ニュース・気象情報 2018年12月21日放送回

放送日 2018年12月21日(金) 10:55~11:05
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース・気象情報 (ニュース)
10:55~

日産の前会長が10年前のリーマンショックで生じた私的な投資での18億円余の損失を日産に付け加えるなどしていた疑いがあるとして東京地検特捜部は日産に損害を与えた特別背任の疑いで再逮捕した。東京地裁は昨日、容疑者らの勾留の延長を認めない決断をしていた。日産自動車の広報部は事実関係を確認中で現時点ではコメントできないとしている。

昨日勾留の延長が認められなかったことで近く保釈される可能性があった。しかし、東京地検特捜部が特別背任の疑いで再逮捕したことでさらなる長期化の勾留となるとみられる。日産の前会長が10年前のリーマンショックで生じた私的な投資での18億円あまりの損失を日産に付け加えるなどしていた疑いがある。証券取引等監視委員会も把握しており、当時取引をしていた銀行に違法性の指摘をしていたという。特捜部は容疑者を取り調べ、取引の実態解明を進めるという。東京拘置所前から中継。容疑者の弁護士は朝から接見していたが、さきほどまた拘置所を訪れたという。昨日の接見の際は「裁判を通じて自分の主張を聞いてもらい名誉を回復したい」と話していたとのこと。日産は事実関係を確認中でコメントできないとしている。日産は前会長が会社の資金を私的な投資に使用したことなどの内部調査の公表を検討しているという。また損害賠償請求も視野に。一方で前会長は日産の取締役かつルノーの会長を継続していることで両者が経営の主導権を握って対立する中、今回の再逮捕の影響が焦点となる。

特別背任について。関係者によると、日産の前会長が10年前のリーマンショックで生じた私的な投資での18億円余の損失を日産に付け加えるなどしていた疑いがある。証券取引等監視委員会も当時把握しており、取引をしていた銀行に違法性の恐れを指摘をしていたという。今後について。今日の逮捕により、容疑者の身柄拘束が継続されることになった。検察は昨日再逮捕し勾留延長を求めたが、裁判所が容疑が同じ構図のため勾留延長を認めなかった。保釈の流れが進むものと見られたが、特捜部の捜査を継続したいという意向が強く現れたとみられる。

日産の前会長が10年前のリーマンショックで生じた私的な投資での18億円あまりの損失を日産に付け加えるなどしていた疑いがあるとして東京地検特捜部は日産に損害を与えた特別背任の疑いで再逮捕した。東京地裁は昨日、容疑者らの勾留の延長を認めない決断をしていた。日産自動車の広報部は事実関係を確認中で現時点ではコメントできないとしている。

今年2月港区で起きた交通事故で警視庁は運転していた東京地検の元特捜部長で弁護士の男から話を聴き、車の記録装置の解析などを行い捜査していた。その結果、エンジンをかけたまま車を降りようとして誤ってアクセル100キロ以上で急発進したとみられることがわかり、今日書類送検した。警視庁によると男はアクセルを踏んだ覚えはないと話しているという。この男は東京地検特捜部長などを歴任し、金丸信氏の脱税事件などを指揮していた。

全国の気象情報を伝えた。

株と為替の値動きを伝えた。

キーワード
日産自動車
東京地検特捜部
東京地方裁判所
横浜(神奈川)
特別背任
特捜部
証券取引等監視委員会
ルノー
日産
裁判所
過失運転致死
警視庁
金丸信元自民党副総裁
白金(東京)
日経平均株価
東証株価指数
東京市場
  1. 前回の放送
  2. 12月21日 放送
  3. 次回の放送