ニュース・気象情報 2015年7月11日放送回

放送日 2015年7月11日(土) 5:00~ 5:15
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
05:00~

ウィーンで開かれている関係6カ国とイランの協議は交渉期限を迎える中、アメリカ・EUが声明を発表し、3度目となる交渉期間延長に踏み切り、期限を3日間延長し、交渉を続けることを明らかにした。イギリスのハモンド外相は「進展はあるが非常に停滞している」等と述べた。交渉では核兵器の開発疑惑が指摘される軍事施設の査察など対立点が残っているとみられる。関係国外相は11日にウィーンに再び集まる予定。

自民党のインターネット番組で、安倍首相は安全保障関連法案について、憲法学者の間から憲法に反しているなどと指摘されているが、国民の命を守り、国を守る責任はまさに政治家にあり、憲法学者が反対だから反対という政治家は責任を憲法学者に丸投げしている」等述べた。今国会で法案を成立させる決意を示した。「国際法学者は賛成の方が多い」とも述べた。

りそな銀行は平日に店舗に訪れにくい子育て世代の顧客を獲得するため、休日でも住宅ローンなどの相談を離れたところにいる専門の銀行員とタブレット端末を通じてできる新しいタイプの支店を設ける。新タイプの支店を2015年秋 東京・江東区に設置する。顧客は契約を結ぶ前の手続きまでできるという。土日・祝日も営業、予約がなくても仕事帰りや休日に相談できる。一方、遠隔相談を導入することで支店の従業員を同規模の支店の半分程度に人員を減らすことができるとしている。

日本で暮らす「中国帰国者・日中友好の会」の会員の中国残留孤児ら50人あまりが、11日から中国を6年ぶりに訪れる。滞在中、養父母たちと再開のほか、一般の人たちに舞踏劇を披露して交流する予定。6年前には当時の温家宝首相とも会見していて、今回も中国指導部との会見の実現が注目。池田理事長は「わたしたちは日本と中国の架け橋を死ぬまでしたい」等話した。

キーワード
ウィーン(オーストリア)
EU
ハモンド外相
りそな銀行
タブレット端末
北京(中国)
東京
安倍首相
安全保障関連法案

リポート (ニュース)
05:06~

「もち小麦」を特集。三重県桑名市では6年前からもち小麦の栽培を行っており、いまでは年間10tを栽培している。もち小麦はもち米とデンプン構造が似ており、パンを作ると普通の小麦よりももちもちしたものができる。もち小麦は20年前に開発されたが、収穫率が悪く普及しなかった、しかし品種改良され、再び注目されている。

至学館大学の藤田静子准教授は、喉に詰まりにくいもちが作れるのではないかと「もち小麦」に注目した。藤田准教授は「なかなか施設では餅を出すことができない。代わりに小麦で出せるのではと思った」と語った。もち小麦はこねてゆでるだけでもちになるので調理も簡単。藤田准教授らはゆで時間やもち小麦の量を変え、もちの食感に近いものを作り上げた。名古屋市中区の福祉施設で試作品をたべてもらうと「食べやすかったです」「ビョーンとのびると入れ歯の人困るもんね」「もう少しやわらかくねった方がいいと思う」との意見が出た。

キーワード
もち小麦
桑名市(三重)
中区(愛知)

経済情報 (ニュース)
05:12~

為替、株の値動きを伝えた。

キーワード
為替
ダウ平均
ナスダック
日経平均
東証指数

全国の気象情報 (ニュース)
05:13~

全国の天気と週間予報などを伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 7月11日 放送
  3. 次回の放送