あさイチ 「クイズとくもり 見せたくない!夏の“ナマ足”問題」

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月16日(火) 8:15~ 9:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

オープニングトーク。近友里恵の姿が見えない。どうやら、巨大化したようだ。今回のテーマは足元。

クイズとくもり (バラエティ/情報)
08:15~

夏、サンダルを履きたくなる季節がやってきた。ということで、突然、あなたのナマ足、見せてください。みなさん、出さざるを得ない、ナマ足にお悩みが、がさがさ、黒ずみ、虫刺されなど。さらに、消滅寸前、小指の爪。しかし、キレイにみせたいということで、ナマ足のプロ、大集結。恥ずかしい黒ずみがプロの手で一瞬で消滅。魔法のメイクはこの後すぐ。そして、がさがさには、一週間のケアで、潤いが復活。また間に合う、ナマ足大作戦。

サンダルの季節なのに、ナマ足、お悩み、いっぱい。FAX03ー3481-0099

まずはサンダルで起こるトラブル。黒ずみで悩む人達が。でも、どうして夏に黒ずむのか、皮膚科医の吉木伸子さんに聞いてみた。黒ずみの原因は、サンダルが強く当たる。あとは靴下などを履かないので、床や畳などに強く当たる。はだしで過ごすことでこすれ、黒ずみの原因になる。しかしそれらは、メイクで一瞬で消せるそうだ。かづきれいこさんは、リハビリメイクの第一人者。10代女性の縫い傷をメイクでキレイに。これまで3万人の悩みをメイクで解決してきた。見た目は、全然わからない。かづきれいこさんのもとを訪れたのが、足にできた黒ずみがすごく気になっているというこちらの女性。東京都に住むマリさん。3週間前ぶつけてできた黒ずみがいつの間にか黒ずみに。こちらのパンプス、傷が目立ちそうでまだ一度もはけていない。黒ずみを消すのに使うのは、化粧下地とファンデーション、フェイスパウダー。いつもお使っているものでOK。しかし、化粧下地の色がものすごく重要。かづきれいこさんも思わずこのドヤ顔。ここでクイズ。dボタンで参加できる。黒ずみが一瞬で消える使う化粧下地の色は?選択肢は、青、ピンク。赤、ベージュ。緑、黄色。黄、白。

サンダルで・・・黒ずみ&シミ。FAX03-3481-0099

正解は黄色の下地。腕に痣のある番組スタッフが実践すると痣を消すことが出来た。黒ずみを消そうと思う肌の色に近いベージュを重ねても下は透ける分色が暗くなり少し目立つが、肌の色より明るい黄色なら重なった時にちょうど同じ色になる。黄色の下地を選ぶ際のポイントは色で、卵っぽい色が良いとのこと。塗る際は傷だけでなく足全体に塗ることで自然な仕上がりとなる。黒ずみにはスポンジに水を含ませ、カバー力あるファンデを叩くようにして馴染ませる。ファンデが落ちにくいようにフェイスパウダーをつけ、 水をかけ余分な粉をとれば約3分で完成。

FAX03-3481-0099またはHPから。

FAX03-3481-0099、HPからのテロップ。

手のシミや虫刺されには黄色の下地をつけフェイスパウダーで抑えるだけで良いとのこと。皮膚科医の吉木さんが気を付けてほしいというのが紫外線。化粧品会社の調査では頭頂部に当たる紫外線を100とした場合、足の甲に当たる紫外線量74となる。足の甲は約30°で紫外線を受けやすい角度とのこと。対策にはSPF値が高い日焼け止めをマメに塗るのが良いとのこと。ノンケミカルでない日焼け止めは1、2時間で効果が切れるという。塗る際は重ねて良いとのこと。

一問目は、サンダルや虫刺されなどでできる黒ずみを一瞬で消せるメイクテクニックとその色は?今日のゲスト、生田智子と友近を紹介。生田智子と博多大吉チームは、緑の黄色と回答。対する、友近と博多華丸チームは、ピンクと回答。視聴者の皆様は、黄色が一番多い。気になる正解はこちら。

ナマ足の悩み・質問はこちら。FAX03-3481-0099または、ホームページから。

正解は入浴前。入浴中や入浴後は角質が柔らかくなり削りやすいが、削りすぎてしまう人が多いという。削りすぎを防ぐ意味でも足が乾いた状態で行うのがよいという。削り方は一定方向に削るのがポイント。頻度は週に1回が限度。

FAX03-3481-0099、HPからのテロップ。

かかとのガサガサ、夏だからなる。夏は冷房が効きすぎ汗が出にくくなるから。通常皮脂腺から皮脂がでて乾燥を防ぐがかかとには皮脂腺がないので汗腺からの汗で潤いを守っているが冷えがちで出ないのでガサガサに。履くべきなのは靴下、フットカバーどちらか。フットカバーは布が薄く乾燥するので靴下。かかとをガサガサにしやすいのはミュールとサンダルどちらか。ミュール、ポイントはかかとが固定されているか、動くたびに擦れてガサガサに、固定できるものを。既にガサガサ、古い角質を落として肌を蘇らせる。かかと用ヤスリで一度削る。 いまはガラス製で目が細かく削りすぎないものがある。かかとを削るベストなタイミングは?青「入浴前」赤「入浴中」緑「入浴直後」黄「運動直後」

