ニュースウオッチ9 2012年12月11日放送回

『ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。なお、番組名は『ニュースウォッチ9』ではない。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年12月11日(火) 21:00~22:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
21:00~

群馬県の武尊山で男性2人を救助した際の映像を紹介。きょう3つの雪山で7人が遭難した。新潟県魚沼市の越後駒ケ岳では男女3人が遭難、保護されて下山した。

ここ10年増加している山への遭難。登山ブームは若い人にも広まっている。千代田区の登山用具店アドバイザーの男性も今練習で山に入る人が多いと話す。プロの山岳ガイドが12月の登山こそ対策が必要だと話す。遭難した3人も雪山の登山経験があったが、想定外の事になってしまった。

北朝鮮がミサイルを発射台から取り外す動きがあることを韓国政府が明らかにした。仮に本格的な修理をするなら発射には最低1週間かかるとみられる。金田秀昭さんは、組み立てたまま露天にさらされた状態で修理するのは困難だとと話、更に、予備機と入れ替えてしまうことも考えられると語った。

ノーベル医学生理学賞に輝いた山中伸弥さんが日本時間のきょう未明にストックホルムで授賞式に臨んだ。授賞式後の 晩さん会ではマドレーヌ王女と会話を楽しんだ。会見で山中さんはips細胞の創薬への応用への思いを口にした。

ips細胞を巡って激しい研究開発競争が行われているアメリカのベンチャー企業などは、シェアを狙った特許の取得を目指している。特許が専門の弁護士グレース・パンさんはiPS細胞は時は金なりの状況だと話す。アメリカ政府も研究開発を支援しており、補助金は総額で240億円。

iPS細胞を使った研究開発競争は激しさを増すが、一部の企業が圧倒的シェアを持つことは薬の値段の高騰につながる。山中さんはすべての人にiPS細胞研究の成果を役立てたいとして、基本的な技術の特許を取得し広く提供していきたいとしている。

ヘリコプターで救助された男性2人はおととい朝日帰りの予定で武尊山に出かけたが大雪となり遭難した。2人共、登山には慣れており冬山に備えた装備で出かけていた。ところが、二人は昨日になっても戻らず救助要請が入った。しかし、大雪のため、捜索は困難と見られ今日、昼過ぎに救助された。命に別状はないが疲労が激しい。

新潟県魚沼市の越後駒ケ岳では、50歳から65歳の男女3人はおととい下山する予定だったが予想を超える大雪にあった。下山のスピードが想定より遅くなり、山の中で余分に1泊した上車の中で1泊した。

被災者であるドライバーが震災の経験や現状を伝える語り部タクシーを特集。運転手の男性は震災で義理の息子を亡くした。男性は、津波の被害を受けた沿岸部を観光客らに案内し何があったかを伝えている。

仙丈ヶ岳の麓にである伊那市には遭難した浜松市の兄弟2人が乗ってきた車がとめられている。警察が捜索した結果男性1人が心肺停止の状態で見つかったがもう1人は見つかっていない。

日本海側を中心とする大雪は異例の積雪となった。遭難現場の武尊山や越後駒ケ岳に近いみなかみ町や魚沼市の観測点では短期間で集中的に雪が降り積もった。きょうの積雪は平年の約8倍となっている。

数十年に一度の強さの寒気に平野部でも雪が積もっており、名古屋では16年ぶりに12月上旬の積雪を観測。強い換気が流れ込んでいる理由について、気象庁は偏西風の影響を指摘している。今年は偏西風が大きく蛇行し、北極圏からの寒気が流れ込んでいる。上空5500mは-33℃となっている。

井田寛子が、寒気の原因である負の北極振動を解説。負の北極振動とは北極付近の寒気が流れやすいことである。偏西風が蛇行した影響で、日本だけでなくヨーロッパでも寒気が強くなっている。

井田寛子が、これからの寒気や積雪について説明し、今年はこれからも雪の積もるスピードが早まっていく予想で備えを呼びかけた。

iPS細胞がビジネスに繋がるのは自然なことだが、山中さんの理想からかけ離れていってしまっては困ると大越健介らがトークをした。

男性がこれまで乗客を連れてこなかった義理の息子が亡くなった宮城野区蒲生を案内する様子を紹介。実は、娘と孫は、義理の息子が津波に飲まれた瞬間を小学校の屋上から目撃していた。男性は地震にあった気持ちを人に言い伝えられたらと語った。

語り部タクシーについてスタジオトーク。語り続けることの大切さだけでなく悲しみを乗り越える力になっているように見えたと大越健介らが述べた。

語り部タクシーを始めた仙台市のタクシー会社は、23人が語り部となっている。しかし、被災地には平穏な日常はまだ訪れていない。先週金曜日、震度5弱の地震が起きた。男性は、すぐに娘と孫の家を目指した。家族は全員無事だったが、孫は怯えていた。

翌日も、男性は語り部タクシーを走らせたが、義理の息子が流された蒲生地区にも連れて行って欲しいと要望があり、案内し当時の事を語った。これから残された娘や孫達のためにも前向きに歩きたいと話した。

