あさイチ 「JAPA−NAVI ”雲の上の町”高知・梼原町」

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月1日(木) 8:15~ 9:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

きょうのラインナップがテロップで表示された。

大吉さんは「8月ですからね、実生活も時間がすぎるのはやいな」などとトークした。

キーワード
サラダ焼きそば
楠原町(高知)
希少がん

特集 マルチ商法に注意 (バラエティ/情報)
08:16~

ある商品を買うために多額の借金をし、返済に困る学生が増えているという。その商品とは投資に役立つ情報が入っているというUSBで、価格は50万円以上する。しかしここで入っている情報で設儲けることは難しく、借金だけが残ってしまうという。東京都消費生活総合センターによると、こういった相談はこの3年で5倍に増えているという。実際にUSBを購入してしまった学生がインタビューに答えた。学生時代の友人から久々に連絡があり、投資で月に30万円もうけているという話をされ興味を持って会うことになった。投資に関するを紹介すると言われ、夜に3人で会うことに。巧みな話術でUSBや借金の話になり、その流れで50万円の学生ローンを借り、USBを購入してしまったという。

弁護士の村さんは「スマホの普及で若い人のコミュニケーションの範囲が広がった。あと若い人に投資に興味のある人が多いので、広まった」と話す。勧誘の手口を紹介した。「すごい人に会わせるからスーツで」という手口は、なにか特別な感じがしてチャンスなのではと思わせてしまうという。また、普段着慣れていない服を着ることで緊張して精神的に追い込まれてしまうという。「ホテルのラウンジなどに誘い、高級ブランド品を見せつける」という手口は、投資で儲かることをアピールするという。「最初から最後まで友人・知人が付き添う」という手口は断りにくくするという。この友人・知人も、いつの間にかUSBを勧誘する仕掛けになっているという。実際にUSBを購入し、販売の勉強をさせられた学生のエピソードを紹介した。村さんは「(USBを販売すれば)行政処分される可能性があります。行政処分されると実名を公表しなきゃいけない。ケースによっては懲役3年などの刑事罰の対象になることもありえます」と述べた。買ってしまった場合、クーリングオフ制度があり、期限が過ぎてしまった場合でも返金交渉ができる。消費者ホットラインは「188」。

キーワード
東京都消費生活総合センター
金融庁
渋谷(東京)
スマホ
マルチ商法

JAPA-NAVI (バラエティ/情報)
08:30~

やってきたのは四国カルスト。高知・梼原町は雲の上の町とも言われている。ここにある高級グルメがキジ。案内してくれた西村さんは雉生産組合の組合長だった。キジは古くから日本人にとって馴染み深い鳥。鎌倉時代に書かれた徒然草では、天皇の前に出せるほどの高級食材と記されている。関西の老舗旅館などから注文が入る梼原のキジ。そのおいしさの秘密は冬の厳しい寒さ。寒さをしのぐためキジ達は脂をつけ、その脂に旨味が凝縮するそう。また贅沢のエサもおいしさの秘密。手作り野菜のおかげで肉の質がよくなる。キジのおいしい食べ方を地元の方に教えてもらった。まずはキジ肉そのままの旨味を楽しむキジ焼き。キジのおいしさの秘密は脂。脂をプレートに塗っていく。そこに皮や脂身をつけたままのキジ肉を焼いていく。中に火が通る程度に焼いて味付けは塩こしょうだけ。キジ肉の真骨頂はだし。まず袋に1羽分のガラを入れる。これを2リットルの水で2時間ほど煮込めばできあがる。

やしろさんと中道さんは、日用品から食品まで何でも揃うとある商店。ここに「山の絶品グルメ」があるそう。絶品料理は1合以上の酢飯を使ったサバずしだった。サバずしは梼原では昔からよく食べられている郷土料理だそう。その昔、海から遠い梼原では道中で腐ってしまわないようにサバを塩漬けにして運んでいた。そのサバを塩抜きして使う「サバずし」が長い間梼原の人たちのごちそうになってきた。この「サバずし」には美味しさを引き出す高知ならではの方法があった。ポイントは高知の名産・ゆず。酢飯にゆず果汁を混ぜるだけでサバの臭みが消え、格段に美味しくなる。塩抜きをして一晩漬けた塩サバに、ゆず入りの酢飯をしっかり詰めるれば「サバずし」の完成。市販のサバずしにもゆずを少しかければ風味が良くなるそう。さらにこのサバずしは梼原の人たちがしているリメイク術があるそう。それは「焼いて食べる」こと。作り方は、フライパンに酢飯がつかないように少しだけ油をひき、しゃりごと軽く焼き目がつくくらい焼くだけ。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