FAX03-3481-0099またはHPから。

かかとを削るベストなタイミングは?青「入浴前」赤「入浴中」緑「入浴直後」黄「運動直後」。視聴者「顔パックをかかとにももったいないので塗り込む、これだけですべすべ」「水田で田植えを一回するだけでつるつる」濡れないでカサカサのほうが患部がわかりやすい、ふやかしたほうが柔らかいので取れやすい、と回答。

FAX03-3481-0099、HPからのテロップ。

正解はティッシュ。半分に折ったティッシュを丸め棒状にする。足の指の付け根のアーチに合わせ、爪の裏側が床に着くように挟む。2分間指の下にティッシュを置き2分間立つだけ。浮き指の場合、指先だけでなく根本の方も浮いている状態。そこでティッシュを置くことで意識して曲げやすくなる。毎朝繰り返し行い、指が下りた感覚を鍛えれば改善が期待できる。続いて行うのが「ねばねば足踏みトレーニング」。指の付け根で地面を蹴るのが悪い歩き方で、最後に指先が離れるのが理想的な歩き方となる。

かかとがガサガサになるのは、靴が当たってすれることだけが原因ではなく、水虫が原因という場合も考えられるという。その他紛らわしい病気でカサつくこともあるので、ひどい場合には病院で診察を受けることも必要だという。かかとのひび割れを防ぐにはかかとを清潔にし、靴下で保湿することが大切だという。具体的には入浴ではまず温めて角質を柔らかくし、泡で洗うとひびの奥の汚れまでしっかり落とすことができるという。靴下で保湿するのは、寝る前のリラックスタイムに保湿クリームを塗り、靴下をはいて保湿することが大切だという。クリームの量は片方のかかとにつき、人差し指1関節分の長さがよいという。夏場のかかとのひび割れにはビタミンE配合のクリームがオススメだという。

FAX03-3481-0099またはHPから。

足の小指の爪を復活させるための方法を紹介。小指の爪を復活させるには歩き方を改善させる必要があるという。本来歩く時にはかかと、指の根本、指先をつけて歩くのが理想。しかし、運動不足などで指先の筋肉が衰えると、足の指があがる浮き指になってしまう。上を向いた指は爪を圧迫し、その結果、爪が小さくなることがあるという。浮き指のまま歩くと膝が横向きにねじれ、膝痛が発生したり、腰痛が発生したりするという。小指の爪を復活させるためにまずは固くなった足首と足指をほぐす体操をする。足を組み、手で足首を押さえる。甲を指先の方向に”いい子いい子”となでる。これを気持ちいい強さで1分間続けるのだという。これにより浮いてしまった指が地面に向く癖をつけるのだという。足がつりそうな場合、親指で足の裏をぐっと押し、指の付け根からしっかり曲げるようにすると足がつらずに曲げることができるという。次に歩き方を改善をする。地面に小指をつく感覚を思い出させるのに使うのは何か?青…えんぴつ。赤…テープ。緑…ペットボトル。黄色…ティッシュ。

FAX03-3481-0099またはHPから。

正しい歩き方のコツを健康運動指導士の黒田さんに教えて頂く。自分が浮き指かどうかチェックする方法を紹介。自然に立ち、厚紙を真横から差し込み厚紙が入れば浮き指となる。日常でもできる浮き指防止法はかかとを10回ぐらい上げ下ろしする運動。意識することが大事で、小指が下りたつもりで行うと良いとのこと。1日3回、靴を履いている状態でも問題ない。

FAX03-3481-0099またはHPから。

視聴者から「根本的に黒ずみを白くする方法を教えてほしい」という投稿。吉木さんは「タコなどの痕の黒ずみにはサリチル酸ワセリンという塗り薬を塗ると薄くなる」と答えた。サリチル酸ワセリンは保湿剤のようなもので皮膚科で処方されるという。「親指の巻爪悩んでいる、予防法はありますか」という投稿には「足の甲がフィットする靴を履けば予防になる」と答えた。

指の爪 復活! 地面につく感覚 覚えさせるアレは?青…えんぴつ。赤…テープ。緑…ペットボトル。黄色…ティッシュ。スタジオではペットボトルとティッシュという回答。

FAX03-3481-0099またはHPから。

キーワード
ファンデ
フェイスパウダー
あさイチ
紫外線
ポーラ化成工業
dボタン
角質
水虫
ビタミンE
浮き指
膝痛
腰痛
サリチル酸ワセリン
巻爪
外反母趾
HP

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送