ニュースウオッチ9 2018年11月15日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月15日(木) 21:00~22:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
21:00~

昨日滋賀県にある陸上自衛隊の演習場から発射された、「81ミリ迫撃砲」の砲弾が近くの国道付近に直撃する事故があり、この事故は、操作ミスの可能性があることがわかった。

昨日滋賀県にある陸上自衛隊の演習場から発射された、「81ミリ迫撃砲」の砲弾が近くの国道付近に直撃し、車が被害を受けた。車に乗っていた男性は、「安全に配慮して訓練してほしい」などと述べた。

昨日滋賀県にある陸上自衛隊の演習場から発射された、「81ミリ迫撃砲」の砲弾が近くの国道付近に直撃し、車が被害を受けた。地元の人々からは、「安心して暮らせない」など怒りの声があがっている。

滋賀県高島市にある陸上自衛隊の饗庭野演習場は、山の中に広大な敷地がある。訓練では、発射地点から西に約2.5km~3km離れた目標地点にとばす計画だった。陸上自衛隊によると、訓練を開始してはじめの2発が想定のコースより北側にずれていたが、隊員たちは着弾した音の確認だけで、想定どおりにとんで目標地点の手前に落下したと判断したという。このため3発目は飛距離を200m伸ばそうと調節して発射。この砲弾で、演習場の外にいた車に被害がでたという。目標地点からは、約1km北にずれていた。

山田宏防衛政務官は地元の高島市をおとずれ、「心からおわび申し上げます」などと謝罪をした。高島市の福井正明市長は謝罪を受けたあと、「迫撃砲弾を含むすべての実弾射撃訓練は中止をしていただきたい」などと述べた。

饗庭野演習場をめぐっては平成27年にも、射撃訓練で発射された銃弾が民家の屋根にあたるという事故が発生していた。この問題を受けて自衛隊は地元の高島市と覚書を締結。この覚書には、「必要な場合は高島市が演習中止を求められる」ことなどがもりこまれている。覚書締結からわずか3年で発生した今回の事件を受けて高島市の市長は、「覚書を順守してもらえているとは到底思えない」などと述べた。

問題を受け陸上自衛隊は、饗庭野演習場で迫撃砲弾を含め全ての実弾を使う訓練を当面中止することを明らかにした。事故の原因とともに、安全管理体制に問題点がなかったか調べることにしている。

昨夜の日露首脳会談のあと安倍首相は、「日ソ共同宣言を基礎に、平和条約交渉を加速で合意した」などと発言した。一方今日夕方ロシアメディアの取材にこたえたプーチン大統領は、日ソ共同宣言を批准しながら実行しなかったのは日本だと指摘。また、日ソ共同宣言には歯舞群島と色丹島の返還が明記されているが、どちらの主権のもとに島が残るのかは書かれていない述べ、歯舞群島と色丹島の主権について、日本側と引き続き交渉が必要だという考えをしめした。

ロシアで放送された討論番組で専門家は、「日本が真に求めているのは、平和条約ではなく島そのもの。安倍総理がプーチン大統領に提案したのは、『2島プラスアルファ』という計画だろう。歯舞・色丹を日本に引き渡し平和条約を結んだ上で、択捉と国後の協議を続けようという狙いだろう」などと、日本への警戒感をしめした。

「今回の合意で日本政府は歯舞・色丹の2島先行返還を求める立場に転換したと考えていいのか?」という質問に対し菅官房長官は、「政府としては従来より返還時期、対応、条件について柔軟に対応するという方針を維持してきた。北方四島の帰属の問題を解決したあとに平和条約を締結するという我が国の一貫した立場に変更はない」などと述べた。

自民党の岸田政調会長は、「机の上の解決だけでは解決できないという、極めて現実的な対応を考えなければならない。安倍総理の姿勢は高く評価したい」などと述べた。また、国民民主党の玉木代表は、「日ソ共同宣言は2島の返還で終わりということ。この宣言を『基礎として』ということが、残りの国後・択捉にどういう意味を持つのか。そういったことについて具体的な説明がない」などと述べた。

今回の首脳会談について色丹島の元住民は、「色丹が返ってくることが現実になるなら非常にうれしいが、反面択捉・国後をあきらめなさいと聞こえてならない」などと述べた。

東京杉並区から検診を委託された医療機関「河北健診クリニック」が、5年の間に6人、肺がんの疑いを見落としていたことがわかった。

見落としがわかったきっかけは今年6月、この医療機関で平成26年から今年1月にかけて健康診断や肺がん検診を受けた40代の女性が肺がんの疑いをしめす影を3回にわたって見落とされ死亡したことだった。見落としの原因は、肺がん検査の受診者が急増し、画像診断の体制がとれなくなっていたことだという。亡くなった女性の画像診断を行った医師の一人は、一人の画像にあまり時間をかけるわけにもいかなかったと回答している。

