クローズアップ現代 2014年5月22日放送回

放送日 2014年5月22日(木) 19:30~19:56
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

新ロシア派の住民を支援する物資が、密かに国境を超えて運び込まれてきた映像が流れた。今月、住民投票を強行し、ウクライナからの独立を宣言した東部の親ロシア派は、大統領の選挙を阻止しようとしている。背後では、ロシアのある政党が暗躍していることがわかった。国家分越の中行われる大統領選挙、融和を訴える候補が支持を集めている。ウクライナを特集する。

キーワード
ポロシェンコ氏
ウクライナ

国家分裂は避けられるか~緊迫 ウクライナ大統領選~ (バラエティ/情報)
19:31~

今月12日、キエフで29歳男性の葬儀が行われた。親ロシア派に抗議する運動に参加し殺害されたという。参列者らは武力に訴える親ロシア派に怒りを募らせる。ウクライナ西部では親ロシア派への反発が高まり、大統領選ではティモシェンコ元首相らがロシアと対峙する構えを見せている。

ウクライナ民族主義を掲げる右派セクターは、敵国・ロシアと戦うと宣言。一部市民の間で支持を集めている。キエフ郊外にある右派セクターの拠点で代表・ヤロシ氏の話を聞く。ヤロシ氏は「我が国の主権を守るため、ウクライナ民族主義者として断固として戦う。既に実際戦っている」と話した。

汚職にまみれた政治を変えたい市民によって、ウクライナの政権が倒されたのが今年2月。国家分裂の自体打開の大きなカギを握っているのは25日に行われる大統領選挙。しかし、実地されるか不透明な状況となっている。ウクライナで混乱がエスカレートしている要因は、過激な民族主義を掲げる2つの勢力が西(親ロシア派)と東(暫定政権・右派セクター)で激しく対立していること。プーチン大統領は親ロシア派に対して、距離を置き、自制を促している。

ドネツク(ウクライナ)では、親ロシア派の住民らが東部の権限拡大を求めて、州政府庁舎の選挙を続けている。今月11日、住民投票を強行し、一方的にウクライナからの独立を宣言した。これを受けて、大統領選挙を実地しないとしている。大規模な活動を行う背景には、ロシアの政党「祖国」などの支援があるとみられている。クリミア編入の際にもクリミア自治共和国の首相を陰で支えた。ロシアの政党「祖国」の幹部は、クリミアに続いてウクライナ東部の編入をプーチン大統領に働きかけることが目標だと話した。

前政権を倒すデモに参加したロマンさんだったが、ウクライナ東部では販売活動がほぼできず、売り上げが大幅に落ち込んでいる。ロマンさんはさらに東部に住む親戚から、前政権を倒したから混乱を招いたと非難されている。最新の世論調査で30%超の支持を集める元外相・ポロシェンコ氏は、“一つのウクライナ”を掲げ訴える。ポロシェンコ氏に期待を寄せるロマンさんは、大統領選に最後の望みを託す。

ロシアの政党「祖国」は、1ヶ月以上ウクライナ東部の編入を目指し、活動を続けてきた。祖国の党員は、東部の住民投票の実地を支援し続けてきた。新ロシア派の住民を支援する物資が、密かに国境を超えてドネツク州政府庁舎へ運び込まれてきた映像が流れた。メディアを通した宣伝活動にも力を入れており、物資が届く映像を撮影し、テレビで繰り返し放送し、ロシアが東部の住民の後ろ盾になっていることを伝えるためだった。

親ロシア派を支援しているのは、政党だけでなく、愛国的グループや元情報機関職員など様々な勢力が含まれているとみられている。国際社会は、ウクライナ東部の混乱にロシアが関与していると避難し、ロシアへの経済制裁を一段と強めている。プーチン大統領は、親ロシア派の動きを抑えようと住民投票の延期を呼びかけた。しかし、今月11日に住民投票を強行し、ウクライナからの独立を宣言した。祖国は、東部で大統領選挙を阻止する活動を活発化している。

東には親ロシア派、西には右派セクターがいることで国民が翻弄されているが、5月25日のウクライナ大統領選はポロシェンコ氏が当選するとみられる。最初にやるべきことは親ロシア派を含めた直接対話であると畔蒜泰助が解説した。

東京財団研究員・畔蒜泰助を招き、ウクライナ情勢について詳しく聞く。ウクライナ東部の親ロシア派住民は、西部の暫定政権の政策について不満を持つ。ロシア側も親ロシア派の意見を取り込む形で、ウクライナの一部にロシアの利害を反映したいのではと話した。

キーワード
ティモシェンコ元首相
プーチン大統領
右派セクター
キエフ(ウクライナ)
プシリン氏
ドネツク(ウクライナ)
祖国
ヤロシ氏
モスクワ(ロシア)
アクショノフ首相
ドネツク州政府庁舎
ウクライナ
ポロシェンコ氏
東京財団
ロシア

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月22日 放送
  3. 次回の放送