やしろ優さんは「すごい盛り上がりました。お父さんが何回も飲ませてきて」と話した。高知・梶原町出身の方からのお便りを呼んだ。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

「高知・梶原町の思い出・オススメ情報はこちら。FAX 03-3481-0099 メールはホームページから」とテロップ表示。

やしろさんはスーパーおばあちゃんと呼ばれる伊藤辰子さんと出会った。辰子さんはキリエ職人で、部屋には四国88ヶ所の仏像や、寺の切り絵が飾ってある。以前は下絵から全て自分がやっていたが、今は知り合いの画家が描いた絵で切り絵をしており、辰子さんは「私は88歳だけどこれがあるから元気でいられるのよ!」と話している。辰子さんの夫の誉司さんは、45歳のときに心筋梗塞で亡くなり、その悲しみを癒やしてくれたのは切り絵だった。今、辰子さんは誉司さんが好きだった梼原町の文化を残そうと作品を作り続け、作った切り絵を出会った人にプレゼントしている。

やしろさんは「ゆずを入れてもしつこくなくて、ツンともしない。サバとすごく合うんです」と言った。スタジオにも「サバずし」が用意された。さらならるリメイク術は、「サバずしの天ぷら」。サバずしに軽めの衣をつけ、180度の高温で1分程度揚げるだけ。表面がカラッとしたら出来上がり。やしろさんは「地元の人は『天ぷらだとさらにテンションが上がる』って言っていました」とコメントした。

スタジオで片瀬那奈さんらがキジだしを試食。やしろ優さんは「優しい味なのでいろんな料理に使えるラーメン、お鍋、カレーにもいい」と話した。今日も視聴者の方からメールやFAXを募集している。今日のテーマは「高知・梼原町の思い出・オススメ情報」でFAX03-3481-0099、ホームページから。

あんまんちゃんは「梼原は高知と愛媛の間にあって、旅人がよく通っていた場所なんですって。だから昔からお客様を大事におもてなししてきたそうなの。だから私も行ってきちゃいました」と言った。女性の集団に「ちょっと休んでいきませんか?」と言われ、お茶が出てきた。あんまんちゃんが立ち寄ったのは「お茶堂」と言い、100年以上前から旅人にお茶の接待をしていた場所。あられやカリカリ梅・ふき菓子などが続々と出てきたが全て無料で、地域の人のご厚意だそう。梼原では、遠くから来る人は服を持ってくるという「客人信仰」が伝わっている。そのため昔から旅人に厚くおもてなしするのが風習となっている。このおもてなしの文化は一泊するとさらに感じることができるということで、あんまんちゃんは民宿に泊まることにした。すると7品もの大皿料理が出てきた。奥様が「全部食べきらなくて良いのよ。梼原では余るばあ作って、お客さんが好きなものを食べてもらうのが昔からの風習よ」と言った。同じ盃でお酒を飲むと、年齢や立場に関係なく誰とでも仲良くなれるそう。家族のみなさんが続々とやってきた。宴会は誰でも参加OK。多くの人に囲まれて楽しむのもおもてなしの一つ。そこへやしろさんと中道さんもやってきた。

やしろさんは「これらが辰子さんの作品です。部屋に飾ってあります、ありがとう辰子さん!」、中道さんは「一つの作品を作るのに4時間かかっているそうです」と話した。スタジオで、高知・梼原町の思い出のお便りを読んだ。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

「高知・梶原町の思い出・オススメ情報はこちら。FAX 03-3481-0099 メールはホームページから」とテロップ表示。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