がん検診について、職場検診や人間ドックなどでは、画像診断にあたる医師が専門医かどうか国が明確なルールを定めていないため、専門の人と一緒に画像診断を行うかどうかを、事前に確認するなどの注意が必要だという。

天皇皇后両陛下は地震で大きな被害が出た北海道厚真町を訪れ、被災した人たちを元気づけた。厚真町の宮坂尚市朗町長は、「両陛下の思いをしっかり受けとめて、必ずや復興を果たして参りたい」などと述べた。

パプアニューギニアで大規模国際会議のAPECが初のホストを務めることになったが、経済は発展途上で準備は万全だったのだろうか。独立以来の一大イベントで、民族が楽器と歌で来賓を迎えた。警備はのんびりとしており、人手不足で刑務所の看守なども呼び出され総出で警備にあたっている。代表団や報道陣を送迎するバスは中国から80台あまりが提供された。大小600の島からなるパプアニューギニアは経済的に力を付けてきていることをアピールしさらなる投資を呼びかけたい狙いだ。しかし、APEC加盟国では最貧国で、インフラ整備など全て自前で行うのは困難である。

ASEAN関連会議では、貿易などで対立を深める中国とアメリカの動向が注目された。そうした中今日東アジアサミットに出席した安倍総理大臣は、アメリカのペンス副大統領や中国の李克強首相が同じテーブルにつくなかで、南シナ海での中国の拠点構築について、「非軍事化に背く動きが続いていることを深刻に懸念する。一方的に現状を変更する行為は、各国の利益を脅かしかねない」などと述べた。そして、日米両政府が掲げる「自由で開かれたインド太平洋構想」について、「大きな国も小さな国も含め、地域の全ての国が裨益するものだ。いかなる国も排除されない」と述べ、法の支配の徹底や航行の自由の尊重を呼びかけた。

そこで、道路や開場建設は中国が支援した。道路の傍らには中国の功績を讃える石碑が建てられた。文字をより読みやすくするため掘った石の文字を黒ペンで塗る作業もあった。

シンガポールから原聖樹が中継。「日本は中国と関係改善を進める一方、今日は中国に厳しい発言をしたそうですがこれはどうみればよいですか?」という質問に対し原は、「安全保障分野でゆずれない一線をしめしつつ、大国としての責任ある行動をうながす狙いがあったと思います。南シナ海での状況を放置すれば、東シナ海でも中国の海洋進出が強まりかねないという懸念があるからです。また、中国との関係改善を進める日本政府としては、地域の不安定化につながりかねない米中の対立激化は避けたいところで、双方に冷静な対応を働きかけていくことになりそうです」などと解説した。

中国とオーストラリアが支援に力を注ぐ理由は、安全保障の問題がある。中国とアメリカには軍事戦略上の第1列島線、第2列島線の2段階の軍事攻防ラインが有る。パプアニューギニアは第2列島線延長上に近い重要な場所で、オーストラリアにとっては1975年までパプアニューギニアを国連の信託に基づいて管理下にしていた。影響力を強めようとする中国を阻止しようとするオーストラリアの攻防の舞台になっている。

一方、隣国オーストラリアは不足するホテルの代わりにクルーズ船3隻をオーストリア最奥底のクルーズ会社が貸出た。内装は豪華で、カフェやレストランも充実している。また、兵員規模が2100人ほどで単独警備が困難なパプアニューギニアへ海上と上空からオーストラリア軍が警備に当たることになった。軍の担当者は「信頼してもらえて光栄だ」とコメントした。

日本もパプアニューギニアへ独自の支援を行っている。演奏を行っているパプアニューギニアの軍からは「君が代」が聞こえてきた。日本が行っているのは軍楽隊の支援。海外の客を出迎える大切な役割がある。パプアニューギニアには軍楽隊がなく開始が決まってからの創設だった。日本の陸上支援隊が指導に当たりながら、たどたどしかった演奏も、今は隊列を替えながらの演奏もできるまでになった。陸上自衛隊も軍の将校たちにも高評価だった。2年を振り返って自衛隊の指導にあたった人は「涙が出そうだった」と述べた。スタジオでは日本の支援に感動しながらも、中国がここでも影響力を増していることをまとめた。

