あさイチ ビックリ!生理の新常識SP生理がラクに回数減!イライラ・腹痛も解消

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月8日(月) 8:15~ 9:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

きょうのあさイチは、ビックリ!生理の新常識SP。

あさイチ (バラエティ/情報)
08:15~

生理に関する不安の声を、最新研究でお答えする。

多くの女性医師が低用量ピルを服用していることがわかった。その理由は、生理がラクにからだという。ピル利用歴16年・7種類を飲み比べした産婦人科医の深沢瞳子さんが、生理に効果的なピルを紹介。もともとピルは排卵を止める避妊薬として開発された。その後、生理痛の緩和や病気治療の効果も判明し、幅広く使われるようになっている。2008年からは日本でも保険適用が開始され、最近では出血を年に3~4回程度にする薬が続々と登場している。排卵の回数、月経の回数を減らしてあげるのが体に優しいというのがピル治療の目的だと深沢さんは指摘する。

ゲストのSHELLYさんは、海外ではピル治療が一般的になっていて、日本ではピルは副作用が怖いというイメージが根付いていると話す。

ピルの印象を調査したところ、意外と飲んでいる人が多いことが判明したが、一方で副作用を心配する声も聞かれた。そんな疑問を深沢さんが回答。「ピルを飲むと太る?」の回答は、体重が増えることがない。「ピルを飲むと将来妊娠できない?」の回答は、妊娠できなくなることはなく、薬をやめれば遅くても3か月で排卵は戻ってくる。「ピルを飲むと血栓症に?」の回答は、服用によって血栓症のリスクが上がるのは事実。 しかし、1万人に対して3~9人程度で、飲み始めて90日までが高い可能性になっているとのこと。

ピルのメリット・デメリットをまとめた。メリットは、「生理がラクになる」、「月経前症候群もラクに」、「にきび・肌荒れの改善」。デメリットは「お金(1000~2500円程度/月)」、「飲み始めにトラブル(吐き気・不正出血など)」、「血栓症」。視聴者から質問に甲賀かをりさんが回答。吐き気で飲み続けられなかったという声には、最初は頑張って飲む、寝る前に飲むなど工夫する、ピルの種類を変えるなどと回答した。3か月くらいしたら慣れてくるという。

産婦人科医の宋美玄さんがIUSを解説。子宮に入れることで、黄体ホルモンがちょっとずつ5年間出てくる器具で、保険が通っているという。出血量が減り、血栓症のリスクもないのが特徴。1年たつと2割ぐらいの人は生理が全く来なくなるそうで、健康上問題はないとのこと。費用は装着に1万円かかり、年1回の定期検診をしながら5年間そのままでOK。メリットは、ピルより安く飲み忘れの心配がないこと。デメリットは、イライラなどには効きにくいこと。

スタジオのゲスト2人はIUSに強い興味を示した。ほとんど痛くないそうで、痛みが心配な場合は特殊麻酔の使用が可能とのこと。また、どの病院でもできるという。これとは別に、黄体ホルモンの飲み薬も出ている。

生理がある女性の10人に1人が子宮内膜症と言われている。症状は、激しい生理痛。放置すると、不妊やがんにつながることもあり、この40年間で患者数が30倍に増えたこともあり注目されている。番組が取材したゆかさん(仮名)は、子宮内膜症を経験した。激しい生理痛があり、受診したら子宮内膜症と診断され、将来妊娠したいと思ったときに今のままでは難しいと診断されたという。甲賀さんは、最近の女性は生理の回数が増えていることが子宮内膜症の患者が増えた要因だと指摘する。100年前に比べ、生理の来ない妊娠中と授乳中の期間は少子高齢化の影響で少なくなり、初潮も早まっている。子宮内膜症の原因は、毎月排卵して生理がくること。多くの女性は排卵時に血液が逆流しておなかに流れ込み、それが徐々に増えて、生理のたびに進行していくという。この子宮内膜症に有効なのがピルやIUSを使ったホルモン療法。血液や内膜の組織が少なくなるため、逆流が起きにくくなり病気を抑えられる。

甲賀さんは、回数が少ない方が昔の人間のことを考えるとむしろ正常に近いと話す。子宮内膜症は早めに医師にかかることが大事になってくる。そこで、セルフチェックポイントを紹介。「鎮痛剤が効かない」、「生理痛がひどくなってきた」、「なかなか妊娠できない」、「生理以外のときも下腹部が痛い」など7項目あり、1つでも当てはまると産婦人科に行くと良い。

進化した「生理用品」を紹介。最近第3の生理用品として注目される月経カップは、膣の中に入れると1滴も血が出てこないという。医療用のシリコンを使用しているため感染に強く、経血が臭わない特徴がある。インターネットで100万回以上みられている月経カップの紹介動画のユーチューバー大貫詩織さんを取材し、装着方法を教えてもらった。折ったカップを膣内に指で挿入したら、中でカップを開く。位置はタンポンより手前の指で届く場所。練習方法は、お風呂場で石原裕次郎ポーズをして挿入するのがオススメ。入れている間、トイレ、シャワー、入浴はいつも通りにできるという。取り出しは6~8時間が目安で、少し折るようにつまんで取るのがポイント。お手入れ方法は、生理期間の始めと終わりに除菌する。取れなくなったら、いきんで産む。

月経カップについて、SHELLYさんは自身も使っていると明かし、もっと早く広まって欲しいと話した。空気に触れて酸化することもないため、臭いの心配もないという。月経カップはインターネット通販で購入可能で、サイズはさまざま。災害時にも便利とのこと。実際に使用しているという視聴者からのメールでは、子供との入浴やプールなどもいつも通りに過ごせる点が良かったとの声があった。

マンガ「生理ちゃん」を紹介。生理を擬人化したキャラクターが主人公で、先月手塚治虫文化賞を受賞し、秋には映画も公開される。女性の言いにくい気持ちを代言してくれているという。続いて、生理で悩んだまいさん(仮名)のケースを紹介。生理休暇の申請の際に毎月の生理日の報告をさせられたり、同僚女性からは「痛いならピルを飲めば」など責められたりしたという。この時、まいさんは妊娠を希望していたためピルを飲めなかった。こうした生理による労働損失額は、番組調べで年間4900億円になると言われている。生理の問題を女性だけに抱え込ませてはいけないと動き出している企業もある。

生理について家族で話をしているか聞かれた博多華丸・大吉は、小学校で話を聞かされないようにクラスを分けられた時から、触れてはいけないと感じるようになって距離感は保っていると話し、あそこで知っておけば話もできたのかもしれないと述べた。男性側の対応について、坂下さんは「(家事など)やれることは全てやってほしい。イライラしているのも大きな心で受け止めてほしい」と話した。SHELLYさんは、娘たちが生理になったときに生理用品を買って来てほしいなど言える関係であってほしいと旦那さんに話しているという。最後に、視聴者からの質問に回答した。月経が来ていれば10歳でもピルを飲んでも大丈夫とのこと。

キーワード
低用量ピル
生理
血栓症
月経前症候群
IUS
子宮内膜症
生理ちゃん
手塚治虫文化賞

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月8日 放送
  3. 次回の放送