キーワード
HP
ナス
ゆず
サバずし
梼原町(高知)
ホームページ
兵庫県
梶原町(高知)
サバずしの天ぷら
焼きサバずし
かぼちゃ
コショウ
キジ
切り絵
心筋梗塞
辰子さん
雲の上の図書館
新国立競技場
隈研吾さん
スイカ
オレンジ
パイナップル
東京都
福島県

ニュース (ニュース)
09:00~

北朝鮮は金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いのもと、新たに開発した大口径のロケット砲の発射実験をきのう行ったと発表。発射後、金委員長は“この兵器の的になることをみずから招いた勢力にとって悩ましいことになるだろう”とのべ、発射の結果に満足し軍の戦闘力を強化するうえで大きな戦略的意義を持つとして高く評価したと伝えている。アメリカ軍と韓国軍は今月5日から合同軍事演習を行う予定で、北朝鮮はこれに強く反発していることから発射は米韓を牽制する狙いがあったとみられる。一方、韓国軍はきのう北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表しており詳しい分析をすすめている。(労働新聞)

世界のスマホの今年4月から6月の出荷台数が、消費者の買い替えサイクルが長くなっていることなどが要因で去年の同時期とくらべ2%あまり減少。またアメリカ政府が製品の輸出を原則、認めない措置をとっている中国のファーウェイは国内販売を強化し世界シェアで2位を維持した。

今年4月の青森県沖での墜落事故をうけ中止していた自衛隊のF35の飛行訓練について、防衛省はパイロットの訓練や機体の点検整備などの徹底、基地周辺の自治体の一定の理解が得られたなどとし、今日再開させる方針。

アメリカで10年半ぶりに利下げが決まり注目された東京株式市場は、先程取り引きが始まり売り注文が広がり株価は値下がりしていると伝え、為替と株価の値動きを伝えた。市場関係者はFRBの複数回利上げを行うことを期待した投資家が多く、東京市場でも売り注文が増えていると話している。

全国の天気予報を伝え、熱中症には警戒が必要と注意を呼びかけた。

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
金正恩朝鮮労働党委員長
韓国軍
労働新聞
アメリカ軍
合同軍事演習
短距離弾道ミサイル
ウォンサン(北朝鮮)
スマートフォン
ファーウェイ
F35
防衛省
青森県
東京証券取引所
日経平均株価
FRB
ダウ平均株価
熱中症
東証株価指数

特集 希少がん (バラエティ/情報)
09:05~

知っていますか? 希少がん。胃がんや肺がんと違い人口10万人あたり6例未満という症例数が少ないがん。これをまとめて希少がんという。国立がん研究センター中央病院に希少がんに特化して診療を行う国内唯一の施設がある。3年前から通院している戸玉さん親子。小学6年生の優芽ちゃんは9歳の時網膜芽細胞腫という目の希少がんを発症した。網膜芽細胞腫は目の網膜にできる腫瘍で年間80人程度の子どもが発症すると言われている。戸玉さん親子がこの病院にたどり着くまでには長い道のりがあった。はじまりはよくある目が見づらいという症状だった。眼科では原因がわからず大学病院を改めて受診することにした。精密検査の結果、希少がんの一つ網膜芽細胞腫と診断された。その時優芽ちゃんの左目には直径2センチ以上の腫瘍ができていた。娘にがんが見つかったことに驚く中、さらに医師から伝えられた治療法は目の摘出だった。戸玉さん夫婦は目を残せる方法はないか自ら調べた。インターネットの掲示板でも情報を求め、やっとの思いで目を温存して治療を行う今の病院にたどり着いた。それから3年。目の温存にこだわる分、治療は長きにわたっている。現在は目に直接抗がん剤を打つなど全身麻酔の手術を月1回受けている。手術はすでに13回。がんは消えたり再発したりと一進一退の状況。この日14回目の手術を迎えた。このまま目を温存しながらの治療で、完全にがんを取り除けるのか。葛藤は日に日に強まっている。がんの進行はみられず、今の治療を継続することとなった。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

