菜ジュースで補う。

量は備蓄食だけで一週間分の献立を立ててみるなど、日常的に使いチェックし補充するといい。新しい物を奥に入れ、手前のものを食べるようにする。各食品がやや余分にある状態をキープすることがポイントである。家族に災害弱者になりうる人がいる場合など、家族の1人1人に合わせた食のストックが重要である。

キーワード
厚生労働省
農林水産省
炭水化物
たんぱく質
ミネラル
食物繊維
カルシウム
脂質
ビタミンC
カリウム

エンディング (その他)
04:29~

「視点・論点」の次回予告。

エンディング映像。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 10月6日 放送
  3. 次回の放送