あわや大惨事、今日午前三重県紀北町の紀勢自動車道を走行していた46歳の男性運転手が突然意識を失い観光バスが蛇行し始めた。車内はパニックで「ぶつかる!ぶつかる!」と声がかかり、2人がかりでバスを停車させた。乗っていた35人にケガはなく、ほかの車両を巻き込まなかった。警察が当時の状況を詳しく調べている。

ホンダはステップワゴンなどの車体後部のドアが突然閉じるおそれがあるとして国に改善対策を届け出た。対象は平成21年9月からことし9月までに製造された、ステップワゴン、ステップワゴンスパーダ、N BOX+、N BOX+Custom、N―BOX+、N―BOX+Customで、国土交通省によると荷物の出し入れの際に下がって来たドアにはさまれ骨折するなどこれまで2件の人身事故が報告されている。ホンダはあすから全国の販売店で無料改修を行うという。

キーワード
高島(滋賀)
陸上自衛隊
81ミリ迫撃砲
饗庭野演習場
山田宏防衛政務官
福井正明市長
高島市(滋賀)
高島市
シンガポール
歯舞群島
色丹島
安倍首相
プーチン大統領
日露首脳会談
日ソ共同宣言
北方領土問題
ロシア科学アカデミー極東研究所
キスタノフ日本研究センター長
国後島
択捉島
安倍総理
菅官房長官
日ロ友好議員連盟
逢沢会長
岸田政調会長
河村元官房長官
辻元国対委員長
玉木代表
立憲民主党
国民民主党
河北健診クリニック
杉並区
杉並区(東京)
肺がん
国立がん研究センター 検診研究部
田中良区長
厚真町(北海道)
天皇皇后両陛下
宮坂尚市朗町長
厚真町
北海道地震
阪神・淡路大震災
APEC
ペンス副大統領
李克強首相
習近平国家主席に
ASEAN
東アジアサミット
自由で開かれたインド太平洋構想
北京(中国)
南シナ海
パプアニューギニア
東シナ海
中国
オーストラリア
安全保障
紀勢自動車道
紀北町(三重)
ステップワゴン
ステップワゴンスパーダ
N BOX+Custom
N BOX+
N-BOX+
N-BOX+Custom
ホンダ

気象情報 (ニュース)
21:41~

東京スカイツリーからの様子を紹介。全国の天気予報を紹介した。

SPORTS (ニュース)
21:46~

大相撲、稀勢の里初日から4連敗の末今日から休場となった。4連敗は、横綱として87年ぶりに不名誉な記録となった。右膝のケガで1ヶ月療養が必要と診断され、5日目の今日から休場した。稀勢の里は「しっかりまた土俵に戻れるようにしたい」とコメント。師匠の田子の浦親方は「このままでは終われないチャンスをください、と本人は覚悟して臨むとは思う」と様子を語った。

このことについて、元・横綱大乃国の芝田山親方は「精神的に辛い左差しにこだわっていることが裏目に出た。勝ちたいだけに逆転される」と分析した。元横綱の経験から「厳し目で見られるのは仕方ない。どこが足りないか見直して欲しい」とまとめた。

スタジオでは稀勢の里の休場について、日本相撲協会八角理事長からの「どこが痛いと言っていられないので開き直って稽古をするしかない」というコメントを紹介した。

横綱不在の仲元気な相撲で盛り上げているのが22歳の貴景勝。関脇で体重200キロの逸ノ城と戦った。大柄な相手を動き回って押切でいなし、初めて初日から5連勝となった。

貴景勝の試合について、芝田山親方は「完璧じゃないですかね。相手をうまくあわてさせて流れができて5日間完璧」と分析し、横綱不在で「誰に優勝の矢が向くのかはまだまだわからない」とまとめた。

中入り後の勝敗を紹介。大奄美が上手投げで隆の勝に勝利し4勝目、阿武咲は押し出しで隠岐の海に勝利し4勝目、豊山は押し出しで宝富士に初白星、4連勝中の高安は栃煌山にすくい投げで敗れ大関陣が総崩れとなった一番。

今場所の大一番となった、栃煌山と高安の取り組み。大関高安が今場所初黒星で、すくい投げで栃煌山が白星となった。

日米野球、最終戦となる第6戦では日本の期待の若手が活躍した。2回表、23歳の森が25歳の外崎が西武勢の連続ヒットで、同じく25歳の西武の源田がタイムリースリーベースヒットをつないだ。先発の笠原は地元中日の23歳で、5回途中2失点と好成績を収めた。リリーフした中日の3年目佐藤は8回1点を返され満塁のピンチで投げる。三振で見事抑え、日本が4対1で勝利を収めた。