26歳の直美さん(仮名)は、右の鎖骨の近くに滑膜肉腫を発症し、現在闘病中だ。滑膜肉腫は皮下組織や筋肉などの軟部組織から発生する悪性腫瘍の一種で、10~20代に多い病気だ。発症したのは3年前で、抗がん剤で治療をしながら仕事を続けてきたが、去年末に悪化し退職を余儀なくされた。これまでの抗がん剤が効かなくなり、腫瘍が神経を圧迫し利き手の右腕に痛みが出るようになった。直美さんは治療に加え、利き手を左手に変えるリハビリなどを行なっている。そんな直美さんの背中を押しているのは、アピアランス外来の臨床心理士、藤間勝子さんだ。アピアランス外来は抗がん剤による脱毛や爪の変色など外見のケアを専門とし、仕事・恋愛・社会で生きていく上での悩みの相談に乗ることもある。病気があっても人生を楽しめると考える直美さんは、「私が症例になればいい。症例は私が作っていけばいい。可能性は無限大だと思うから、それを伝えたい」と話した。

FAX03-3481-0099、HPからとテロップ表示。

希少がんは色々あり、軟部肉腫など耳慣れない場所にもある。希少がんは国内のがん患者全体の15%しめている。NPO法人がんノートの岸田徹さんがスタジオに登場。岸田さん自身も希少がん経験者でそれがきっかけでこの団体を立ち上げた。岸田さんは「僕も25歳の時に胎児性がんという聞いたことがないようながんが首とお腹に見つかった。当時首がはれてクリニックに行っても分からず、問題ないだろうと会社の健康診断でも分からず、半年間放置していたら転移が広がっていた。しっかりした病院で診てもらうことが大切で、僕は医療情報に関しては病院やお医者さんに聞いたらいいと思うが、患者さん側の情報がたりないと思ったので、発信する団体を立ち上げて活動しています」、「何かあったらお医者さんやかかりつけに相談するというのが一番大切だと思う」などと話した。

自身も希少がんを経験した岸田徹さんは「希少がんは周りに同じような人が少なくて、インターネットで発信して同じような人たちと乗り越えていきました。周りの人たちも、がんと聞くとパニックになってしまいますが、特に希少がんは同じような症例が少なく孤独を感じやすいので、ただ寄り添ってくれることが患者さんの勇気になると思います。僕も当時、脱毛したときアピアランス外来に通いました。国立がん研究センターのアピアランス支援センターでは、全国の医療従事者を対象に研修などを行なっており、約400名以上の方が受講し各地で活動しています。だから、病院に相談したらそういった方たちを紹介してもらえると思います」と話した。国立がん研究センターで希少がんホットラインという相談窓口が設けられている。電話番号は03-3543-5601。

病院ラジオの番組宣伝をした。

キーワード
HP
国立がん研究センター中央病院
築地(東京)
希少がん
胃がん
肺がん
網膜芽細胞腫
滑膜肉腫
がんノート
国立がん研究センターアピアランス支援センター
堀ちえみさん
NPOがんノート
国立がん研究センター
軟部肉腫
胎児性がん
舌がん
GIST

おでかけLIVE (バラエティ/情報)
09:25~

藤原さんがやってきたのは気温が12度の栃木県宇都宮市の「大谷資料館」。年間およそ25万トンの石を日本全国に売り出している。藤原さんがいるのは約70年かけて切り出した巨大地下空間。ここで掘り出されていた石は「大谷石」。「大谷石」は軟らかいため加工がしやすく、熱にも強いので今ではピザ屋などの窯に使われている。大谷石がどのように掘られたのか館長・鈴木さんに聞くと「全部手掘りで掘ったそうなんです。手掘りにはツルハシを使うんです」とのこと。壁についたスジは石を削った跡。藤原さんは「ここではもう掘っていないんですが、この涼しい空間を利用して貯蔵庫としても使っているんです」と言って案内した。貯蔵しているのは「米」。大谷石の成分の「ゼオライト」によって食べ物が美味しくなると言われている。他に酒の貯蔵もしており、鈴木さんは「お酒はずっと同じ温度で長い時間置いておくと良いからです」と話した。他にも地下水を利用してイチゴを栽培している。藤原さんはここで栽培したイチゴをいただくと「甘くて美味しいです」と感想を言った。この施設の近くでは軟らかい大谷石を使った加工体験ができる。鈴木さんは「ここは本当に夏の間涼しい、納涼の最適なスポットなので、皆さんにおいでいただけると嬉しいですね」などと言った。現在藤原さんが立っているスペースは特別な許可をもらって入っている。通路を歩くと30~40分ほどで周ることができる。最後に今しか見られないスポットを紹介する。それは外の光が入ってきて、霧に覆われている場所。この景色は夏特有のものなので今の時季しか見られない。

