視点・論点 よみがえれ 世界遺産・パルミラ

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年10月3日(月) 4:20~ 4:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
04:20~

オープニング映像。

よみがえれ 世界遺産・パルミラ (バラエティ/情報)
04:20~

大阪教育大学名誉教授・山田勝久氏が、イスラム国に破壊されたシリア・パルミラ遺跡の話をする。パルミラはシリア砂漠の中央にあるオアシスで、紀元前1世紀~紀元後3世紀までシルクロードの交易都市として栄えた。言語や宗教が違っていても住民はパルミラを愛し、石柱に刻まれた碑文などは平和なオアシスであったことを示している。山田氏は1979年の夏にシルクロードを訪れてから調査を続けている。パルミラには、各国から多くの商人が集っていたため、それぞれの宗教の神殿や祈祷所があった。その代表的なものが雨の神を祀るバールシャミン神殿だ。そして街の東方には、西暦32年に建てられたベル神殿がある。凱旋門(別名・記念門)は2世紀前後に建てられ、葡萄唐草文や幾何学模様が描かれている。凱旋門をくぐり抜けると、列柱道路が1200mにわたって続いている。立ち並ぶ柱には台座があり、功労者や将軍、貴族や商人の彫像が乗っていた。石柱には地元のパルミラ語だけでなく、ギリシャ語でも刻まれていた。この列柱道路をさらに進むと円形劇場や公衆浴場があり、やがて四面門を見ることができる。街の外れにある地下の墓地は紀元前1世紀から紀元後3世紀まで造営された。エラベール塔墓は西暦103年に建てられたもので、中国・漢代ともいわれる絹織物も出土されている。その他、旧市街からはアラブ砦を臨むことができる。パルミラは、世界の人々に美の光彩を与え続ける世界遺産といえる。

パルミラが歴史の表舞台から姿を消した原因の1つは戦争だ。西暦267年にパルミラの支配者が暗殺されると、その妻が実質的な女王として君臨した。支配地域を拡大するため周辺地域に進軍し、エジプトに駐留するローマ軍も討ち破り、広大な土地を手中におさめた。そのため、ローマ軍は大軍を率いてパルミラを攻撃。西暦272年、パルミラ軍は敗北し、街の大部分は破壊された。2つ目は西暦1089年にパルミラ地方を襲った地震だ。そして、今回はISによって、ローマ時代の建築様式を今に伝えるベル神殿やバールシャミン神殿等も「異教の神を祀る」として破壊された。凱旋門も破壊され、2000年の風雪に耐えた美しい紋様も消し飛んだ。さらに半世紀にわたってパルミラ遺跡を研究・保護し続け、パルミラ博物館の館長を務めた経験もあるシリア人考古学者のハリド・アスアドさん(82歳)が命を奪われた。アスアドさんはISがパルミラ遺跡に入る直前、貴重な石像や文物など数百点を地方に移して保護している。ISから隠し場所を言うように尋問を受け続けたが最後まで口を割らず、殺害されてしまった。

山田氏は、破壊された遺跡を見て、在りし日のパルミラの美しさを後世に伝えることが大切であると、撮影した写真の中から約200枚を厳選して写真集を出版した。また山田氏は、パルミラは、平和とは何か、人はどう生きるべきか、そして文明や文化の発展には絶えることのない異文化尊重と生命尊厳の思想がなければならないということを語りかけているように思うとした。

キーワード
大阪教育大学
イスラム国
パルミラ
シルクロード
バールシャミン神殿
ベル神殿
葡萄唐草文様
凱旋門
円形劇場
四面門
エラベール塔墓
世界遺産
IS
ハリド・アスアドさん
ニューヨークタイムズ

エンディング (その他)
04:29~

エンディング映像と次回予告。この番組はNHKオンデマンドでも視聴できる。

キーワード
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月3日 放送
  3. 次回の放送