キーワード
山中伸弥さん
ips細胞
ノーベル賞授賞式
魚沼市(新潟)
群馬県
武尊山
越後駒ケ岳
群馬県警察
語り部タクシー
伊那市(長野)
浜松市(静岡)
仙丈ヶ岳
千代田区(東京)
みなかみ町(群馬)
偏西風
ストックホルム(スウェーデン)
マドレーヌ王女
長岡市(新潟)
iPS細胞
京都府
名古屋市(愛知)
山中さん
岐阜県
ミサイル
トンチャンリ(北朝鮮)
サンフランシスコ(アメリカ)
アルツハイマー病
ボストン(アメリカ)
東日本大震災
蒲生(宮城)
閖上(宮城)
地震
仙台市(宮城)

“党首を追って” (ニュース)
21:33~

衆議院選挙の投票日を5日後に控え、各党党首が訴えを続けている。野田首相は生活者の目線にたった政策を少しずつ進めてきたと自負しており、特に子育て支援の充実は子ども手当の延長など実績を残してきた。今回は政治が前に進むのか後退してしまうのかを決める選挙であると述べた。また今回のライバルは第三極ではなく自民党であるとし自民党の経済政策を強く批判する。腹をくくった決断力を押し出し総理大臣の座獲得へ向け全国を回っている。

安倍総裁は福島にていち早く復興を目指していく考えを示した。街頭演説では一番に経済政策を訴え大胆な金融緩和を行なっていく旨を話している。国益をこれ以上失いたくないとし民主党の今までの外交政策については強く批判する。各地の世論調査では自民党の優勢が言われているが、安倍総裁は日本そして自分自身が再び立ち上げることを示していきたいと考えている。

明日は日本未来の党、公明党、日本維新の会、共産党について詳しく見ていく旨を話した。

キーワード
民主党
安倍総裁
福島県
世論調査
日本未来の党
日本維新の会
共産党
衆議院選挙
上越市(新潟)
安住幹事長代行
総選挙
ニュース7
経済政策
金融緩和
新居浜市(愛媛)

ニュース (ニュース)
21:43~

国際学力調査で日本の子供達の算数・数学・理科の平均得点が小中学校ともに上昇傾向となった。平世19年より小学校では算数が17点あがり585点、理科は11点あがり559点、中学校では数学570点、理科が4点あがり558点となっている。8年前の調査で低下傾向が明らかになりゆとり教育を転換するきっかけとなった。文部科学省は授業に実験などを多く取り入れる指導を学校が改善したためであるとしている。

キーワード
国際学力調査
ゆとり教育

気象情報 (ニュース)
21:44~

全国各地の天気予報紹介。

キーワード
飯山市(長野)

sports (ニュース)
21:48~

ロシアのソチで開かれたグランプリファイナルで優勝した高橋大輔選手と浅田真央選手が帰国した。鈴木明子選手は3位となった。高橋大輔選手は結果はよかったが内容は課題が残ったと厳しいコメントを示した。浅田真央選手はソチ五輪と同じ会場でよい結果を出せたことを励みに今後のシーズンへの抱負を語った。

柔道の新しいルールが来年2月から試験的に導入される。畳の上の審判が3人から1人に変わりその2人は映像チェックへとまわり、延長戦で決着がつかない場合の旗による判定は廃止する。また延長線は無制限である。ロンドン五輪ではジュリーで判定が覆ったという反省を生かして、ジュリーは審判が必要とした場合にのみ意見することとなった。その他では下半身への手や腕を使う行為を禁止、抑えこみの時間も5秒短縮された。全日本柔道連盟の上村会長は、選手だけではなく審判の判定にも影響を与えると考えられるのであくまで試験的に行なってみて議論を尽くしたいと述べた。

ロンドン五輪競泳男子200メートルバタフライの銅メダリスト松田丈志選手が、24年間二人三脚でやってきた久世由美子コーチのもとを離れる決断をした。松田選手は、記者会見で、涙ながらにコーチに感謝の想いを述べた。

ソフトバンクの柳田悠岐選手は、今年8月のロッテ戦でホームランを打ち決勝点を放った。柳田選手が長年慕ってきたベテラン小久保選手は引退を表明し、これからはその後継者として期待されている。

キーワード
高橋大輔選手
浅田真央選手
鈴木明子選手
上村春樹会長
松田丈志選手
久世由美子コーチ
小久保裕紀選手
ソチ(ロシア)
グランプリファイナル
ソチ五輪
ロンドン五輪
ソフトバンク
柔道
ジュリー
渋谷区(東京)
延岡市(宮崎)
ロッテ
宮崎県

エンディング (その他)
21:58~

東日本大震災から1年9か月が経った心境を大越健介らがスタジオで話し、今日の東北の様子を流した。

キーワード
東日本大震災
  1. 前回の放送
  2. 12月11日 放送
  3. 次回の放送