夏の甲子園を沸かせた、金足農業の吉田輝星投手は日本ハムからドラフト1位指名で仮契約を結んだ。会見では「今までは部活だったんですけど仕事になって違いも出てくるのでしっかり意識してやっていきたい」とコメント。地元秋田での入団交渉の仮契約は推定契約1億円で推定年俸は1000万円とみられ、合意した。理想の投手像は「調子が悪いときもいいときもその試合をしっかり組み立てて絶対勝てる投手になりたい、一軍で投げるのがまずは目標にしていきたい」と語った。

阪神からドラフト1位で指名された、大阪ガスの近本光司選手も今日仮契約を結んだ。推定契約金は1億円と出来高払い5000万円、推定年俸1500万円で即戦略と期待して好条件を提示し近本選手は合意。50メートル5秒8の俊足で甲子園を駆け巡る。会見では「自分の武器である足でプレーしていきたい。ビックリしないように応援よろしくお願いします」とコメントした。

続いてサッカー日本代表。森保監督が明日ベネズエラ戦の先発を発表した。先発はウルグアイ戦と同じで、「更に積み上げるようトライしてほしい」とコメント。日本は森保監督就任後、強化試合を3試合連続で勝利。先月の試合では攻撃陣の若手が目立った。中でも23歳の南野拓実選手は3試合全てでゴールを決めている。

スタジオでは、サッカー日本代表若手3人の活躍の要因に共通点が見いだせることを紹介。所属しているリーグで中島翔哉選手はポルトガルで9月の月間MVP、南野拓実選手はオーストリアで先週のヨーロッパリーグでハットトリック達成、堂安律選手はオランダのリーグ戦で2試合連続ゴールを決めている。

ゴルフ国内男子ツアーでは、松山英樹選手が「人生初」だという苦い経験をした。第1ラウンド、14番の第2打でピンに寄せるがボールを別の選手のを間違って打ってしまい、2打のペナルティが付き、首位小田孔明と6打差の56位で1日目を終えた。誤打については「ただの不注意。残念なプレーをしてしまった」と明日以降でやっていく意志を語った。スタジオで間違えが起こったことについて、同じメーカーのボールだったことと、相手が飛ばし屋なので手前が自分のボールと思ったことの2つの原因が挙げられた。

フィギュアスケート、羽生結弦はグランプリシリーズではフィンランド大会で今シーズンの世界最高得点をマークし優勝した。次に臨むロシア大会の試合を翌日に控え調整に臨んだ。40分間の調整で、フリーの曲をかけた練習では4回転トーループとトリプルアクセルの連続ジャンプを大きなミスなく飛んでいた。今大会の結果で来月カナダで行われるグランプリファイナルへの出場が決まる。羽生選手は「やれることはやったかな」とコメントした。

バスケットボールNBAで先月デビューを果たした、渡邉雄太選手。2試合目の出場でこの日は守備でみせた。2メートルを超える相手についていき、後ろからのブロックを成功させた。前回より3分長くなって、今回出場試合は7分46秒となった。

キーワード
稀勢の里
田子の浦親方
八角理事長
貴景勝
逸ノ城
大奄美
阿武咲
豊山
栃煌山
高安
日米野球
外崎
源田
笠原
佐藤
秋田県
吉田輝星投手
日本ハム
西宮(兵庫)
大阪ガス
阪神
近本光司選手
森保監督
南野拓実選手
中島翔哉選手
堂安律選手
大分県
国内男子ツアー
松山英樹選手
小田孔明
宮崎県
モスクワ
羽生結弦
グランプリシリーズ
渡邊雄太選手
グリズリーズ
バックス
ミルウォーキー(アメリカ)
隆の勝
隠岐の海
宝富士

エンディング (その他)
21:59~

エンディング、このあとのクローズアップ現代ゆるキャラブームに異変の話題を番宣した。

為替と株の値動きを伝えるテロップ。

ニュースウォッチ9のツイッターとインスタグラム@nhk_nw9のテロップ。

キーワード
ロンドン
日経平均株価
東証株価指数
ツイッター@nhk_nw9
インスタグラム@nhk_nw9
  1. 前回の放送
  2. 11月15日 放送
  3. 次回の放送