キーワード
大谷資料館
大谷石
宇都宮駅
イチゴ
宇都宮市(栃木)

みんな!ゴハンだよ (普遍情報)
09:33~

きょうは夏におすすめ!野菜たっぷりサラダ焼きそばのレシピを紹介。「夏のサラダ焼きそば」、レンジに1分ほどかけた中華麺を多めのサラダ油をひいたフライパンにのせ片面3分ずつ焼く。その間に、手でちぎったサニーレタス、放射線状に切ったかぶ、斜め薄切りにしたきゅうり、細切りしたパプリカ、半分に切ったミニトマトをあわせておく。フライパンに油をひき、しまむきにし1cm厚さの輪切りにしたなす、しゃぶしゃぶ用の豚肉を焼き、サラダに混ぜる。合わせ調味料は、すりごま、しょうゆ、酢・オイスターソース、ごま油、砂糖、にんにく、しょうが、チキンスープを混ぜておく。合わせ調味料をサラダにかけ絡める。両面焼けた焼きそばの片面に粉チーズをかけ火にかけ、しょうゆをかける。焼けた麺を4等分にしてお皿に盛り付け、和えた野菜をのせてパクチーを飾ると完成。華丸さんらは試食し、「香ばしい」「うまい」などと感想をのべた。

キーワード
夏のサラダ焼きそば
サニーレタス
レタス
かぶ
きゅうり
パプリカ
ミニトマト
なす
にんにく
しょうが
パクチー
豚肉

番組宣伝 (その他)
09:47~

「ドラマ10 これは経費で落ちません!」の番組宣伝。石鹸メーカーを舞台に経理女子が領収書などから社内の人間模様を解き明かすオフィスドラマとなっている。

キーワード
多部未華子さん
片瀬那奈さん

エンディング (その他)
09:49~

視聴者からのお便りを紹介。学生の間でマルチ商法が広まっていることについて、息子の50万円の学生ローンの契約書を見つけ聞くと友だちから投資を進められた。勉強だと思いローンを返済し息子さんにやめるよう話したというもの。相談するとお金が戻るのか?という質問があったため、消費者ホットライン(局番なし)188と番号を紹介。また仮想通貨を50万円買い、データを毎月1万3000円買うというものもあり友人紹介で5万円もらえるというものもあるとのことで、物なし商法といわれ国民生活センターも注意を呼びかけている。希少がんについて、脳神経外科のドクターからの投稿によると、治療法が発展途上だが、あやしい民間療法になびいて悲しい経過をたどる患者さんもいるのが現実となっているとのこと。情報が錯綜した場合は、希少がんセンターのホットライン03-3543-5601までと伝えた。また周りがシリアスになりすぎ精神的にしんどかったという投稿もあり、岸田氏は「何もしなくても一緒にいてくれるだけでありがたい」などとのべた。また兵庫県の方からは、梼原の夏祭り「ゆすはら高原祭り」のフィナーレの花火がきれいだと投稿があった。お祭りは今月14・15日に開催となると伝えた。

あさイチあすは…プレミアムトーク松丸亮吾さん

この番組はNHKオンデマンドで配信しますとテロップ表示。

キーワード
マルチ商法
国民生活センター
希少がんセンター
国立がん研究センター
ゆすはら高原祭り
NHKオンデマンド
神奈川県
愛知県
滋賀県
兵庫県
梼原(高知)
希少がん

番組宣伝 (その他)
09:54~

「世界はほしいモノにあふれてる」の番組宣伝。

「ドラマ10 これは経費で落ちません!」の番組宣伝。

「バリバラ」の番組宣伝。

アイキャッチ映像。

  1. 前回の放送
  2. 8月1日 放送
  3. 次回の放送